別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2008-07-29

はてなの2007年以降ぐらいを見てきて

はてな流の拡大路線とは・近藤社長に聞く インターネット-最新ニュース:IT-PLUS

うーん、1年後にはまたぜんぜん違うことを言ってそうな気がするインタビュー。記事では最近のはてなの課題について、

求められるスペックが上がった
期待通りのことが起きないと「欠陥品」ととらえられてしまう。原始的でも面白いアイデアを思いついたらその日のうちに社員が作ってしまう、という発想力やスピードだけでは勝負していけなくなってきました。
リソースをうまく集中投下できなかった
「組織的なものづくり」というフェーズへの移行に出遅れた部分はありました。今回の提携や人材の拡充で、資源を集中できるようになります。
はてなユーザー以外の人にはアプローチできていなかった
一般ネットユーザーへのヒアリングを開始。

という近藤さんの分析と反省があって、それはそれで一理あると思いますが、最近のはてなについてはむしろ逆の分析もできてしまいます。


企画が悪かった

一時期はけっこうキャンペーンも打っていて今はほぼ放置の「はてなワールド」、はてなワールドは「MMOってどうせみんなチャットしかやらないんだから、ゲームの部分とっちゃえばいいよね」という思いつきを形にしてみたら、ゲームという共通項がなかったら、どうしようもなかったというのを見せつけた壮大な実験Twitter / kanose)との評も。

はてながワールドをどういうつもりで作ってどう分析してるのかは分かりませんが、私はリリース直後に新型のインスタントメッセンジャー。その枠に留まるのなら需要が少ない。*と書いてはてなワールドは「使えないインスタントメッセンジャー」を脱するかでも述べましたように、ワールドは需要の乏しいツールを作った企画こそが問題だったと思います。もしくは別次元のツールに発展させられなかったリソース不足やら設計ミスやらがあるのかもしれませんが、そこは分かりません。


仕様がリッチになるばかりだった&運営力が乏しかった&変更が遅い

このところのはてなハイクは投稿が増えそうで増えないもどかしい展開となっております。昨日のハイク数をグラフ化していただいているshariaさんのグラフで見ますと

昨年

早くも煮詰まって来た感のはてなハイクの頃予想していたほどは廃れていなくて失礼しましたなのですが、私が正月に機能自体は面白い。*と書いたときの「面白い」に込めた期待感っていうのは、少なくともアクティブユーザー1万、1日エントリー数5万(当然今のサイト構成のままではない)ぐらいだったんです。ですからやっぱり「あー……」というかんじは否めません。そのくらいいかないと成功とは言えないんじゃないでしょうか。

正月には興味の無い投稿を目にしやすいサイト設計に難がありユーザーが息切れしそう。とも書いていて、リリース直後からサイト設計の難を感じていたのですが解消されることなく、「やるならば鉄が熱いうちなのでは……」と案じていました。が、「ハイクの使い方は大喜利だったんだ!」とばかりにはてなハイク伸びろ伸びろキャンペーンが始まったり、お絵描き機能などの充実ばかりが目立ったので、ダメだこりゃと思いました。はてなハイクが大喜利化する理由*も、その原因となるサイト設計の問題を考えれば当初から不安材料だったと思います。その後、キャンペーンを打っては新規ユーザーをキープできずに停滞するはてなハイク。あまり運営力があるとは思えません。

まあでも、はてなグループみたいに長い期間かけていいツールになるのかもしれませんし、はてなはハイクの今のコミュニティが興味深くて、時間がかかってもこれがそのまま拡大することに意義があると考えているのかもしれません。まず間違いなくスタッフのほうが考えが深いですからね。ハイクについては継続的にアイデア提案しつつ見ていきたいと思います。


一般人を意識して以降のローカルぶり

上のふたつのサービスより最初から好感触だった去年リリースの「はてなスター」と「はてなメッセージ」。特にはてなスターの目のつけどころはさすがだと感心しました。しかし世界に普及するサービスという目標とはうらはらに極めてはてなローカルなツールとして落ち着きはてなスターを一般普及させるためのアイデア - 別冊はてな話)、なかなか大胆な変更もなく残念です。

ハイクはかなり一般人を意識して開発されたと思いますが、今のところはてなでも特にヘビーユーザー常連色の濃いサービスになっています。id:daichan330さんのはてなハイカー縮図……のさらにその一部の人たちの投稿で、何割か占めちゃうんじゃないでしょうか?

