別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2008-01-25

フリーダムなナオヤさん


たまにはナオヤさんのイメージ画を貼ってみる。

はてなのシステム移転作業が終了とのこと。それまでやめるにやめられなかった仕事が一段落ついたからか、去年はサーバー関係のスタッフの退社が続いたようでさみしい面もありましたが、とにかくおつかれさまでございました。

こうして、一皮向けたシステムと、それに取り組む体制、インフラを支える基盤としての技術と人との両輪ができあがったところで、自分の仕事はひと段落。インフラチームのリーダーとしての仕事はちょうど移転が終わった今月で卒業することとしました。次は、アプリケーション開発を中心とした仕事に戻って、またサービス作りに専念していきたいと思っています。

さくらインターネット移行記#6 移転完了 - naoyaのはてなダイアリー

戻ってくるー!!

昨年11月のもっとナオヤさんがガンガンやっちゃっていいんじゃない話でもお話ししましたが、もっとナオヤさん*1にガンガンやっちゃってほしいのです。

近藤さんの作るサービスははてなユーザー間の情報交換をさらに密にして情報空間はてな村を強化する傾向が強い反面、とっつきが悪く機能の良さのわりに新規ユーザー獲得に苦労する印象があります。つまり求心力で国を治める王者の開発(孫呉説的に孫権だから)。

まだはてブしか分かりませんけれど、ナオヤさんはきっとキャッチーなサービスを押し立てて外向けに目立つのが得意。開発以外部分での運営手腕・バランス感覚も、おそらくはてな家中No.1。新規ユーザー獲得、すなわち新たな領土を切り取らせるならこの人、と思います。そのナオヤさんが今、自由に! ボルテージが上がって参りました!

今年は面白い年です。超人になりたいと思います。

はてなハイク サービス終了のお知らせ

キャー なっちゃってちょーだい! いいわよー! 超人……! アァ超人……!ハァハァ(息切れ) なっちゃってちょーだ〜〜い!


以上、陰ながら期待しているという記事でした。むにゃむーん。

*1:これまで本文では「伊藤さん」表記もしてきた当サイトですが、やっぱり分からない人がいるかなと、ナオヤさん表記に統一しようと思います

2008-01-21

はてなハイクはnaoyaさんが使うかどうかが勝負とかそんな話

むにゃむにゃ……あー。うー。今年から、おっさんアルファブロガーには必須のスキルと思われる「ぼやき芸」を身につけたいと思いたちました。しばらく変かもしれませんが……気にかかる言い回しがあっても、そういうのがやりたいんだなと温かくお見守りください。


えー、なんだっけ。いま私のRSSリーダーでははてなスタッフのハイクをチェックしておりまして。今までを見た所だいたい以下のような更新スタイルに分類できます(なんか求めてるおっさん口調にならないな)。ほとんどハイクの利用がなくて判定しにくい方はカッコしてあります。あーうー。

ネタ職人タイプ無し
お絵描き職人タイプ無し
バランス型nmyさん・kiyoheroさん
日記・ブログタイプjkondoさん・kawasakiさん・secondlifeさん・stanakaさん・nagayamaさん
自分出しタイプkossyさん・hideokiさん・reikonさん・onishiさん・mitsukiさん・rikoさん・yosukeさん・naoyaさん(mucccuさん・maoeさん・todojunさん・aqlさん・snishiyamaさん・swtnbさん)
画像出しタイプ(tikedaさん)
メモタイプumedamochioさん

まあ一般ユーザーでもそんなに多いわけじゃないかもしれませんが、職人タイプの方がまったくいません。ちょっと熱心なユーザーならnmyさん・kiyoheroさんぐらいのネタを書くのが平均的だと思いますが、ほとんどの方がお題に自分の当てはまるものを答えて行く自分出しタイプ*1。これはライトユーザーというより性格の問題でしょう。

そもそもネタを書いてスターをもらおうという意識が希薄のようでして、まあ……そんなに期待しちゃうのもアレがナニですが……ダイアリーの頃からナニがソレでして……テキストの面白さだけで客を呼ぼうというサイト管理人の気持ちはあんまり分かってもらえないんじゃないかと、寂しくなります。ぼやぼや。

やっぱり人を笑わすユーザーが集客力を持っていますし、そういう面白いユーザーさんがどうすれば常駐してくれるのかというが大事でしょう。

最初の頃は勢いのあるイラストでスターをさらいまくったh:id:naoyaさん。今ではすっかり勢いなく。こういう感度のいい方は飽きやすいですから、naoyaさんが(もちろんおのずと)ちょくちょく書き込んで、たまにはネタにも反応したくなるというようなサイトなら、はてなハイクは大ヒットするのではないかと思います。ぼや〜。


