Hatena::Groupbeta

yasnoriのメモ

2009年11月22日(日)

[]イングロリアス・バスターズ、千年の祈り

久々に映画を立て続けに見た。

まずは、監督タランティーノ、主演ブラッド・ピットの「イングロリアス・バスターズ」

つまらなかったら返金というキャンペーンをしていて、却って不安もあったが、私は気に入りました。タランティーノ最高傑作。と言いたいのだけど、これ、リメイクだったんですね。でも、楽しかった。150分というのを全く感じさせない作品。

ただ、好き嫌いは別れると思う。「レザボア・ドッグス」「パルプ・フィクション」「ジャッキー・ブラウン」どれもイマイチな人には絶対に薦められない*1。そんなの当たり前か。あと、ドイツ人にも薦められないかな?

そして、監督ウェイン・ワンの「千年の祈り」、シリアスな中にどこかおかしさのあるほのぼのドラマ、なかなかの小品でした。

ついでに、恵比寿麦酒記念館にも寄りました。11月末より休館*2ということで、ラッキーでした。

どちらも、多言語で話が進み、民族の違いがあることが前提のストーリーになっていたのが印象的。

*1:もっとも、私が見たのはその3本だけだけど

*2:2010年2月下旬までの予定とのこと