Hatena::Groupbeta

Chuckの日記

2019-12-19

ページの移行について

ブログ記事はエクスポート(バックアップ)して,新しいブログに移設する予定です.現時点でURLは未定です.

その際,運用していた複数の電子工作系はてなグループのブログを合体する予定です.具体的には,emusic,ecrafts, blackfin,avr です.

これと,すでにはてなブログで運用している,『ROLLYと作るギターエフェクター』を作るブログhttp://diyfx-rolly.hatenablog.com/) も合体予定です.

リンクの整合性は取り切れないだろうと考えています.


ブログをまた書くようになるとすれば,日記的な運用になると思います(今までもそうでしたが).ていうか今や日記的なログがtwitter( @dennon_no_kouba ; https://twitter.com/dennon_no_kouba )になっちゃったのでブログ記事が更新されなくなってしまったわけですが,書けるときには書きたい.


なお,製作毎,あるいは何かしら意味のあるまとまり毎の記事は Scrapbox に移行しつつあります.

https://scrapbox.io/diyfx/

運用していたホームページサービス(OCN,Yahoo,geocities …)も次々とサービスを停止していく中で,記録を公開しておきたい,今更ベタにHTML+CSSを書くのは面倒,というところから行き着きました.

はてなグループ で運用していたキーワードとあしか(タスクリスト)も Scrapbox に移行しました.キーワードの自動リンクとかできないけれども.

https://scrapbox.io/MyHatenaKeyword/

エフェクタやシンセ工作に限らない取り組みや技術紹介は以下の Scrapbox にまとめています.

https://scrapbox.io/BunguHack/


ここ2年ほど電子工作に取り組めていませんが,まだまだ諦めていませんので,今後とも宜しくお願いいたします.



トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20191219

2019-12-01

はてなグループ のサービスが終了するようです

本ブログのホストのはてなグループがサービス終了するようです.

コンテンツごとに試験的にScrapboxに転載していますが,日記的に積み重なった部分をどうするかは,未定です.

はてなブログに移設するのがいいだろうと思いつつ,やり方がいまひとつ分かっていません.

まずはブログのバックアップからですが…

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20191201

2018-12-31    Information    

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20181231

2018-11-08

たまにはこっちに書く

いつもはツイッターばかりなのですが,存在確認を兼ねて.

各方面にはご心配をおかけしましたが,バタバタしながら暮らしております.不要不急の機材の整理も進めてきましたが,自作シンセはなかなか買い手が現れません(引き取り手募集中(自作シンセ編)).あきらめどき? エフェクタ類は修理してから処分しようというものがひと箱貯まっています.総じてそろそろ製作したい熱が徐々に出てきていますが,それでもまだまだ腰が重く日々流れてしまう毎日.なんか仕事も忙しくなってきてしまいました.


さてさてもうすぐ

アナログシンセ・ビルダーズ・サミット – 電子楽器製作者の交流イベント

ですよ,と.

今年も昨年に輪をかけて新作がないので,いっそ白いノートを置いてみんなで「何を作ったらいいだろう」という議論でもしようかと思います.

アナログシンセビルダーズサミットに向けてどういうプレゼンをしようか考えていて,新作はないけど昔の作品の写真を参照するだろう,と家のNASのフォルダをあさっていました.

NASにiTunesのライブラリを置いているのですが,うっかりWindowsの iTunesを最新版にアップデートしたらそれに合わせてライブラリ本体も更新されてしまいました.その結果,MacBook(macOS Sierra)からアクセスできなくなって,macOS Mojeveへのアップデートを呼びなくされることに.前回OS更新に失敗してTimemachineから巻き戻しをするはめに陥っていたので緊張の中,Sierra→Mojaveへのアップデートを敢行.早朝に実行したのですがあと10分という表示のところで出社時間を迎えてしまいました.10分なら電池も持つだろうとMacBook Proを抱えて家を飛び出し,電車に乗ったところでMacBook Proを開いて無事の更新を確認することができました.その日の帰宅後,アップデートが成功したMacBook Proは,その後時間をかけて Timemachine バックアップも完了.iTunesも無事繋がりました.