そこへ先週始まった新サービスキャンペーンですが。むんむん。ワールドは「同期性のあるサービスの魅力」、ハイクは「お題でつながる魅力」ということで、それぞれの「醍醐味」の部分でせめて来る企画でした。

まーどちらのサービスも……醍醐味が伝わってないということ以外の問題点が大きいと思いますので……ユーザーの増加という面では大した効果はないでしょうか……げふんげふん。

はてなワールドは使えないインスタントメッセンジャーがうんぬんという段階ですし近藤さんも少し気長にワールドに取り組んでいけたらと思うはてなワールド、リアルタイムサービス - jkondoの日記)とのこと。ハイクは昨日のハイク数というのをつけてますがキャンペーン後の今週のほうが投稿が少なかったりして状況芳しくありません。どちらのキャンペーンもザルで水を汲む作業のような印象があります。


と思っていたら、ハイクではザルを目張りする動きも! トップページにIDエントリーを表示しない変更で、早くも煮詰まって来たハイクうんぬんでも言っていた「ミニブログとして使いやすくする」改善に着手。

関連キーワード機能は便利になっただけでなく、有効活用されて来なかったはてなWordLinkのデータが使われるという、これって2005年ごろ書いてアイデア登録したはてなシソーラス的なものじゃないの?という私的に……うーん……まあ、けっこうその、うれしい展開でした……ぼやっとな。

未着手の問題点としましては(気力のない時や一見さんでも簡単に)興味のあるエントリーに遭遇できる確率を上げられないかというのがありまして、はてなアイデア - キーワードを「ネタ」「メモ」「お絵描き」などのカテゴリーに分類して、カテゴリーごとの最新エントリーが見られるようにする。などというアイデアも登録してみました。今後のなりゆきを見守りたいと思います。むにゃむーん。

*1:reikonさんはお題を出す積極的自分出しタイプですが、更新頻度低下

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20080121

2008-01-10

年明けのはてなハイク

月日ハイク投稿数(たぶん誤差あり)
1/12223
1/22322
1/32348
1/42612
1/52911
1/62707
1/72619
1/83073
1/93077

年明けは増加傾向。ややネタ度が下がって、若干自由に投稿しやすい雰囲気になった気がします。

反面、星をつけたいと思う投稿に出会うのにちょっと時間がかかるようになった気も。投稿のバリエーションが増えるのと同時に、新鮮みは薄れてきますし、面白いことに感度が良くて飽きやすい初期のユーザー達が抜けてきているのかもしれません。

まあ、それはしょうがないので、なにか対応がなされるか今後の展開に注目したいと思います。

年末年始はUS側であれこれやっていたので、少しハイクの開発が一時停止してしまったけど、今日からまた本格的にいろいろくっつけていこうと思う。

またまた来日 - jkondoのはてなブログ

それもいいかもしれませんが、もう少しみんなの最新エントリーが奥まっていても良いかもと思っています。

はてなアイデア

動きがあるみたいですね。

はてなワールドは「使えないインスタントメッセンジャー」を脱するか

先日新型のインスタントメッセンジャー。その枠に留まるのなら需要が少ない。*とだけ書いたはてなワールドですが、その後の展開などを見まして、どうも急いでどうこうするつもりのないサービスなのかなあという印象を受けています。

はてなハイクと一緒に打たれた「新春撮影会 in はてなワールド」キャンペーン(1月9日まで)は15名分のTシャツに対して応募が30名以下のようで、かつてない当選のチャンスとなりました*1

Tシャツが当たり、この調子でワールドがコケると、幻のサービスの貴重なアイテム獲得となっておいしいのですが、それもどうも意地が悪い期待ですから発展のほうを期待してみましょう。


上に書きましたように、現在のはてなワールドははてなトップページで「仮想空間」と紹介されているものの、ツールとしてみれば常時世界地図が表示されるやたらと重たいインスタントメッセンジャーだと思います。だれでもこんな不便な道具を使う必要はまったくないのであります。たまにイベント的に利用することはあるかもしれませんが、滅多に使わないでしょう。

