香雪?GB日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-03-31

[] キーワード編集履歴ページ 14:52  キーワード編集履歴ページ - 香雪?GB日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  キーワード編集履歴ページ - 香雪?GB日記  キーワード編集履歴ページ - 香雪?GB日記 のブックマークコメント

反対に入れてしまった。「抑止」という点でもメリットよりデメリットが大きいと思ったから。

で述べられている懸念は大きいと思う。

以前は、特にスコア制度が無いときなら賛成していたと思う。

でも今となっては考えが変わりました。

スコア投票への影響に関しては解決が思いつかない。スコア投票が基本的には低調な状況では一票がかなりスコア数値を左右するから、マイナスに入れて回る人が出たときには、同じような「プラスに入れて回ってくれる人」の出現を待たねばならない。妙な二律背反だ。

せめて何か解決があるならいいけど。

  • はてなユーザー限定の公開。
    • 誰が自分のキーワード編集履歴ページを閲覧したか「足跡」的にわかるようにする。

うーん、冴えないなあ。

とりあえず現状の、希望者だけaboutページで公開する形で良いのではないかと思ってます。

キーワード編集履歴ページの公開に様々なメリットがあることは承知しています。まあ、実装されるのかなぁ、この票差では。

以下、4/3追記。

mittyさんとほぼ同じ懸念を抱いています。実装されればキーワードはいずれ(気付いた人から順に編集は萎縮せざるを得ず)結果として質量共に低下することを予想しています。そして、

>ならば、わたしは静かに去るのみです。

残念ですが私も同じことを考えています。

ひとつひとつはなんということのないキーワードでも情報の集積と一元化で何が起こるのか、というのがちょっと怖いなぁと思うのです。

おまけに、そのキーワードに関心を寄せているはてなユーザーに編集履歴を見られるのと、誰彼構わず一覧されるのとは全く性質が違うでしょう、ということです。公開データベースとして利用されちゃうことも可能でしょう。

もちろん、「こういうことを見越してこなかったのか」という落ち度はこちらにあるかもしれず、「いやならばやめればよい」(というよりやめるしかない)という選択肢を取って、実装の暁には恐らく?D利用をやめるしかありません。さらに場合によってはユーザーをやめないといけなくなるかもしれません。そうなることは私としては非常に残念です。

以上、4/3追記。

以下、4/4追記。

上に書いてきたように、わたしはキーワード編集履歴ページ実装は反対に票を入れました。ひとつひとつは何ということのないごく普通のキーワードであっても、それらがIDで一元化されて集積されることで、別の質の情報になると考えたからです。「何に興味を持っているのかが*」分かる程度であれば構わないでしょうが、オタクな趣味があらわになっていやだという人もいるでしょう。出身地や居住地に関するキーワードを編集しているかもしれません。そのキーワードに関心のある人に見られる程度なら構わないと判断して専門知識が必要なキーワードを実際にその専門知識を持っている人達が編集していたりしているかもしれません。そういった場合は、結果、キーワード編集履歴ページでは職業や学業など身元に近い情報がさらされることになります。

このように、まとめて見られることで、個人情報的なデータベースとして機能するようになる、ということです。さらに、その編集履歴ページが全面的に公開され検索エンジンやインターネットアーカイブからも捕捉されるのであればまた全く違うでしょう。どこでどう利用されるかもコントロールできません。もちろん、「こういう編集履歴ページが実装される可能性を考えないで編集した考え方が甘い」「そんな職業や身元に繋がる情報を編集したほうがおかしい」「影でこそこそしていたいだけなんじゃないか」ということなら、そのとおりかもしれません。だから今後は、キーワード編集履歴ページの実装の可能性がある限り、キーワード編集はあたりさわりが無くひとに知られても構わないもの・その情報をはてなやはてなユーザー以外の不特定多数の第三者に利用されても構わないものだけしかできないという判断から、本当に詳しく知っていてキーワードを編集できる知識があってもそのキーワードを編集することを差し控えるようにするユーザー達が必ず出てきます。そういったキーワード編集活動の萎縮は、キーワードの質量の低下に繋がり、結果としてはてなにとってもはてなユーザーにとっても不利益になるでしょう。

何らかのトラブルが起きるかもしれないとしても、そうしたら、はてながすぐに対処を考えてくれる。

「地球戦士バンブラウォーリアー - キーワード編集履歴の公開」より

わたしはこれに関しては結構悲観的に考えています。まず、いちど流れてしまった情報はどうにもできません。もうひとつは、利用規約にははてなの免責の条項もあり(http://d.hatena.ne.jp/./hatenadiary/20050324/1111662457)、キーワード編集履歴ページで困った事態になっても、いわば「自発的にキーワードを編集したユーザーの責任」ということになりそうだと思えてしまいます。

ですのでここからも要するに「気になるならキーワードを編集するな」という結論になり、キーワードの質量の低下に繋がる、という図式がまた見えてきます。しかしその不利益・デメリットはキーワード編集履歴ページを公開するメリット(メリットがあることも事実だとわたしも思っています)よりも十分小さく、メリットのほうが十分大きいという判断が、はてなスタッフにも賛成されているユーザーの方々にもあるということなのでしょうね。

わたしは、メリットよりデメリット・不利益が大きいと考えていますので、

  • とりあえず現状の、希望者だけaboutページで公開する形で良いのではないか
  • 不正なキーワード活動の抑止については、別の手段・システムを実装すべき(様々な提案がされてきているのですが、どれも駄目なのでしょうか……)

と思っています。

以上、4/4追記。

*1:質問・回答履歴ページの公開によって、そのユーザーがこれまでにどんなやりとりをしているか、とか、得意な回答分野が分かる……等々のメリットはあるとは思う。しかし質問者・回答者の指名が出来るわけではない現状では、質問数、支払い率、平均支払いポイント、回答数、受取り率、平均受取りポイントがわかれば質問者・回答者として「まっとう」かという判断材料として十分だろうし、その場その場の質問と回答が良ければよい、と考える。