しかしMacとiPadの間での写真の同期がうまくない.iPadに送られない写真がいくつかある.写真Appからコピーしようとして拒否される写真も.Lib上にはあるっぽい.

そもそも写真の管理に決まった型を作れていないのが課題だと思う.

入力は一眼レフ・コンデジ・スキャナ・iPod,iPadが複数あって,転送経路もメモリカードI/F・iTunes・AirDropと複数あって,保管先もサイトローカルにはPCとNASとMacBook,クラウドもGoogleとAmazonとScansnap.出力も複数形態.素材としての写真はどんどんとサイトローカルに溜め込んで,クラウド上にアルバムを作って,プレゼンテーションの必要に応じてPC・Mac・iPadにダウンロードするというのがいいのかなぁ…

その後いろいろと試しているのですが,Amazonプライム・フォトはなんか画面が見づらい.

とりあえず iPadからはGoogleフォトに自動アップロードするようにしてあったので一時保管にはそれを使うとして,写真をアルバムに整理したものをその単位でローカルなりタブレットに持ってきて,そこでスライドショーにしたいのだけど,そういう機能はAmazonプライム・フォトやGoogleフォトには無いみたいでした.

急に写真を整理してバタバタやっているのは,iPad Pro 11インチを購入したからです.

iPadは昔に初代を買ってMIDIシーケンサとして使うところから始まり,そののちiPad mini2を買って使っていました(いずれもWiFi)が,3月末にiPad mini4のCelullar版を買ってMVNOの追加SIMを契約して出張に持っていったら大活躍しました.モバイルルータでじゅうぶんと思っていたのですが,単体動作するのはやはり便利です.

その後も勢いで iPad(第6世代)のCelullar版とAppleペンシルを買ったら,論文PDFを読むのがとても便利で手放せなくなったのに,しばしば家族に使われてしまうという課題が出てきて,そんなところに今回 iPad Pro の新型が発表になったので飛びついてしまったというわけです.当然 Celullar版にしました.

インターフェースがUSB-Cに変わってしまいましたが,音楽関係でどう使えるのかわかりませんが,届いたら深くいじってみようと思います.サミットまでには入手できそうな感じです.



ここまで、最近のツイートを連結して再編集して記事化しました。



それにしてもここ9ヶ月でiPadを3枚買ってしまったことになるなぁ…

来年あたりには MacBook Pro も買い替えのタイミングだなぁ.

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20181108

2017-12-31

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20171231

2017-12-01

最近

こんなツールでこれまで作ってきたものをまとめています。

https://scrapbox.io/diyfx/

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20171201

2017-09-09

@りまさんのご逝去を悼む

ご冥福をお祈りいたします


トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170909

2017-05-15

(新)工具箱(台)

id:Chuck:20170508:p1 でも書いたように今年の黄金週間の数少ない成果として、工具箱の入れ替えを行った。

すなわち、以前の状態はふたつの工具箱が積まれている状態で、上が電子工作用工具、下が金工木工用と分別されていたものだが、上下行ったり来たりという作業をするときにはこのスタックの積み直しを行う必要があった。

また、2つの工具箱に上にはさらに書類や部材が積まれがちで、即座に工具を取り出せないといったことが頻繁に起こっていた。

f:id:Chuck:20170515094517j:image 以前の状態


そこで引き出しにしようと思った。要するになおさんのツイートを見て、真似をしようと思ったわけです。


ここで自設計すれば最適なものができるという考えもあったが、濃密な木工工作を始めると終わらなくなるなと思った。もとより引き出しの実装スキルに自信がない。ということで市販の製品(後述)の組み合わせで対処することにして、以下の仕上がり。

先日の時点で箱自体は連休中にできていたのだけれど、PP引き出しが取寄中だった。ようやく届いたので取り組みをすすめることができた。

f:id:Chuck:20170515094432j:image f:id:Chuck:20170515094430j:image 今回の仕上がり

一番上にはちょっと前に購入したミシンを置いて、ちょっとした縫い物はこのまま(テーブルに移動することなく)行えることとした。テーブルをアイロンのために空けておくことができる。


