別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2008-01-10

はてなワールドは「使えないインスタントメッセンジャー」を脱するか

先日新型のインスタントメッセンジャー。その枠に留まるのなら需要が少ない。*とだけ書いたはてなワールドですが、その後の展開などを見まして、どうも急いでどうこうするつもりのないサービスなのかなあという印象を受けています。

はてなハイクと一緒に打たれた「新春撮影会 in はてなワールド」キャンペーン(1月9日まで)は15名分のTシャツに対して応募が30名以下のようで、かつてない当選のチャンスとなりました*1

Tシャツが当たり、この調子でワールドがコケると、幻のサービスの貴重なアイテム獲得となっておいしいのですが、それもどうも意地が悪い期待ですから発展のほうを期待してみましょう。


上に書きましたように、現在のはてなワールドははてなトップページで「仮想空間」と紹介されているものの、ツールとしてみれば常時世界地図が表示されるやたらと重たいインスタントメッセンジャーだと思います。だれでもこんな不便な道具を使う必要はまったくないのであります。たまにイベント的に利用することはあるかもしれませんが、滅多に使わないでしょう。

はてなユーザーで、IMが好きで、会話は公開で良くて、常駐できる又は好きなときに楽しめるくらいはてなユーザーの知り合いがいて、かつ重くなりやすい動作も苦にしない……という人でもないとなかなか使う気になれないのではないでしょうか。はてなワールド - 会話一覧でログを漁る……という気もあまり起きません。同時性が必要な「会話」がメインコンテンツですから、初心者がこのサービスを楽しむために越えなければならないハードルはたくさんあります。

6日にはてなワールドの地面に置かれたキーワードに絵が描けるようになったのですが、インスタントメッセンジャーに世界地図がついているだけでも分からないのに、そこにユーザー共有の地名キーワードが表示されて絵が描けますよと言われても、まあ……ちょっとした珍しい体験はできますが、ツールとして機能的になったとは言い難いわけです。

というわけでインスタントメッセンジャーとして見た場合、はてなワールドが使えないサービスであるのは明らかです。「ひまなときにアバターにジョギングをさせることができるインスタントメッセンジャー」という枠を越えないといけません。


人集めには、おそらく会話以外のコンテンツが必要です。それをオンラインゲーム会社のようにはてなが提供し続けると言うことはまずありえません。いずれはそのようになるのではないかと思いますが、コンテンツが自由に置ける機能が認められるべきでしょう(現在も会話のログは地面に落ちていますが、読ませる文章を保存するのには不便すぎます)。

例えば地図上に自由に絵やテキストの書き割りを建てられるようにしたり、外部ウェブサイトを立体物として表示(近くに寄ってその建物をクリックするとそのサイトが画面上半分に表示されるとか)できるようにします。それはメタなウェブ空間と言えるものかもしれません。会話でないコンテンツならば、初心者でもブラブラ見て楽しむ事ができるので足を運ぶ理由ができます。

土地の奪い合いが起こらないように、ユーザーひとりひとりに地球1個分のレイヤーを与え、建物などの物体は同じ場所にあれば重なって表示されてしまう方式がはてならしい気がします。まあユーザー同士はだいたい建物が重ならないようにするでしょうし、どちらが表示されるかをユーザー評価で決めたり、嫌がられる建物をしきい値で不可視にすることもできそうですよね。はてなダイアリーキーワードや、現実にそこに建っている建物が優先表示されるというルールがあれば、後から「開発」されるおそれが少ない郊外が好まれるかもしれません。

例えばアイマスファンが、十勝平野に自分たちが巡回している関連URLを建て並べて、あーだこーだと感想を垂れ流しながらウロチョロできたら楽しそうです。同好の士が集まれば、キャラ別エリアや紳士の社交場などを整備して、はてなワールド上で人を感じながら巡回ができるでしょう。今、他のサイトを見ている人でも「その界隈」にいれば察知できるというのは便利そうです。はてなワールドを利用する時間も飛躍的に増えるでしょう。


ですが、ですが……。まあ、すごく重くなりそうですので、それがどうなりますやら。わんわんワールドのあとにわざわざ作ったのですから、そのくらいまで発展しないと変だと言う気がするのですが、処理能力のチープ革命待ちという状況なら厳しいですよね。

だからこそすごく長いスパンで開発するつもりなのかも、という読みも可能ではあるのですが……。MacではSafariOperaの対応が期待しにくいかんじですし、なかなか夢を広げてはてなアイデア登録などできないのが現状です。

*1:追記:とか言ってたらハズレた! 見落しがあって思ったより応募者数があったのですが、それでも当選率はおそらく15/35ほどでした。残念。

 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2008/01 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
画像置き場