なんか前よりヘビーなサービスばっかり出てる気がするんですけど……という状態でして、一般人への聞き込みはインターフェイス改善等には必ず活かされてくると思うのですが、一般向けのものが開発できるかどうかはまた別なのではないか……と疑問視しています。


というわけで

迷走するはてな好きにはたまらない展開がまだまだ続くと思います!

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20080729

2008-07-25

嫌がらせ方法1個減る

以前の記事嫌がらせを認識しないはてなでご紹介したバッドノウハウ、「ブクマエントリーページで自分のブクマコメントを利用すれば自由なスター引用コメントをつけられる」技*1が、今日試したら使えなくなってました。確かに使えたはずなのに。

6月11日に記事がnaoyaさんにブクマされたので(あ、スターだからjkondoさんかも。やっぱりあの記事にスターもらってました。)、その後修正されてしまったのかもしれません。

エントリーページ上ではてブユーザー同士が自由にコメントを応酬する手段にも使えそうだったから修正されるまで地味に遊んでみようかと思っていたのでうーん、惜しい気も。迅速な対応ありがとうございました。

ハイクにおける自動Followと任意Followの嬉しいバランス

はてなアイデア - FollowingにFriendsの投稿が追加されないようにしたい。その人の全エントリーを読みたくて星をつけるわけではないので。

今のハイクは自分が書き込んだキーワードではなく、任意に登録したキーワードがFollowing Keywordとなるわけですが、FollowingページにおいてはStar Friendsの投稿と混ざるので自動Follow*2と任意Followの仕組みが中途半端なんですよね*3。そこで

  • 「自動Followと任意Followの方法を両方用意する」
  • 「Follow設定に自由度を持たせる」

という方向の提案が出ているわけで、私も欲しいと思います。当面「自動Followingページ」と「任意Followingページ」を両方用意する必要は無く、設定の切り替えができれば十分です。

余談ですが、このアイデアでは伝えきれないところ、ハイク全体を含めてどうしてほしいか、という私の意見を整理してみます。

  1. 「面白いエントリーを抽出して読む」
  2. 「書き込みたくなるお題の発見」

というのがFollowingページの役割ではないかと考えます。このうち「面白いエントリーを抽出して読む」というのは、どうしても「任意Follow」のほうがうまくいきやすいと思います。

このアイデアでは「Follow設定に自由度を」と言っているわけですが、私自身の要求としては「任意Followのシステムを使い物になるものにしてほしい」ということになります。これが叶うと次は任意Followの使い勝手を上げてほしくなり、idea:19205(関連キーワードのエントリーをいっぺんに見られるようにしてほしい)はまだかなー、となるでしょう。メタな(正確にはハブ的な=関連キーワードが多い)キーワードをチェックしておけば特定のジャンルを追えるシステムですね。

そのシステムがうまくいき、シネマ部のようなメタで関連キーワードが活発なキーワードがトップページに自動表示されるようにでもなれば、ハイクを閲覧するだけの利用者にも便利です(関連:はてなの一般化を妨げる「ジャンルカテゴリー嫌い」)。私がはてなハイクの最大の弱点だと思ってる「はた目から見ているだけだと面白くない(ROMユーザー増えない)」ことの改善にもつながるでしょう。

それは話がふくらみ過ぎとしても、Followingページは基本的に「任意Follow」に譲ってほしいです。idea:19291(Star Friendsとは別に気になるユーザさんをクリップできる機能)も一緒に欲しいですね。

ハイクはキーワードの流行り廃りが速いので、やはり自動Followの工夫もあったほうがいいと思いますし、せっかくあるスターを使うなどさらに精度の高い「自動面白エントリー抽出」も試みて頂きたいところですが、それをFollowingページに表示するかどうかは設定できるようにして、もっと精度が上がってからデフォルト設定にするなどしてほしいものです。

もうひとつの役割「書き込みたくなるお題の発見」にはFriendsのおっかけも有効だと思いますが、それはFriendsページを設けてFriends欄タイトルをクリックすると表示される、といった方向でも良いのではないでしょうか。もしFollowingページでFriendsエントリーも見たい方はそのような設定を……と。


ひたすらそのような要望を叶えていって従来のネットユーザー(私とか)向けの仕様に引っ張られ複雑化していくのははてなも心配なところかもしれません。私もけっこう心配です。でも今のFollowingページって私にとっては使えないから、使えない余分なページがくっついてるかんじなんですよ。

一般的に考えても「いろんな情報をひとつのFollowingページで見たい」とか「自動的に」っていうのは、「必要なエントリーに絞って読みたい」という元の欲求が叶った上で追求されるべきものだと思うんですね。そういうわけで仕様は複雑化するであろう自動Followと任意Followの分化を要望します。自動Follow捨てちゃうのはもったない派。