ということで、黄金週間の取り組みはこれで完了。次からはいかに電子工作するかが問われる(誰に)。


使用したリソース

棚のメイン部にはアイリスオーヤマの以下の製品を使用した。下記にリンクを挙げたシリーズであれば、スタックボックスの名のとおり、すべり止めのダボが付いていて容易にスタックできる(3段まで)。アイリスオーヤマはホームセンターなどで多くのカラーボックスを売っているが、415mm幅のものと400mm幅のものとではうまくスタックできないので注意が必要です。WEB通販などでは410mmの表記もあるようで、油断なりません。

引き出し付きのボックスはそのまま利用し、棚板式のカラーボックスは板を取っ払ってしまって無印良品のポリプロピレン製引き出しケースを入れた。幅370mm×奥行き260mm 奥行き×高さ90mm のものが3つ、ちょうどよい高さで収まる。微妙に空いた隙間(数mm)にはクリアフォルダに入れて紙やすりなどを収めている。

各引き出しの中は、100円ショップで買ってきたプラ・トレイなどを使って仕分けしているが、まぁ使っているうちに最適化されるでしょう。

https://img.muji.net/img/item/4547315253753_1260.jpg

"ポリプロピレンケース引出式・横ワイド・薄型 幅37×奥行26×高さ9cm | 無印良品ネットストア"

https://img.muji.net/img/item/4547315253777_1260.jpg

"ポリプロピレンケース引出式・横ワイド・薄型2個 幅37×奥行26×高さ9cm | 無印良品ネットストア"

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170515

2017-05-08

連休明けましたが

いやもうぜんぜん工作できていないです。

部屋の片付けと称して謎の金属くずを捨てたり、本のスキャンをしましたが工作はまったく出来ない。

この工作の出来なさの原因を環境に転嫁しているところです。

どういうことかというと、いままで↓みたいな工具箱を使ってきています。

そしてこの工具箱、電子工作の工具のものと、金工木工の工具のものと2箱あって、積んであります。普段は使わないものですので、さらに工作の部材や最近はミシンまでが積まれています。工作をするときには上に積まれているものをすべて退けてから、おもむろに工具にアクセスします。

やってられるか、引き出しにしたいんじゃ、ということで、要するに、なおさんのこのツイートを見て真似しようと思ったというか。

https://twitter.com/nao_denha/status/851455810488066048

https://gyazo.com/0f96edc1af39634fb89175bf73de2bae


現状でアイリスオーヤマの引き出し付きカラーボックスなどを入手して組み立てて、万力などの大物を引き出しに格納、小物は100円ショップのトレイに展開したところ。引き出しなしのカラーボックスに収める無印良品のポリプロピレンのケースの入荷待ち。完成までもう少し掛かりそうです。

今まで入っていた工具があぶれることなく格納できるのかが、懸念です。体積的にはクリアしているはずなのですが。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170508

2017-04-05

いやー、もう、ぜんぜん更新できていないですね

4月で部署が異動になって、通勤に片道2時間だったところから1時間弱のところになりました。身体は楽です、まだ1日しか通っていませんが(風邪引いてすでに1日休んだ)。

で、職場にあった荷物で趣味性の高いもの(謎)については、自宅の方に(一時的に)引き取ったものだから、家が大変なことになっています。工作机にたどり着けない。書類をがしがしとスキャンして捨てていく他ないです。

そんな状況なのにもかかわらず、異様にミシンが欲しくなって買ってしまいました。


さっそく作りたかったものを作る。以下、ご笑覧ください。



ミシンの糸はどうやって管理しましょうかね。

アメリカンドッグの串、有能! ついでにこんなのとか。


というわけで、電子工作はできていないけれど、なんとか元気にやっております。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170405

2017-02-21

注文しちゃった

アンプの方は「次は電源だ」てな段取りなんだけどぜんぜん着手できません。家の方でいろいろと騒ぎが有って週末はけっこう走り回っていました。

そんななか…

珍品堂アナログ店に最近上がった記事、8038 China 製 300 円キットの料理法 を読んだわけです。さっそくアマゾンを見てみると、在庫があるある。ということで、注文しちゃった。未だ来ないけど。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170221