はてなユーザーで、IMが好きで、会話は公開で良くて、常駐できる又は好きなときに楽しめるくらいはてなユーザーの知り合いがいて、かつ重くなりやすい動作も苦にしない……という人でもないとなかなか使う気になれないのではないでしょうか。はてなワールド - 会話一覧でログを漁る……という気もあまり起きません。同時性が必要な「会話」がメインコンテンツですから、初心者がこのサービスを楽しむために越えなければならないハードルはたくさんあります。

6日にはてなワールドの地面に置かれたキーワードに絵が描けるようになったのですが、インスタントメッセンジャーに世界地図がついているだけでも分からないのに、そこにユーザー共有の地名キーワードが表示されて絵が描けますよと言われても、まあ……ちょっとした珍しい体験はできますが、ツールとして機能的になったとは言い難いわけです。

というわけでインスタントメッセンジャーとして見た場合、はてなワールドが使えないサービスであるのは明らかです。「ひまなときにアバターにジョギングをさせることができるインスタントメッセンジャー」という枠を越えないといけません。


人集めには、おそらく会話以外のコンテンツが必要です。それをオンラインゲーム会社のようにはてなが提供し続けると言うことはまずありえません。いずれはそのようになるのではないかと思いますが、コンテンツが自由に置ける機能が認められるべきでしょう(現在も会話のログは地面に落ちていますが、読ませる文章を保存するのには不便すぎます)。

例えば地図上に自由に絵やテキストの書き割りを建てられるようにしたり、外部ウェブサイトを立体物として表示(近くに寄ってその建物をクリックするとそのサイトが画面上半分に表示されるとか)できるようにします。それはメタなウェブ空間と言えるものかもしれません。会話でないコンテンツならば、初心者でもブラブラ見て楽しむ事ができるので足を運ぶ理由ができます。

土地の奪い合いが起こらないように、ユーザーひとりひとりに地球1個分のレイヤーを与え、建物などの物体は同じ場所にあれば重なって表示されてしまう方式がはてならしい気がします。まあユーザー同士はだいたい建物が重ならないようにするでしょうし、どちらが表示されるかをユーザー評価で決めたり、嫌がられる建物をしきい値で不可視にすることもできそうですよね。はてなダイアリーキーワードや、現実にそこに建っている建物が優先表示されるというルールがあれば、後から「開発」されるおそれが少ない郊外が好まれるかもしれません。

例えばアイマスファンが、十勝平野に自分たちが巡回している関連URLを建て並べて、あーだこーだと感想を垂れ流しながらウロチョロできたら楽しそうです。同好の士が集まれば、キャラ別エリアや紳士の社交場などを整備して、はてなワールド上で人を感じながら巡回ができるでしょう。今、他のサイトを見ている人でも「その界隈」にいれば察知できるというのは便利そうです。はてなワールドを利用する時間も飛躍的に増えるでしょう。


ですが、ですが……。まあ、すごく重くなりそうですので、それがどうなりますやら。わんわんワールドのあとにわざわざ作ったのですから、そのくらいまで発展しないと変だと言う気がするのですが、処理能力のチープ革命待ちという状況なら厳しいですよね。

だからこそすごく長いスパンで開発するつもりなのかも、という読みも可能ではあるのですが……。MacではSafariOperaの対応が期待しにくいかんじですし、なかなか夢を広げてはてなアイデア登録などできないのが現状です。

*1:追記:とか言ってたらハズレた! 見落しがあって思ったより応募者数があったのですが、それでも当選率はおそらく15/35ほどでした。残念。

2008-01-05

はてなハイクが大喜利化する理由は?

はてなハイクがただの一発ネタ用のネタ帳になってる件について - はてなハイク

システム的には「大喜利圧力」を増大するようには、そもそも作られてはいないと思うけど……。

はてなハイク サービス終了のお知らせ

こちらあたりへの返答でもありますが、私は個々人の意識よりもシステムの影響が大きいと思います。大喜利圧力になっているものを思いつく範囲で挙げてみますと……

  • トップに新着エントリー → 見られる意識 → 万人向けに面白く → お笑い圧力
  • 星がほしい
    • しかもエントリーが流れるのが速い → トップページに表示されているうちが勝負 → 万人向けに面白く → お笑い圧力
    • しかも個人に固定客がつきにくい → トップページに(以下略) → お笑い圧力
  • 話題の流動性が高い → 興味のあるエントリーだけを閲覧するのは難しい → 万人向けに面白く → お笑い圧力
  • キーワードシステム → 文章を書いてからタグづけするんじゃなくて、キーワードありきで投稿 → お題回答型に
  • 長文不向き → 一言ギャグ化

