別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2010-09-08

オヤさんのグリー入社インタビュー感想

「たいへんな所に来ちゃった」 はてなからグリーに移った伊藤直也さんに聞く (1/3) - ITmedia News

インタビュー記事が上がってきました。はてなを辞める流れの話はだいたい予想通り。ただ自分が思い描いていたベンチャースピードより、成長が遅かった。がーっとやって結果を出せなかったので、一区切り付けようと思った。とおっしゃる“がーっとやって”の部分は、2008年さくらインターネットシステム移転の頃、またサービス作りに専念していきたいフリーダムなナオヤさん - 別冊はてな話とか今年は面白い年です。超人になりたいと思います。 2008はてなスタッフ新年の抱負 - naoya - はてなハイクとか発言されていた以降の仕事を指してるのかなと思えますので、実際に退社のタイミングを計り始めたのは去年あたりからかもしれないですね。

オヤさんが抜けてもはてなは問題なく成長できるというのは、だいたいその通りなんじゃないかと思うのですが、この記事ではグリー田中社長ビジョナリーとしてナオヤさんに評価されていて、相対的に近藤さんが見限られてるのが分かります。ハッカーは気が短いですから、もうつきあってらんなくなっちゃった

京都的でチームワークのよい職人集団といっても、任天堂になるにはビジョナリーが必要でしょう。近藤さんはてなスターなんかみても発想すごいと思うんですけども、細部に神を宿したりボトルネックを外したりするところが苦手なのか、実用的でないツールに終わりがちな所があるんですよねー(←人の作ったものを上からぐちゃぐちゃ語る)。まあそこも任天堂的と言えば任天堂的という気がしますが。

それでもいくつも作って行くうちに(任天堂山内社長も売れないおもちゃいっぱい作らせたでしょうから)、いつか凄いものが出そうという気がするのですが、その頃ナオヤさんは第一線の技術者でいられないだろうと切実に考えられたのかもしれませんね。きっとはてなで大成功したい気持ちは人一倍強かっただろうな、と記事の笑顔写真からナオヤさんの悲哀を想像してしまうのでした。


この件関連の記事

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20100908
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2010/09 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
画像置き場