2017-02-10

どういうわけだか、学習リモコンの組み立て

ちょっと前に、iPod touch を挿せる(30pin I/F)にようになっているレシーバー(アンプとラジオが一体になっている)のリモコンを落下させて壊してしまいました。赤外線LEDを交換したり内部の部品のハンダをあてなおしたりしたけど復活しない。LSIの内部のボンディングが切れたのかもしれない。

補修部品で取ればいいのだけど、本体で操作できるからまあいいか、と放置して今に至る。しかしながら最近はリモコンでしか操作できない、故障した場合には大手のメーカーを除いてリモコンの調達に不安、ということから、

ドキュメントをスキャンするように、リモコン信号もスキャンして保全しておけばいいんじゃね?

と思うに至る今日このごろ、このような機械を見つけたものの、いまいまのお小遣いの残高を考えると躊躇しておりました。

そんなことをしていたら、以前買ったHDMI切替器(後述)のリモコンが物理的に傷んできた。リモコンとしてはまだ大丈夫だけど早晩壊れてしまうんじゃないかという危機感を持ち、お安い学習リモコンを探していたら行き着いたのがこちら。

んで、作った。

f:id:Chuck:20170207073555j:image f:id:Chuck:20170209073528j:image

ソルダーレスブレッドボードで試してみたら良い感じだったので、はんだ付けした。電源はニッケル水素充電池、写真では単3だけど、実際には単4を4本使う予定

使ってみると、もともとのリモコンよりも強い信号を出すので、使い勝手が良くなった。あとは箱入れを待つばかりね。もとのリモコン信号をコピーしてしまう学習リモコンで、リモコン信号をスキャンしてPCに保全というのとは少し違うけど、延命処置としては十分かと。


件のHDMI切替器はこれ

本体スイッチで切り替えられるのだけど、ディスプレイの裏のVESAコネクタの領域に止めてしまったので、手を突っ込んで切り替えるのが困難なのよね。


トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170210

2017-02-09

直流電子負荷、レタリングしました

先日組み上がった直流電子負荷(id:Chuck:20170206:p1)。文字入れしました。

f:id:Chuck:20170209073529j:image f:id:Chuck:20170209073530j:image

テプラじゃないよ、P-touchだよ。大差ないけど。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170209

2017-02-06

直流電子負荷、できました。

id:Chuck:20170130:p1id:Chuck:20170201:p1 で計画したり部品を買いに行った件。直流電子負荷の工作です。

だいたい、バラックで組むとそこで満足して止まるので、先にケース加工をやったよ。

f:id:Chuck:20170202093316j:image はぁはぁ、 2017年2月4日

ヒートシンクにもタップを立ててネジを切ったよ。

f:id:Chuck:20170202093317j:image ぜぃぜぃ。 2017年2月4日

そして完成。

f:id:Chuck:20170202093318j:image f:id:Chuck:20170202093319j:image でけた。 2017年2月4日

最大で DC 100V 6.6A をそれぞれ引けることになっているが、全体電力としては定格50W、最大75Wというスペックです。

メインのモジュールはこれ http://www.vshopu.com/item2/2168-2901/index.html。自分は ShopUで購入しましたが、AliExpressでも売っているとのこと。



あとはレタリングを施さなくては。


ほぼ同じ頃に、もあさんも同じモジュールで作られていてビックリ

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170206

2017-02-02

FUZZ

こんな回路が。


エミッタ接地のアンプの前においたJFETを(定)電流ダイオード動作させてアンプのバイアス電流を揺すりながらアンプる、といった動作でしょうか?


