別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2007-06-25

はてブブラウザ的なブックマーク機能を兼ねるのはムリ?ムダ?

これで思い出したテーマなんですけども、はてブブラウザ的なブックマークの機能も兼ねてしまうというのは難しいですかね。

複数ブラウザブックマーク同期ソフトというのはあるんでしょうけども、全ブラウザというわけにはいかないでしょうし、携帯は無理でしょう。

はてブブックマーク時になんらかの操作を行うことで階層にしまえる機能をつけて、ヘッダなどからメニューを引っ張り出してブラウザのお気に入りのように選べるようにする。

IEFirefox用には「はてなブックマークツールバー」を用意して、ブラウザブックマークツールバーを出す必要をなくす。

ブラウザのお気に入りデータを階層構造を残して取り入れられるようにする。

そうすると各ブラウザURLブックマークする機能は基本的にいらなくなって、自分以外の端末でも、自分のはてブアクセスすることでかなりの機動力を獲得できますでしょう。

そういう元来の意図と違うゴテゴテした機能を伊藤さんがつけるとは思えないというのはありますし、あんまりこういうアイディアを聞いたことがないので、よっぽど需要がないのか、または無理っぽい案なのかなと、気になってはいるところです。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20070625

2007-06-24ゴルゴ31に掲載されそうな記事を作る

純然なはてな話じゃなくてすみません。例のグリースモンキーで作った記事、はてブで振り返る「著作権非親告罪化」の話題駄文にゅうすさんで取り上げていただき、その後朝目新聞さんからも参照を受けました。

私はニュースサイトテキストサイトで取り上げられることに憧れがあるので、とても嬉しいです! というわけで、いつも読んでるゴルゴ31さんに取り上げられることを最終目標に設定し、このはてブで振り返るシリーズを続けていきたいと思います。はてな話じゃなくてすみません……。

(追記)今回はてなダイアリー&グループへの自動トラバ止め処置を忘れました……。スパムまがいすみません!

(追記)ゴルゴ31さんには、これじゃない企画で載りました。

はてブで振り返る「オタク考」

タグ「オタク考」を含む注目エントリー(しきい値3)より


オタク論」や「オタク文化」も類似タグなんですが、「オタク考」の記事のほうがギスギス感が少ないかんじで好きです。

はてブで振り返る「志村貴子」の話題

キーワード「志村貴子」を含む注目エントリー(しきい値3)より


キーワードでそれっぽい記事にたどり着きやすい作家さん。ただし本人サイト青息吐息の記事は含まれない様子。

私がはてブ経由で期待するようなページにたどりつきやすい作家さんは、ウェブ上にアップされる書評が多くてブログでゆるく語るのに合っている人。たどりつきにくい例としては、諸星大二郎はてブで漁ってもあんまりモロ☆分は摂取できないかも(熱心なファンは凝ったネタデータベースを作り上げてしまう傾向)。さいとう・たかをになると、もう書評とかは無くて本人回りのニュースほとんど

はてブで振り返るweb漫画2007年上半期)

タグ「web漫画」を含む注目エントリー(しきい値10)より。


今年からのブクマで区切りました。こういうのは好み次第なのでしきい値10以下にも楽しめるのがたくさんあり、読み出すとキリがありません。

2007-06-18

当てにいってみる

もう、いっか! 問題点の整理と議題がまとまるまでが大変そうだと思っていたのですが、週末にzoniaさんのまとめが出て、ぐぐっと議論が収束しそうな気配を感じています。なおやさんが奥まった日記で非公式応対したい問題の整理も始めている。

今週中は流れに乗って日記を書けないかもしれませんので、別冊はてな話の総力をかたむけ(棒アイスで頭を活性化しながら)今の段階で当てにいってみます。

  • 月:(金曜にあったメンテナンス関係で何も引きずらなければ)はてブでちょっとしたお試し仕様変更がある。
  • 火:d:id:naoyaで、諸問題の整理と取りかかっている方向についての説明が出る。
  • 水:g:hatena:id:hatenabookmarkで、ちょっと攻めに回ってユーザーに問いかける記事が出る。
  • 木:話題が冷める前に、できるだけ効果の大きい仕様変更がなされる。
  • 金:時間がかかって後回しになる実装や、引き続き対話で検討していく問題について、理解を求めるアナウンス
  • 土:d:id:reikonで、ちょっとなごめる梅田さん話。
コメントスクラム問題
はてなアイデア
罵倒はしやすく削除しにくい問題
お問い合わせの返事を速くするよう努めます。
はてブコメントが嫌い問題
カナかな団首領の自転車置き場 - はてなブックマークは素晴らしいをお読みください。
コミュニティの雰囲気問題
はてなアイデアはてなブックマーク市民制も検討)
人気エントリースパム問題
はてなアイデア

