別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2011-05-14

息苦しいWeb

ちゃんとネタにする時間が無くてもどかしいですが、書き付けで。

情報なくてもネットは踊る - 別冊はてな話でも書きましたけど、震災におけるネットの働きと比較すると、原発関連のネットの働きは私にとって満足いくものではありませんでした。具体的に言いますと、専門家が格納容器破損時のリスクに関して言及するのが遅かったし、その情報を求める声が原発賛成や反対の声、安心したい向きや煽りたい向きの声にかき消されていました東浩紀さんが静岡に移動したのもそんな状況を受けてだろうなと思います。

今でも原発関連のはてブコメントを読むと、感情論人格批判や無内容な批判が多いわりに、有用な情報や視点を示してくれるコメントの率が低いと感じています。ま、大きな権力権益からむ問題ですのでそうなるのはわかるんですが、「サバイバルに有用な情報が無いな」というのは、非常時にはけっこうなストレスになるものでした

しかウェブを通じて人間暮らしを豊かにするとか言うミッションはてなとしては、この経験をぜひ教訓とか金儲けのヒントにしてもらいたいところです。「情報と個人のマッチングさえできれば、なんでも有用な情報になる」というはてなココ的な試みも面白いですが、日本人価値観の幅が欧米よりも狭く、むしろ「情報の上澄み」を示してあげることが有益なんじゃないでしょうか。はてブの成功はそこにあると思います。

議論ツール話とも関連しますが、修辞学に触れると、ある意見情報の集積に寄与しているかどうかを判断する能力や、「ソースは?」というような疑問を持つ態度が身につきます。そういう眼で見ると、はてブコメントのようなネット論壇の中で、知識の集合に寄与していない意見というのはかなりあります。「ああ、修辞学の覚えのある人の意見だけを読めたら…」と思うほどです(まあ私は議論のしかた | iwatamの個人サーバを読んだだけですけども)。議論ツール話:「良くない意見」の対処方法で触れた、それは「理解の停止 」ですよとか、「感情を問題にする発言」ですよとか、「言葉の裏読み」ですよとか、指摘できる発言にウェブはあふれているわけです

私はウィキペディアの「要出典」表示機能が好きななんです。だいたい油断して読んでますから、ハッと気づけて嬉しいです。そんなですから、「議論のしかた」的な能力テストクリアした人の発言だけを読めるサービスとか、良くない意見の指摘ができるサービスみたいな、息苦しいSNSあったらいいな理想郷だななんて思うのです

ちょっとしたコメントすると「それは前提条件の一方的な限定ですね。」というような評価がついちゃう息苦しいWeb、お待ちしています。

mx_ex_cxmx_ex_cx2011/10/15 06:58こんにちは、御無沙汰しております。最近おなかのアンコクブッシツが重いので海の広さを堪能できませんが、唐突に本題へ。
畢竟、息苦しいネットなり、Web なり、を構築するのは困難でしょう。ネットを媒介に息苦しい人ばかりを集め、似非コミューンを形成することはできると思いますし、ネットの本懐も本来そこにあるとは思いますが。
油断するとつい「ネット」という「モノ」がある、そこにある、と錯覚したくなりますが、そういうものがあるわけではありませんし。人は、ロゴスに生きたいと考えたとき、どうにかして向こうにいる人間の生臭さを消してしまおうと無意識のうちに考えるようで、ネットの意識上における物質化はその一環かもしれません。
ネットは(←と、かくいう私も油断するとモノ扱いしがちなわけですが)良くも悪くもオープンでシームレスなので、どうかすると特定の性質を持った人種をひろく掻き集めるフィールドとしては利用がしやすいと思われます。これはかつて考えられなかったレベルです。しかし、集められるのは飽くまで「そういう人種」であって、そして飽くまでヒト単位(百歩譲って「ペルソナ」単位?)です。もう少し言うと、できることは「そうでない人を弾く」ことだけと言ってもいいかもしれません。
昔のニュースグループなどがいい感じで息苦しかったのは、そういうニュアンスでの「粒が揃っていたから」と言えます。そもそもネット上にいる人、議論に参戦できる人が極めて限られており、また、偏っていたので、必然的にそうなっていたのでしょう。今のネットが「そうでない」とするならば、それは単に「そうでない人がネットを頻繁に利用するようになったなぁ」というだけです。
というわけで、オープンな環境でかつての「低酸素飽和度論壇」をネット上に再現するのは難しい気が致しますので、mixi とかでそういうコミュを作られ、そういう人だけを集めることをお勧めします。…私はそういうのいいやって感じですけど。

sugiosugio2011/10/15 12:33ご無沙汰でございます。いやいや、そこをシステムに頼る、はてなに頼むというのが別冊はてな話のスタンスでしょう。システムと運用でなんとかなるはずだ、そしてはてながやるべきだという理想論の場ですから。システムとふるまいの抑制で新しいツールが機能するということは不可能ではないと思うんですけどね。いくらしばりを入れてもウィキペディアの生臭い項目みたいになっちゃうということですか。

mx_ex_cxmx_ex_cx2011/10/15 16:25ならばもう一度言いますと「ネットはモノじゃねぇ」ですよ。それはシステムで解決できる問題ではないでしょうね。

(以下10行分ぐらい書いたけどばっさり削除 (V)o¥o(V))

「ずれずに線の引ける定規を持ってきてください、そうしたら考えを改めるかもしれません。」

sugiosugio2011/10/16 18:48私もシステムだけではうまくかないとは思いますけども、私の案はシステムだけでなんとかしようとするものでもないですよ? 議論のルールのようなものを守ってもらうわけですから、ある程度の教化が必要です。適切な返しかわかりませんが、定規で引いた線がなるべくずれないように教育することはできるんじゃないでしょうか。読解力に自信がないので、なんかまだ私がご批判を理解していない気がします、すいません。

sugiosugio2011/10/16 18:52あとネットはモノか、という点については、モノじゃなくて人だとか、概念だということですか? 物理ではなく記号だという意味ではないですよね。でもって「よってシステムでは解決できない」に至る理屈がよく分からないんですよ。

mx_ex_cxmx_ex_cx2011/10/17 21:51なんていうのか、何かを改めてもらいたいとかわかってもらいたいとかで書いたわけではないのでわかりにくさ疾走っていうある意味当然の結果なわけですが、ひとりよがりな言い逃げ的スタンスも若干癪なんでいっこだけ書いておきますと、ネット自体ルール(プロトコル)だからルール自体をルールで縛るというところに何らかのオープンマインドが必要であるっていう自己矛盾を内包するわけで、必ず脆弱性として残るからそこを突かれると確実に破綻するんじゃねーの、みたいな見解です。ますますわかりませんね。ていうか、少しは息抜きとかガス抜きになるかなとか思ってたんですが全然息抜きになってなくてほんとすみません。

sugiosugio2011/10/18 10:48お返事とご説明ありがとうございます。いえいえ、考えのきっかけをいただいて感謝ですよ。ネタの投下もなくて恐縮です。
経験的にこういうアイディアのサービスは普通伸びにくいだろうとは思ってましたけども、原理的なことは考えてませんでしたから。このアイデアでルールをルールで縛ることになるのかとか、2ちゃんのsage推奨みたいにおおむね守られる条件はなにかとか、引き続き考えてみます。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20110514
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2011/05 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Error : RSSが取得できませんでした。
画像置き場