いちおう回路図を保存

f:id:Chuck:20170202093314j:image

短縮されていないリンクはこちら。http://www.freestompboxes.org/viewtopic.php?f=7&p=262336#p262274

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170202

2017-02-01

秋葉原行ってきました

ビッグサイトへ展示会を見に行ったら想像よりも小規模であっという間に見終わってしまったので、秋葉原に行ってきた。

秋月にて

以上、電子負荷用

以上、電源用

以上、赤外線リモコン用


エスエス無線にて

MBH121016 (W120-H100-D160)

電子負荷用

肝心の電子負荷モジュールは通販して、今日あたり届きそう。http://www.vshopu.com/item2/2168-2901/index.html


家に帰ってきて部屋の整理をしていたら部品がいっぱい入った紙手提げ袋があって、秋月やら千石で部品買ったのがそのまま放り込んであった。何を作ろうとして購入したのかさえ思い出せない。

工作は旬なうちにやりきらないと駄目ですね…

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170201

2017-01-30

部品を買いました

秋葉原 秋月に行くという人がいたので頼んで買ってきてもらいました。

パワーアンプを作りたいという方向(id:Chuck:20170106:p1)で、VAIOパソコン用の16VのACアダプタが2個あるので、LM350 で±12V電源にしてみようかと。きれいにリプルが削れるかどうか?

電源ができたら、次は、スピーカーキャビネット を作るか、アンプ本体を作るか、いろいろと悩んだあげく、電子負荷を作ろうと思います(なぜ)。

作るっていうか、買ってきて箱に入れるだけなんだけど、なかなか工作時間が取れないから、けっこう掛かっちゃうかも。


必要なものを部品リストにまとめておこう

ヒートシンクとファンは、PCをばらした部品を流用する予定


ケースは

MBH121016 (W120-H100-D160) にして、ヒートシンクとファンを内部に入れ込んでしまうのも良いかもしれないなぁ。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170130

2017-01-23

Logic Pro X 10.3

いかん、油断すると記事更新頻度が落ちてしまう。USB MIDI Timecode Display を記事にしようと思っていたのだけど、資料が揃わず、まだ記事化できず…

で、NAMMショーが開かれていましたが、その前後で発表された Logic Pro X のアップデート。私が使っている DAW ですが、その Logic Pro X が version 10.3 になった、と。

それまで使っていたバージョンは 10.2.4 だったのだけど、facebook で「脆弱性あり」とか回覧されてきた。それならばバージョンアップしない訳にはいかないな、とアップデートを待つ。が、こない。アプリケーション管理ソフト(App Store)からアップデートボタンを押してみたり、Logic Pro X のアプリページからアップデートボタンを押してみたりしても何の反応もない。

Logic Pro X をリモートコントロールする iPad、iPod touch のアプリ、Logic Remote は最新版にアップデートできた。そしたら「Logic本体のバージョンが旧いのでリモートできない」とか言われる始末。バージョン不整合で使えなくなってしまったよ。

Logic Pro X の配信が滞っているのかと考え、こんなこと↑になった旨、facebookで書いてみたところ、「Appleのサポートにお問い合わせになってみてはいかがでしょうか?」 あうあう… 情報が全くない反応が来た。

ツイッターでも聞いてみた。

しかし、faocebookもtwitterも反応がまったくない。「自分のところは配信が来た」「自分は来ない」といった声が来るかなーと思ったのだけど、Logic ユーザが少なすぎるのか、自分の発言が読まれていないのか…

検索してもニュースサイトばかり。その話題は Touch Bar対応とAlchemyに終始。うちのMacBook Proにはtouch barは付いていませんけれど。

Spotlight が悪さしてアップデートできないという情報があったので対処してみたけど変わらず。これは一度消して再インストールしようかと作業を開始したところ、このOSバージョンにはインストールできない旨のメッセージが出た。


ようするに MacOS X 10.10 Yosemite を使っていたのである。あらためて Logic Pro X のアプリケーションページを見ると 互換性: OS X 10.11 以降、64ビットプロセッサ とある。

MacOSのバージョンは、MacOS X 10.10 Yosemite のあと MacOS X 10.11 El Capitan を経て今は MacOS Sierra 10.12 になっている。

職場で Yosemite → El Capitan アップデートしたMBPを使っていて、ファイルアクセスの権限関係が強化されているのを見ていたので自宅MBP(mid 2014)はYosemiteで止めていたのだけど、自宅MBPは音楽制作用の位置付けなので、OSもろともアップデートしなくてはならないだろう。

