別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2011-03-20

情報なくてもネットは踊る

14日ぐらいま原発問題が気になって気になって、はてブでいろんなページを見ながら情報収集してたんです。15日にマスクいました。でもその日ぐらいに、最悪のシナリオでも放射能拡散させるなにかミラクルな大爆発でも起こらない限り首都圏から避難しなきゃいけないような事態にはなりそうにないとわかってきて(なんのページみたんだか忘れちゃいましたけど)、気分的には落ち着いております

一番悪いのは「万全だから安全ですリスクゼロです」的なことばかりタレ流して来た公式情報とそうさせてきた私たち国民だと思うんですけども、そのせいで識者も情報が少なくてよくわからないという状況だったんじゃないかと思います。

私が欲しかったのは17日の原子力業界人だけど、質問ある? - ゴールデンタイムズのように、第三格納容器破損と再臨界に踏み込んだ内容(結果的に悲観的な内容でも可)が、実名の識者の意見として載っているページだったんですけども、それは見つかりませんでした匿名でこの情報がでてくる悲しさ! 実名入りは同17日英国SMC発・専門家コメントが出回ったあたりからかな。福島原発で起きていること|高松聡のブログは19日の記事。

デマこみで危険をあおる記事と同様に、私にとって邪魔だったのは、「原子炉格納容器が壊れていないかぎり*」を前提とした啓蒙記事だったんです人気エントリーだったMIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説 - A Successful Failureや、早野龍五教授ツイート原発に関するQ&Aまとめ+ | サイエンス・メディア・センターの元)を読んではヤキモキしておりました。これはこれで予備知識としてはたいへん良いものなんでしょうけども、最悪時のリスクを判断できる記事ではなかったはずです。いくら丈夫でもあの大地震のあとで第三格納容器が壊れてない可能性を考えないわけにいかいでしょう。

いや、専門知識があればこれでも安心できたのかな。私はたぶん、14日ぐらいまでは識者も情報が少なくてよくわからなかったんじゃないかと思っています。日本の関係者はパニックを恐れたのか、可能性の低い不吉な事までは言わなかった。東電が第二格納容器が壊れたかも、って言ってからリスク予想が出てきましたよね。ですから当然、一般人にわかりやすくリスクを説明できる人もいなかったと思うんですしかネットには安心・危険を主張する情報が百出していました

私はつい冗長なことを考えちゃう性格なので(『今なにをすべき?』じゃなくて『最悪の最悪の場合どうなるの?』に気持ちがいっちゃう所とか)、こういう喫緊の問題があるときはなるべく余計な発信はせず聞き役に徹するようにしてます。でもオフラインで踊らされました

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20110320
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2011/03 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
画像置き場