以上をふまえて大喜利化するはてなハイク。

  • 大喜利を期待して来る閲覧者 → さらなる大喜利圧力
  • エントリーを基点に話題を広げにくい → 対話に向かない → 空気を読ませる圧力 → 大喜利化を加速
  • 大喜利専用化批判 ← いまココ

他にも要素がありますでしょうか。

このあとの展開を考えますと……批判が出て来た以上、今までより意識的に自己肯定した大喜ラーが増えるかもしれません。そして大喜利圧力に自覚的な大喜利コミュニティが成立がするかも。

今より大喜利専用化が進むというのは……あんまりなさそうに思えます。はてなスタッフは雑記調のエントリーが多いですから、おそらくそういうのを書きやすい雰囲気になる展開や仕様変更があるのではないかと。

はてブ八分?

今、上の記事が注目エントリーなどに表示されないようです。エントリページは作成されていてg:beta:id:sugio の新着ブックマークには表示されます。早速はてなアイデアに登録。

ブクマされているのにキーワードページ・タグページ・URLで絞り込みページに出て来ないエントリーがある。 - はてなアイデア

なんでだろう。うーん、うちのアクセス数の伸びはほとんどはてブ次第なので、続くと困りますねえ。

sugio=SUGIO

そういえばちゃんと公言しておりませんでしたが、id:SUGIOは私です。ごく稀にブクマコメントをしたいときにはてなブックマーク - SUGIOのブックマークを使用しています。

ついでに使っていませんがSugioも私です。独占させていただきました。すみません。SUGI0(ゼロ)とかSUGl(エル)Oとかは空いています。

2008-01-01

去年のはてなハイクのエントリー数と新春キャンペーンについて

あけましておめでとうございます。一年の計は元旦にあり。前回の記事の恥ずかしい間違いの訂正からスタートです!

「はてなハイク全体のエントリー数」、どうも少ないと思っていたのですが、数え直したらぜんぜん多かったです。すみませんでした。もしかするとトップのFollowingを数えてしまっていたのかもしれません。あー、恥ずかしー! なんでこんなページが存在するの〜?! 追記:その後無くなりました→トップページからfollowingモードを削除しました - はてなハイク日記

http://h.hatena.ne.jp/?page=1」みたいなアドレスだと数えやすくなるということがやっと分かったので、リリース時から数え直しました。2000-01-01に飛ばされたkrusさんのゴキブリ写真除く。

  • 日付……総エントリー数(手集計)
  • 12/13……3519(11:40にnaoyaさんの最初の投稿)
  • 12/14……3673
  • 12/15……3982(19:30に正式公開アナウンス)
  • 12/16……8125
  • 12/17……7980
  • 12/18……8963
  • 12/19……8394
  • 12/20……8258
  • 12/21……7339
  • 12/22……5421
  • 12/23……4624
  • 12/24……4197
  • 12/25……4493
  • 12/26……3857
  • 12/27……3668
  • 12/28……3961
  • 12/29……3345
  • 12/30……2803
  • 12/31……2711

まあ、煮詰まり傾向なのはむしろ如実に出てしまったのですが。まだまだ手は打てそうな投稿数です。

はてなスターに続き、新サービスリリース直後の盛り上げキャンペーンが始まりました。私は今の段階で、

はてなワールド
新型のインスタントメッセンジャー。その枠に留まるのなら需要が少ない。
はてなハイク
興味の無い投稿を目にしやすいサイト設計に難がありユーザーが息切れしそう(関連:早くも煮詰まって来た感のはてなハイク)。機能自体は面白い。

と見ています。はてなスターの使い出しに比べると超低い評価です。でも、私の言うことですからね……ハイク投稿が1日100台とかって! あー!

ここでキャンペーンを打つと言うことは、スタッフは基本的な機能は使ってもらえるレベルに到達していて、あとは大勢に使ってもらうことが重要という判断なのでしょう。特にハイクは携帯でこそ使って欲しい!という意気込みが伝わってきます。

はてなと言えば怒濤の機能追加が印象深く、開発以外の運営でサービスを伸ばして行くイメージは薄いですが、「ツールは使われてなんぼ」という意識はけっこう強いのだと思います。今後の展開もひっそり追っていきたいと思います。


追記

この後の日別ハイク数集計は昨日のハイク数 - はてなハイクでやるかもしれません。

 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2008/01 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Error : RSSが取得できませんでした。 Error : RSSが取得できませんでした。
画像置き場