ということで、Sierra にして Logic Pro X も10.3 にすることができました。

案の定というか、USBオーディオI/F の UR44 も Sierra用にドライバ関係をアップデートする必要があったが、iConnect MIDI4+ や KORG Legacy Collections は大丈夫だった。プラグイン関係は細かく見ていないけれども。

なんとかなったけど、今でも Logic Pro X 10.3 で検索するとどこも同じ内容の記事で記載は公式のコピペ。要ははやりのキュレパク(パクリ・キュレーション)でアフィリエイト稼ぎのサイトばかりが検索上位に上がってくるわけですな。

最近のイソターネットはS/Nが悪い、というお話。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170123

2017-01-18

お皿の整理

もう2週間も3週間も経っているが、年末年始休みは部屋の整理をしていた。我が家は狭いのでこまめな整理が欠かせない。とくにメディア類はちょっと油断するとすぐに溜まりがちなので。

写真類はネガもプリントもスキャンした。ネガはけっこう経年変化が激しい。あとで色修正が大変だろうなとか考えていたら、途中で飽きてしまった。まだ数十本残っている。次いで本類の整理に進んだ。今回は技術書には手を付けず、マンガ類がターゲットだ。裁断してスキャンするのだが、雑誌の実施はしたが単行本には至らなかった。

馬鹿にならない体積を占めているのがカセット、DAT、MDとお皿類だ。今回お皿類に手を入れた。CDとかCD-RとかBDとかDVDとかDVD Videoとか。

  • 不要なお皿は捨て、
  • 音楽CDは要るものを除いて売っぱらい、
  • 製品についてきたCD-R、DVD、はイメージをNASに保存して処分、
  • ビデオ記録のBD、DVD Videoは厳選のうえケースからシートに収めた。

BDはスリーブに入れると良くないと云われていたが、最近は対応したスリーブもあるみたい。ということで以下を買って収めていったので体積はぐっと減った。

サンワサプライ ブルーレイディスク対応A4リフィルシート 5シート入り ブラック FCD-RLBD30BK

スリーブに収めるにあたってBDやDVDのレーベル面印刷を試してみた。年末に購入した複合機がCDなどのレーベル面印刷に対応していたので。楽しくてついついやりすぎてしまって冬休みが終わった。

このあとの懸案はDATだなぁ。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170118

2017-01-17

USBマイク

サウンドハウスで見てみたらけっこうある>USBマイク。

USB接続マイク 通販|サウンドハウス

AT2020 とか ふつうのUSBのほかに iOSにつながるタイプもあるみたい。

オーディオテクニカ、Dante なマイクやマイクアダプタもあるみたい。

お探しのページは見つかりませんでした|株式会社オーディオテクニカ

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170117

2017-01-16

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170116

2017-01-11

続きが気になります

no title

これ、去年だったか一昨年だったか、大塚センセにお話を聞いたあの件じゃないかな?

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170111

2017-01-10

BOSS CS-1 リペア

みかん箱ひとつ分ぐらいにギター用のコンパクトエフェクタが入ってる。多くは YAMAHA の PSE-01シリーズなのだけど、昔に東大阪方面から不動品とされて送られてきたCS-1やTW-1があって、年末年始休みに思い立ってCS-1をいじってみようと…

f:id:Chuck:20170206103933j:image リペア中。2017年1月7日

f:id:Chuck:20170206103934j:image 検討中の様子をもう一枚。電源が逆接っぽいのは、CS-1がセンターマイナスだからですね。2017年1月7日

コンプなので本線系とサイドチェーンと見ていって…などと段取りを付けていたが、のっけから音が出ない。電源が来ていない。あれこれやったが、結論としては刺したプラグが曇っていて接触が良くなかった。

ギター用コンパクトエフェクタではよくあるが、入力プラグのスリーブで、ジャックのリングとスリーブをショートさせるタイプの電源スイッチが採用されているので、プラグが汚れていると信号GNDと電源GNDが導通しないという問題でした。そしてとくにいじることもなく完了。