*1:1.コメントをつけたいページをブクマ、ブクマコメントを書く。 2.エントリーページに移動し、自分のブクマコメントをドラッグした状態でそのページにスターをつけるはてなスターアイコンをクリック 3.そのページに書いてない文章をスター引用コメントにつけられる 4.自分のブクマコメントは消しておく。 という技でした。

*2:以前の「自分が書き込んだキーワードが一定期間Followingページに表示される」のように、「純粋にFollowingページに含める目的の操作をしていないエントリーをFollowする仕組み」の意味で言っています。Star Friendsは自分でスターをつけますが、相手の意向もあるのでFollowingページに含めるためという意味合いは薄い操作でしょう。

*3:私はときどき投稿があるキーワードをいくつかfollowしているだけなので、常連のハイカーさんがひとりFrendsになるだけで、(こう言うと申し訳ないのですが)Followingページはほとんどその人の投稿で埋め尽くされ見る気のしない物になってしまいます。ですから今はFollowing Keywordは個別に見に行ってます。この点が改善されれば、もっとFollowing Keywordを登録するかもしれません。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20080725

2008-07-21

キッドマン、ジョリーに続いて

ニコール・キッドマンが出産した。アンジェリーナ・ジョリーも出産した。

次は私か・・・。

はてなハイク サービス終了のお知らせ

妊婦生活もラストスパート*だそうで、陰ながらご無事をお祈りしています。

新しい女性スタッフが増えてはなやかで良いなあ

はてなハイク サービス終了のお知らせ

あこがれ

はてなハイク サービス終了のお知らせ

ここへ来て近藤さんの意識がよそへ向いている気がしないでもないですが。男性版マタニティブルーでしょうか。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20080721

2008-07-13

アイマスのプロデューサーと非はてなクラブ員

ゲーム「THE iDOLM@STER」の二次創作動画、アイマスMAD関係のお話です。もし予備知識をという方は初心者のためのアイマスMADの巡り方 - 敷居の先住民を30分〜小一時間ばかりどうぞ。

最近アイマスMADを英語で紹介するTHE iDOLM@STER MAD World Serviceというサイトが始まりまして、早速海外サイトで取り上げられるあたり、はてなのアメリカ進出より幸先よい出だしであります。

先月は24時間アイマスTVを成功させるなど、ニコ動のMAD界の中でもアイマスの関係者は驚くほどの企画運営力があります。そしてアイマス発展のために気を配る傾向がありまして、(大きなライブイベントのアイマス声優参加発表を受けて)アイマスファンは、ほんとーにアイマスだけが目当てでチケットを買っちゃう人種なんです。そして、「アイマスファンはアイマスのステージが終わったら帰った」なんて悪評がコンテンツに向けられるのが嫌だからという理由で、ちゃんと他のステージも真剣に見る人たちです。狐汁)と言われるほど。

私これはユーザーの「プロデューサー化」なのだと思っています。ゲーム内で「プロデューサー」業を営んでいるうちに、アイマスを育てる姿勢が身についてしまったのだと。のめりこんだり応援したりはもちろんありますが、「事が本当にうまく運ぶように」最善努力するのがアイマスファンの特徴だと思います。

思えば私、はてなの新しいサービスがあると改善点を考えたり、変わった使い方はないかと考えてしまう面がありますが、もしかするとはてなダイアリーの「ベータテスター」をやっていたのでその気分が続いているのかもしれません。Yahoo!がまとめた「コミュニティにユーザーを参加させる方法」にも「他のユーザーと差別化するためのラベルを付与する」とありますが、呼ばれ方というのは影響するのではないでしょうか。

そんなはてなは今年はてなクラブを発足し、大多数のユーザーは「非はてなクラブ員」となったわけでして、呼称による参加意識はどちらかと言えば下がる方へ向かうでしょう。ユーザーに負担のかからない運営を求めるものとしては喜ぶべきことですが、一抹のさびしさもなきにしもあらずやもねむ。

はてな経由で外国語話者をアイマスプロデューサー化計画

せっせとコミュ動画をまとめてみるという話です。上述のTHE iDOLM@STER MAD World Service、紹介されたとはいえ反響は今のところチラホラ、という程度のようでして、Japanese “MAD movies” movement with Niconico/Idolmasterという英語紹介記事がIdolm@sterの基本的な説明からとなっている様子を見ても、やはり非日本語話者がアイマスMADを楽しむ際の障壁はなかなか高いのではないかと感じてしまいます。

