脇見運転@beta.g

2004-05-27

はてなグループへの要望:グループ管理者の責任と権限 22:05

はてなグループの場合、メンバーの法の遵守云々に関してはグループ管理者の責任となっています。それは結構なのですが、管理者の権限行使手段があまりにおおざっぱなので困ってしまいます。

具体的に言えば、実際に揉め事が起きたときに管理者が行使できる権限が「承認状態への変更」という最終手段だけだという点が一番問題です。数日前に書いたような懲罰的中間状態がないため、自体の沈静を図るには問題を起こしている当事者達を排除するしかありません。もちろん期限付きロックアウトという考えもあるのですが、「グループ内キーワードには手を付けさせず、一方で自分の日記にはアクセスを許す」という温和な中間手段がないため、勢いメンバーと管理者の間に対立構造を作りかねません。

もう一つ言えば、管理者用のツールもユーザーフレンドリーとはいえません。例えば

  • 新規ユーザーを承認するには全ユーザーの中から当該ユーザーを探さなければならない。承認待ちのユーザーだけ優先表示できるようにしてほしい。
  • 自分のグループ、自分が管理権限を持つグループが区別されておらず、さらにすべてのグループが名前でソートされて表示されるので混乱する。表示を分けてほしい。
  • グループ設定画面にグループテーマが適用されないため、複数グループの管理権限を持っているときに混乱する。デフォルトで適用可能にしてほしい。
  • 管理者は現在のグループの管理画面に1クリックで進めるようにしてほしい。
  • 管理者の画面には承認待ちの人の数が表示されてほしい。

などです。

22:27

要望ではありません。考えているだけ。

はてなへの要望の公式経路がないというのは、どう受け取ればいいのでしょうか。id:nobodyさんの尽力でこのグループは要望のとりまとめがされていますが、それははてなにとってはどういう位置づけなのでしょうか。

私ははてなグループダイアリーのコメントに直接要望や意見を書くのはよほどの緊急事のとき以外には避けるべきだと思っています。また、せっかくg:betaに参加しているのですから、キーワードはてなグループへの要望を使うべきで、はてなダイアリーへのリファを飛ばす必要もないだろうと思っています。

しかし、本当のところこれは私の推論でしかありません。多くの人の間で合意が取れているわけではありません。

「だったらはてなダイアリーのコメントに書いてもいいじゃないか」というのは堂々たる正論です。「はてなから返事がないんだから問題が認識されているかどうかわからない。だから何度だってコメントに書いてもいいじゃないか」というのも正論です。そうして、そういう意見が通る以上、キーワード「はてなダイアリーへの要望」にどれだけの意味があるのか不明ですし、そういう状況では「せっかくg:betaに参加しているんだから個別に意見を飛ばすんじゃなくてまとめるようメンバーにも働きかけよう」という気持ちは希薄になります。

冷静に考えれば、株式会社はてなは社内に改善すべき問題、実装すべき機能の長大なリストを抱えているはずで、それらに株式会社としての優先順位をつけているはずです。それを公開する義務はないのですが、「ユーザーの意見を聞く」という姿勢を過去にとっていた*1ために、今でも吸い上げてくれるのではないかという希望を持ってしまいます。そして、意見に答えてくれないのはきっと自分の声が小さいからだろうと考えてしまいます。そもそも、リストが公開されていない以上、自分の意見がリストに載っているのか、そのランク付けはどうなのか、遅れているのは他に重要事があるからなのか知ることはできません。知りたければはてなが口にするまで押し続けるだけです。

だからといってリストを公開しても、「どうして俺の意見をそんなに下位に置くんだ」「どうして俺の意見を却下するんだ」「お前達は俺の意見の重要性、すばらしさをわかっていない。聞け。」という声をあげる人はいるに決まっています。うぜえ。

現在の状況が最終形態なのか、どこかに遷移する途中なのかは私にはわかりません。ただ漠然と、自分の声は届いているのだろうか、声を上げることに本当に意味はあるのだろうかと感じるだけです。

ま、しかし

時々現れる異常な重さを除けばおおむね満足しています。いつも思うのですがはてなダイアリー日記はてなグループ日記のコメント欄をなくしてしまえば相当数の困惑が解消される気がします。

クイズへの回答 22:55

クイズの答えじゃありません id:nobody:20040527#1085660881

問1 : tarou, yoshiko, minoru, nobody

問2 : tarou, yoshiko, minoru, mure, nobody

問3 : 誰でも読める。

閲覧許可ユーザーのリストとは「リストされたユーザーに閲覧権限を追加する」のであって、それ以外のユーザーに対しては何の影響も与えないと考えます。つまり、閲覧ユーザーの集合をRは以下の式で与えられると考えます。

\fs{+2}R=G\cap(D\cup{L}\cup{W})

ここで、

  • G:グループを閲覧できるユーザーの集合
  • D:日記の設定によって許可が許されているユーザーの集合
  • L:日記の閲覧許可ユーザーのリスト
  • W:日記の筆者

です。

*1:実際に過去形なのかどうかは私は知りません

nobodynobody2004/05/27 23:16quizの件、直感的にはそう感じると思います。ですが、実装は違うっぽい(どうもよくわからない)のです。たとえば、問2の例ではminoruさんは読めないようなので。で、よろしければ、「http://a00.g.hatena.ne.jp/nobody/」にアクセスしてみて頂けますでしょうか。(これは、実は、問1のminoruさんの場合に相当します)。ではでは。

suikansuikan2004/05/27 23:19まずは読めました

nobodynobody2004/05/27 23:22あら、そうでしたか。すいません。あと一回おつきあいください。今度は問2の状態。いま、設定を変えました。

suikansuikan2004/05/28 00:03読めませんね。 「ブックマークの変更をお願いします。」

suikansuikan2004/05/28 00:05リストはプライベートモードでしか働かないということでしょうか。

nobodynobody2004/05/28 08:46ご協力ありがとうございました。 「ブックマークの変更をお願いします。」ということは、 「プライベート用メッセージ」欄で設定した文字列が表示されている状態なので、やはり「閲覧可能ユーザの設定はプライベートモードでしか働かない」ということになりそうです。(直感的でないなぁ。ヘルプなりガイドなりを充実していく余地あり、ないし仕様改善の余地あり、でしょうか)。どうも、ありがとうございました & 返答が遅れましてすみませんでした。ではでは。