ルーパーから入力したリズム音や楽音で検討していたのだけど、エフェクト時の音量が小さいのが気になった。CS-1は改定が入っているらしく、トーンコントロールとゲイン定数の見直しが入っている模様。本線系ゲインは -10dBぐらい落とされてる。若干気になったのでトンコロはそのままで、ゲインだけ0dBにしておいた。抵抗を1本交換するだけ。

それにしてもBOSS CS-1。フォトカプラによるコンプレッションなのだけど、コンプと言いながら原音からすっかりエンベロープを変えてまったく別の音にしてしまう独特のエフェクタだよね。


回路図

検討に際して参照した回路図はこちら。フォトカプラを2個使ったコンプです。

f:id:Chuck:20170107111153j:image

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170110

2017-01-06

お気軽にギターアンプ作りたい

1月3日以降アンプ作りたい熱が徐々に高まっている。

ギターアンプの製作に関してはインターネット上のリソースには事欠かないわけです。しかしお気軽に、物理的にも軽く作れないかなー、と考えて、オークションも面倒くさいと考える今日このごろ、アリモノの箱、入門用のスピーカユニットを使い、F特は電気で作る(プリ)、というのはどうだろうかと。

パワーアンプはD級でもいいかなー、電源はスイッチングACアダプタでもいいかなー、という緩さで。

そういえば秋月電子通商、60円のアンプIC(10W超)がたくさん種類ありますね。


参考リンク

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170106

2017-01-05

ACアダプタの発掘

昨年のアナログシンセビルダーズサミットに持っていった自作テーブルトップアナログシンセ ESM-2 が、イベントの途中で音が鳴らなくなってしまった。家に戻ってきて確かめたところ、ACアダプタが死んだためだったらしい。

ビデオ担当の方が自分の仕事が終わったと認識されたときに撤収を開始していて、そこの関連ラインの電源をなんども落としてくれたのでしばしば電源喪失していたのだよなぁ。

原因がわかった安心感からか故障したACアダプタ捨ててしまったため、あらためてまともな電源で動かそうにも、EIAJ統一プラグを使っていたのでこれが手元になくて、本体の確認ができないまま今に至る。

そんなおりに、我が家のふるーい留守番電話機を入れ替えるという。もう20数年になるソニーの留守番電話機。取り外してみるとなんとACアダプタが9VでコネクタがEIAJ統一プラグ使用だった。わーい、これで動作チェックができるぞ、と ACアダプタの確保だけして動作チェックはまだ(早くやれ)。

それにしても自作機材は、可能な限りインジケータを付けるべきだと思った。シンセの場合だと電源がきていること、LFOが発振していること、MIDIがきていることがLEDでわかるとトラブル時に安心の種になるようです、自分の経験としては。


追記

ようやくESM-2とACアダプタを一同に並べて繋いで見たところLFOの動作を確認することができた。音出しまでは出来なかったけど。(深夜でもさくっとシンセの音出しをできる環境が欲しい、いや、ミキサにルーティングすればいいんだけど)


追記2

パワードスピーカを繋いで音出し試験までできました。やはりESM-2本体は無事だった模様。古い電話機は電源アダプタだけ残して処分しました。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170105

2017-01-04

新年あけましておめでとうございます

昨年1月に生存確認書き込みをしてまるっと1年、なにも書けませんでした。

「かえって、ほんとに死んだようにみえる」

というご指摘もいただきまして、もうちょっと書ければ書きたいと考えた次第です。


実際のところ、

「書いてない≒工作していない」

ということでして、実際一昨年は新作なし、昨年はなんとかUSB→MIDI Timecode Displayを作ったもののUSBの理解が足りずじゅうぶんな機能要求を満たせない(USBハブに繋ぐと動かない)ものになってしまいました。

大層なものを作ろうとせず、まずは少しずつ作業を再開したい気持ちです。おりしも、ここ8年は所属会社の間接系の仕事で忙殺されていたのですが、1月1日付の部署の発展的解消にともなってその仕事も消失したはずなので、根本的に本業回帰したいところです。え?本業は何かって? 趣味の電子工作ですよっ!