そもそも欧米ではゲームプレイできないという不満があるわけで、せめて大量の動画ストックがあるニコニコ動画を自由に紹介できない状況が打破されないと、面白がれ(そうな感じがし)ないというところでしょうか。しかし、そこはアイマスファン流の最善努力を考えてみます。

私はニコ動とラジオからだけのファンなんですが、アイマスMADを深く楽しめるかどうかは「プロデューサー視点」を持てるかどうかで、それはキャラ把握とストーリー体験がないと培われないものだと思うのです。MAD World Serviceさんは、なるべく予備知識のいらないMADを選ぶ等いろいろ工夫が見られるんですが、公式要素が伝達できないというのはなんとも厳しく見えます。

日本人向けにも言えることですが、まず1分くらいでゲームの世界観をさらりと伝える動画とか、2分くらいで1キャラが把握できる動画とか、動画の前に15秒はさむと初心者向けになる動画とか、シビアに凝縮した「聖典」のエッセンス抽出が普及に役立つのではないでしょうか。そういう職人さんもいそうな気はするのですが。

一方、非日本語話者が「面白がれる」だけの材料をできるだけニコ動の外へ出してあげたいところ。そしてサイト管理者向けに現状では、はてブエントリーページを使えばとりあえず非会員に紹介できることを知ってもらう。

というわけで、うちでは「ゲーム公式部分の動画をブログ上で紹介」→「翻訳してくれるバイリンガルの登場」→「ダイジェストで良いので面白い部分の翻訳版作ってくれる人登場」→「他言語でプロデューサー視点を持つ人の増加」→「MAD普及」というのを狙ってみます。もちろん誰も見つけてくれないとか、その他のMAD普及障壁もいろいろ考えられ、まったく無駄かもしれませんが……。

(追記)Xbox 360 THE IDOLM@STER コミュ動画集に動画集を移しました。

とりあえず伊織のコミュ動画をまとめてみました。まとめてみたら自分が楽しめそうな気配まんまんです。最低でもコミュが面白い美希と雪歩はまとめたかったのですが、今回は力つきました……ぶたPは偉大。

えー、このサイトではぜんぜん影響力がないかもしれませんが、同じようなことしてくださる方がいたらもちろんこの記事からはリンクいたします。


追記:美希コミュ追加

追記:雪歩コミュ追加

追記:千早コミュ追加

ちょっと更新止まります。

追記

こんな更新ばかり上がってすみません。やよいコミュ追加。あらためて目次を作成。

Xbox 360 THE IDOLM@STER コミュ集 - 別冊はてな話

まだブクマしてないのがありますが、一通り全員そろいました。抜けたエピソードなど分かりましたらご指摘ください。

追記

(8/1追記:やっぱりこのブログでは使い勝手が悪いので専用ダイアリーを作りました→Xbox 360 THE IDOLM@STER コミュ動画集。こちらのブログのコミュ集はそのうち片付けるかもしれません)

コミュ集跡地

(8/1追記:やっぱりこのブログでは使い勝手が悪いので専用ダイアリーを作りました→Xbox 360 THE IDOLM@STER コミュ動画集。こちらのブログのコミュ集はそのうち片付けるかもしれません)

すみません、このアドレスの記事はXbox 360 THE IDOLM@STER コミュ集に移動です。

セルクマしてタグつけたりタイトル整理してたら公開ブクマ(Sugio)と非公開ブクマ(sugio)の両方でブクマしちゃって、スパム対策にひっかかり「〜のエントリー」に出なくなってしまったのです。とほほ。

Xbox 360 THE IDOLM@STER コミュ集

(8/1追記:やっぱりこのブログでは使い勝手が悪いので専用ダイアリーを作りました→Xbox 360 THE IDOLM@STER コミュ動画集。こちらのブログのコミュ集は片付けました。

ニコニコ動画のコミュ動画をブログ上でまとめ、紹介するものです。ニコニコ会員以外に動画を紹介するときなどにどうぞ。外国向けの翻訳など、アイマスの普及につながる展開もあれば嬉しいです。場合によってはうちよりもリンクしやすいかと思い、はてなブックマークエントリーページも合わせて紹介しました。発売元のバンダイナムコゲームスはニコニコアニメチャンネルにアイマスの番組を出す等、アイマスのゲーム動画転載に寛容な姿勢(&それを利用したビジネスモデル)なので、おそらく著作権上の問題は起こらないと思いますが、もし問題がありましたらはてな情報削除ガイドラインを通じてご連絡ください。

※まだランク別タイトル一覧表を更新しつつ抜け分確認などしていきます。
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2008/07 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
画像置き場