このへんに落ち着くと見ました。ではまた。


6/24 追記

ぐえ〜。はてなはアメリカでの取締役会議というスケジュールで、はてブ問題は先週まさかの放置。池田信夫さんも音沙汰無しでした。ネットイナゴの話題はそれなりに各所で続いているようで、今後の成り行きを見守りたいと思います。

TERRAZITERRAZI2007/06/18 18:28最重要なのは土曜日だよね。

sugiosugio2007/06/18 19:35ええ、「ウメヲさんはなんか信用出来ない問題」がかかってます。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20070618

2007-06-17

はてブネットイナゴについて書こう!ということらしい

こんばんは、無駄なことを書きたくないので議題にこだわる男です。昨日は“意見募集していない記事に釣られた”と書いたのですが、事態は急展開しておりまして、

ネットイナゴ問題については、はてなブックマーク開発者id:naoyaのダイアリーを基点に皆さんと一緒に考えていくことになります。

サバイバルのための人体実験を公開すること - My Life Between Silicon Valley and Japan

やっぱり何かみんなで考えるらしいです。

なおやんは別にそんなこと言ってなかったぞ?と思うのですが、「ネットイナゴ問題については」一般からの意見を求めているのかもしれません。

この記事ではあいかわらず詳しい議題は書かれていないので、後で伊藤さんが解決策を提示したり検討したりできるように問題点をまとめてくださるのかもしれません。

今はひとまず「はてなブックマークネットイナゴについて考えていることを好きなように書こう!」と言うフリータイムのようです。

特に意見はないです。


追記

あとあれかもしれません! 絶対まとまらないような議題を設定しておいて(参考リンク議論のしかた - 結論の種類 - 回答不能あたり)、議論が白熱してみんなに疲れが出てきた頃に番組のまとめとしてはてなアナウンスがあって、さすが、とか、斜め上を行っている、とか言わせるための罠なのかもしれません。

ちょっと懐疑的になりつつ、うかつに意見しないよう慎重に推移を見守りたいと思います。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20070617

2007-06-16

空気

こちらの記事、求める状態(記事に対する指摘が親切なコミュニティ)はなんとなく理解できるんですけど、「指摘が不親切なコミュニティ」が提起されている問題なんでしょうかね。問題点のまとめもないし、議題がよく分からないというか。なんなんだろう。

……と思ってよく読んだら、意見を募集している記事ではぜんぜん無かったという。空気投げで投げられた気持ちです。

これは無い針で釣られたのか、それとも釣った因子として針は存在するのか……

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20070616

2007-06-15

はてなセリフでの二次創作正当化できないか

コミケ2ちゃんねる、ときて「はてなセリフ」。この並びでどういう話になったんでしょうね。レビューが読みたいです。

国の「知的財産推進計画2007」もあって著作権の話題かまびすしい昨今ですけども、はてなセリフはもしかすると著作権や運営上の問題で煮詰まっているのでしょうか? ツールとしてはもう正式サービス化して良い完成度だと思います。それとも単に利用者が少ない?

早くはてなトップページからリンクして、アクセスを増やして、アドセンス広告を表示してはてなの収益にすれば良さそうなものです。広告収入が投稿ユーザーに分与されて、月間優秀作にはてなグッズがプレゼントされればさらに良いです。はてなガム欲しい。

YouTubeにアップしたはてなセリフについて、法律に詳しい人教えてはてなからの回答で現状で、はてなセリフ著作権の取り扱いについては、特に規約などで規定しておりません。とありますが、このへんの方針が未整理なのでしょうか。

だとしたら提案したいのですけども、はてなセリフ肖像権はともかく、著作者の不利益にはなりにくいサービスだと思うのです。キーワード記述みたいな影響力はないし、複製によって元ネタ漫画アニメコンテンツが売れなくなってしまう恐れもないでしょう。著作権に関してはあまり萎縮した規約にせずに、二次創作の土壌になって、一次に当たる作品にも利益が還元されるような運営にできないでしょうか。>g:hatena:id:hatelabo

