別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2008-08-18

はてなはイケズを企業文化にすべき

この間のはてなダイアリー日記によりますと、キーワードってなに? - はてなダイアリー・キーワードにスタッフyukararamさん・灰色さん制作のキャラクターしなもんが登場。「しなもんのはてな」としてシリーズ化の予定で、仲間も増えています。

制作スタッフが京都造形芸大の人、本社が京都という流れで、そこには当然のごとく京都テイストのキャラが。

いけずん

いけずん

はてなのマスコットキャラクター「しなもん」の仲間。

プロフィール

ちょっといけずな、男の子。

年のはなれた妹がいるらしい。

いけずんとは - はてなキーワード

まだフラッシュアニメの中ではまったくイケズぶりを発揮していないようですが、これからの活躍に期待しましょう。いけずんというからには「俺の姿が犬だかなんだか分からないって? いやー、お恥ずかしい。人間だかなんだか分からないユーザーたちの顔に合わせたつもりだったんだ。」ぐらいのことを言ってほしいものです。

「いけず」の一般的な言い換えは「意地悪」。以前、京都人の習性が不思議でイケズの構造 (入江敦彦著・新潮文庫)という本を読んでみたのですが、イケズというのは時代時代の権勢に蹂躙されてきた京都人の生き残り戦略でもあるそうなのです。

古くは応仁の乱など、権力を持った「よそさん」に翻弄された京都人には表面上は完全にへつらいながら自分の本音を表したり、その場に必要な指導・伝達を行うためのテクニックが必要でした。

失礼な客が来たときに、「あんたに売るもんはない」とシャッターを閉めてしまうのが江戸の人、「すんませんねえ、ちょうど品切れしてるんですわ。こんどはいつでけるかわかりまへん」と言うのが京都の人。

イケズの有名な例は、客が家人に「お茶漬け(ぶぶづけ)でも召し上がってらして」と引き止められて、そこで好意に甘えてしまうと後でそしりを受けるというやつですが、これは「ぶぶづけ」の意味が通じない相手だと本音の表明にも指導・伝達にもなりませんから、よそさんに対して行われるイケズでは無いようです。

この本によるとイケズには「からかい」「諷刺」「様式性」「隠喩」「仕込み」「考えオチ」「理性的態度」「シュール」「品」「リズム」「論理性」「意思」「はぐらかし」「笑い」の要素があるそうで、ただの意地悪にくらべるとずいぶん使い方が難しい気がします。

が、これを使いこなせればインターネットサービスに寄せられる不条理な注文をたくみにさばき、忙しい技術者を瑣末事から遠ざけることができるでしょう。「はてなセリフが落ちている? 申し訳ございません、ただいま担当の舘野がキレておりまして、今度はいつ正気に戻るかわかりません」とか言って。

京都人同士のイケズとなると、もっとポンポンからかい合うように応酬して、楽しむもののようです。これができなければ京都人ではないとばかり、真心や細かいニュアンスを伝達するコミュニケーションの潤滑油がイケズになっていて、日常的な会話でも相手をからかったり、欲望を引き出して釣ったり、釣られてなるものかとかわしたり、「急所」を探りあったり、まっとうな反論をはぐらかしたりすかしたり……イケズを縦横無尽に駆使できるよう、子供の頃からイケズに揉まれて育つとあります。

これは様々な産業の地である京都の、ツーカーの意思疎通で作業効率を高める土壌となり、「よきもの」を生産する手助けになっているようです。ふだんから意地悪を言い合っていれば、「風通し」もよくなりますもんね。作業ブースをガラスで仕切るより、必要なのはイケズの導入ですよ。

はてなの中核スタッフの多くはポスト団塊ジュニア(1975年〜1980年代初頭生まれ)世代だと思います。以前おま訳でポスト団塊ジュニアの特徴について考えたことがあるのですが、内省的で心の痛みに敏感な、CoccoBUMP OF CHICKENを歌いながら夏目友人帳を描いてるような(それは緑川ゆきにしかできないけど)イメージがあります。

湘南乃風のごとく友人関係を大事にするのですが、裏を返せば心を許せる友人は貴重で、誰とでも気さくに語り合えるメンタリティとはほど遠い。「思いやり」「空気読み」重視で、なんでもすぐメールする下の世代に比べると実はコミュニケーション不足になりがち。はてなはそんなスタッフで溢れているに違いありません。私、このことはずっと心配していました。

そこでイケズです。誰かとツーカーの仕事仲間になるためには、相手が一番言われたくない急所を知ることが近道です。とりあえずきよへろさんは「rapicoさん、はてなに入ってから太ったって? 大丈夫、入って来たときとまったくイメージ変わらないよ」と言うべき。rapicoさんは「ありがとうございます。きよへろさんのお顔を見ていると、ご飯がまずくなって大分やせられそうです」と返しましょう。

はてなはイケズを企業文化にすべきなのです。よく知りませんけど。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20080818
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2008/08 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
画像置き場