脇見運転@beta.g

2004-05-02

suikan2004-05-02

何に使う? はてなグループ 22:31

グループで使わないという使い方もありそうです。「キーワードは共有するものじゃない。私の日記の補足のためにある。他の奴はいじるな」。

これはこれでありです。

名前空間再考 09:50

「ダイアリ」「グループ」と考えると考えが縮こまってしまいますので便宜的で名前空間と呼ぶことにします*1

現在の?Gのモデルでは、ユーザーごとに利用できるキーワードは以下の通りです。

a.g.hatenaのユーザー
a.g.hatena::keyword + d.hatena::keyword
d.hatenaのユーザー
d.hatena::keyword

となっています。これは「少人数のグループで使う作業空間」というモデルです。

一方、そうではなくて「少人数の(専門的な)グループで作ったキーワードを外部で使ってもらう」というモデルもあります。こちらに関しては現在のはてなグループでは対応できません。今考えている「名前空間」ははてなグループを一歩推し進めて、任意の名前空間どうしでキーワードを提供しあうモデルです。以下便宜上、このサービスをはてなスペースと呼びます。

キーワードの受容者(日記)は、複数の名前空間(スペース)からのキーワードを取り込むことが出来ます。ここで取り込みは名前空間への参加、という形をとります。

受け付けたスペース側はユーザーを順位付けします。クラス0は特権ユーザーで、スペース内に日記を書き、キーワードを作ることが出来ます。それ以外のユーザーはキーワードを自動リンクして閲覧することしか出来ません。

キーワードは優先順位を持っています。ユーザーの順位がキーワードより高いか等しいときにのみユーザーはキーワードを閲覧し、自動リンクできます。

なお、優先順位には名前をつけることが出来ます。

また、受容者はスペースであるかもしれません。この場合、受容側スペースのクラス0ユーザーは、全員自分の日記内で提供側のキーワードを使うことが出来ます。

名前空間はカフェテリア方式のはてなダイアリーです。

ユースケース:オープンソース開発 11:24

名前空間を使う例を考えてみました。

openJalapeno.orgは、表計算ソフト"jalapeno"をオープンソースとして公開しています。彼等はユーザーサポート用にjalapeno.s.hatena.ne.jpを公開しています。ユーザーサポートと開発をかねて彼等は次のようなキーワードをjalapenoスペースに入力しています。

  • ユーザー・インターフェースに出てくるすべての名前
  • ユーザーズ・マニュアルのすべての項目
  • プログラム中のすべてのクラス、メソッド、変数、型、関数名

jalapenoスペース管理者は上のような項目に対して二つの順位をつけます。

  • 1:開発者向けキーワード
  • 2:ユーザー向けキーワード

そして、ユーザーには次の三順位があります。

  • 0:開発者
  • 1:外部協力者
  • 2:ユーザー

このようにすることで、ユーザーは?Dや?Sの自分の日記の中から、jalapeno.sのユーザー向けキーワードに自動リンクすることが出来ます。変数名などがリンクされることはありませんし、変数名などは一般ユーザーからは見えません。

外部協力者は自分の日記から変数名やクラス名などのプログラミング用キーワードにリンクできます。

開発者はjalapeno.s内の自分の日記からスペース内部のすべてのキーワードにリンクでき、それらを編集できます。この日記を使って開発者同士がプログラムやマニュアルの改善点を話し合い、即座にそれを適応できます。

ユースケース:音楽論評 21:37

Aさんは音楽ファン。趣味でプログラムも書いています。これまでjalapeno外部協力者としてちょこちょこプログラムを書きながら日記を更新していました。しかし息抜きに音楽の話を書き始めたところでBがやっている音楽論評スペースを発見。参加することにしました。

Bさんは趣味で音楽を聴いていましたが、昼間はフリーのコラムニストです。音楽を聴くたびに書いていた私的な論評をはてなスペースでキーワードとして公開しています。

Aさんの日記にはjalapenoと音楽論評のキーワードが自動リンクされています。

ユースケース:製品開発 11:38

江差にあるベンチャー企業「開陽電子」はFPGA用のVLIWプロセッサコア「武揚」をIPとして売っています。開陽電子はこれまで武揚コアのサポート情報を扱うプライベートなはてなスペースを社内の技術部隊で利用していましたが、かなりのノウハウが蓄積されたのでこれを顧客向けに解放することにしました。

サポート情報はキーワードとして蓄積されていますが、これを公開可能なものと非公開なものに選別している途中です。公開される情報も実際には顧客にのみ公開され、はてなダイアリーに対しては非公開のままになります。

開陽電子はさらに顧客サービスを高めるために武揚コアの全レジスタ、全ビット、全動作モード、に基づくキーワードを入力する予定です。

はてなグループへの要望:ページタイトルの変更 08:28

図はMozilla Firefoxのスナップショットです。見づらいとは思いますが、タブのところを見てください。ここにはページタイトルが表示されますが、途中で切れてしまうのでタブにはキーワードではなく「はてなグループ…」から始まる先頭部分しか表示されません。これは不便です。ということで、変更早々ですが、このあたりの表示をユーザーがカスタマイズできるように提案します。

なお、この部分には「キーワードが表示されるべきだ」、「いや、グループのほうが便利だ」等々意見があると思いますのでいろいろ聞かせていただければと思います。

はてなグループへの要望:デフォルトデザインの変更 08:02

はてなグループのデフォルトのデザインは"hatena"になっており、これははてなダイアリーと同じです。これを色違いデザインに変えてはいかがでしょうか。同じ色だとナビゲーション中にはてなダイアリーに飛び出しても気づきません。

「問題回避のためにデフォルトから設定を変えるのは管理者の責任」というのは至極ごもっともですが、みんながみんなユーザーインターフェース・マニアというわけでもありません。初めからユーザーに優しいグループとして色違いデザインをデフォルトにすることを提案します。

*1:名前空間と書くだけでもうC++のnamespaceを想定していることがばればれですが、これはまぁ釣りです。本当ならpackageとかunitとかmoduleにしたかった…