というわけで、本年もよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170104

2016-01-31     Information     

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20160131

2016-01-04

生きています

「この記事の途切れ具合は、死んだと思われているよ」というご指摘をいただいたので存在証明。

2015年は怪我の影響で体調があまりよくなくて、電子工作は全くできませんでした。

年頭に買ったMacとUSBオーディオI/F(けっきょく UR-44を購入)で、これまでの自作のシンセを鳴らして曲を打ち込んでいました。


Chuck:Behind the Mask - ミュージック : musictrack


今年もよろしくお願いします。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20160104

2015-02-31リファラ

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150231

2015-02-01

USBオーディオインターフェース

前回までのあらすじ

最新のMacOS X Yosemiteに対応するUSBオーディオI/Fを、なにか買わなくてはいけなくなってしまったのだ。


今回は例を挙げてケチをつけてみる。

TASCAM US-366 オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0

TASCAM US-366 オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0

  • MIDIがない

MIDIがないのは論外ですな(自分の用途の上では)。


Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55

Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55

  • デジタルI/Oが同軸
  • 入出力が、うち2ずつはデジタルであることに注意
  • メイン出力とヘッドホン音量が独立でない
  • マイクプリをバイパスできない
  • ちょっち古い
  • UI(パネルへのスイッチの立ちあげ)に不満ありあり

メイン絞ってヘッドホンに集中とかそのあたりがやりにくいんですよ、これは今使っているUA-101も同じだけれど。それよりもなによりもUA-101のように早々にサポート切られるんじゃないかリスクを感じてしまって、もはやRolandに手を出そうにも腰が引けます。


  • デジタルI/Oがない
  • マイクプリをバイパスできない
  • サポート体力が未知数

デジタルI/Oを諦めたときにぐぐっと候補に上がってきたのがTASCAM。日本のメーカーを応援だ、ということで購入一歩手前までいったが「でもなぁ、ソフトのサポート体力は大丈夫なのかなぁ」と考え始めたら長考。


  • デジタルI/Oが同軸
  • 他社の同クラスに比べて異様に安い
  • NAMMで後継機が発表されてた
  • なんか評判が悪い
  • 身の回りで使っている事例がない

世界的にはシェアがあるらしいこのメーカー。実際の筐体は作りが荒いとかソフトのレジストレーションがかったるいとか聞くし、アマゾンのカートには入れたものの長考。


  • デジタルI/Oがない
  • 他社同等クラスと比べて割高
  • マイクプリをバイパスできない
  • Studio Oneは要らないんだよな
  • iPadで使えるの?
  • コントロールソフトの使い勝手が癖があるとの噂

キャプミラPが使っている(た)らしいこのメーカー、デザインはカッコイイけど、なんか高い気がする。iPadで使えるのか結局わからなかったし、Studio Oneは要らないしなぁ、ということで却下。

  • MIDIがない

モノっぽいし、MIDIないし、出力はRCAだし、これは無いわー。


Steinberg  2x2 USB 2.0 オーディオインターフェース  UR22

Steinberg 2x2 USB 2.0 オーディオインターフェース UR22

  • デジタルI/Oがない
  • 使っているひとは結構多いっぽい
  • マイクプリをバイパスできない
  • USB Audio Class 2.0じゃない
  • Cubaseは要らないんだよな
  • ファンタムすると電流足りないんじゃないか問題があるとか

もうこのあたりで手を打とうかな。Steinberg ならソフトの対応は大丈夫かなぁ…


Steinberg 6 x 4 USB 2.0 オーディオインターフェース UR44

Steinberg 6 x 4 USB 2.0 オーディオインターフェース UR44

  • デジタルI/Oがない
  • Cubaseは要らないんだよな
  • でかいっぽい

DSP搭載らしい。CubaseのいくつかのVSTプラグインと同等機能をI/F側で動かすということが出来そうな気がする。いわゆる掛け録りというやつかな。



そろそろ決めないとなぁ。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150201