今のところ新ジェネレーターを作る際には 著作権やその他権利を侵害する可能性のある画像公序良俗に反する画像は登録しないでください。と注意書きがありますが、これを規約にしてしまいますと、「権利を侵害する可能性のある画像」がアップされているのは規約違反ということになりますから処理にあたる必要が出て、スタッフの首を絞めるのではないかと思うのです。

つまり著作権を侵害する可能性のある画像はいくらでも見つかりますから、私がそれをはてなに連絡して「削除すべき」だと言うとします。「投稿者がきちんと著作者に許可を取っているかもしれないから、確認を取らないと削除できない。」と返事が来るとします。「それなら普通そう書くはずですよ。じゃあユーザーに連絡をとって許可を取ったか確認してください。」と言うとします。はてな言い訳しにくい局面でしょう。自分で非親告罪化してしまうことになるのです。

「権利を侵害する可能性のある画像」というくくりで禁止するのは上手い方法ではないと思います。はてなダイアリーキーワード編集画面他のホームページ辞書の内容をそのまま転載したり、有名人画像勝手に掲載するなど、他人の著作権肖像権を侵害する行為は決して行わないでください。と注意書きがありますが、こちらは「侵害する可能性がある行為」ではなく「侵害する行為」なので、著作権に関して第三者のクレームに対応せずにすむのではないでしょうか。本当にやってほしくない行為を具体的に注意書きしているのも良いです。

漫画映像メディアを使ったセリフの作成は、必ずしも権利保持者の不利益にならないはずです。ジェネレータに出典・著作者・公式ページへのリンクAmazonアソシエイトなどの元ネタ情報を付加できるようにしたり、セリフの下に元ネタ情報へのリンクを表示するなどして、元ネタを盛り上げる方策を取れないでしょうか。

その上で肖像権著作権は「侵害する行為」を規約で禁止して、はてなの判断で(例えば確実に侵害と受け取られる特定の有名人プロダクションなどに関するセリフを)無条件で削除もできるようにしておく。セリフ内容が問題になるケースなどのために、ヘルプからはてな情報削除ガイドラインへの分かりやすいリンクを張る。一方、はてなセリフのジェネレータ・セリフ作者が持つ著作者人格権等に関してはサービスの特性上、ある程度の権利不行使をお願いする。そういう方法でユーザーの自由をできるだけ制限せずに運営できないでしょうか。

ネット関係著作権問題はこの先の情勢もいろいろ気にする必要があるでしょうけども、リスクを恐れて安易にサービスを制約する運営ははてならしくないなーと思うのです。

追記:感想に応答

不利益にならなくても正当な事由として認定されうるかはわからない。個人が勝手にやってるんですよというエクスキューズが使いにくいかとはてなブックマーク - 煩悩ブックマーク / 2007年06月16日

個々のセリフサービスも第三者から正当だと認定される必要はないですよ。

まあご理解いただけてると思うのですが、著作権の問題では基本的に著作権者から文句を言われるまでは白ですから、ほとんどセリフは現状で白のはずなので自分で灰色に染めてしまう必要は無くて、黒は摘み取りながら面白い二次創作物を増やしていく運営の方が価値があるんじゃないかという主旨です。

追記

はてラボ日記からは誰も読みに来ないようなので、正規の手続きはてなアイデアでいってみます。はてなアイデア

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20070615

2007-06-08

はてなフォース」という思いつき

最近ブログ検索の結果みたいな文章を貼ってそのリンク先へかたっぱしからスパムトラックバックを送りつけてくるブログから、よくトラックバックが来ます。おま訳のほうに週に1個ぐらいですが、めんどくさーい!

相互リンクがやたらと多いブログからのトラックバックを受けつけない機能をはてなに要望しようかとも思ったのですが、トラックバックの瞬間には判定しにくそうだし、負荷も大きそうだし、まともなブログサイドバーなどに相互リンクがある所も多いですし、難しいかなぁとあきらめ気味。

トラックバックというシステムの脇が甘いにしても、度重なるとやっぱりスパムサイトを恨む気持ちがフツフツとこみあげてきます。こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・お・く・べ・き・か……!

というわけでダイアリートラックバック拒否ドメインもけっこうな数になってるんですけども、これははてなダイアリーしか守れないし、あんまりやっつけた感じがしない。もっとこう、そいつに邪悪」の烙印をドジュッと押しつけてやりたいという念にかられて止みません。(前置き終わり)

そこで考えたのですが、はてなスタッフライトサイド(善)と仮定して、彼らが信用できるユーザーフォース(力)を分け与え、与えられたユーザーはまた他のユーザーフォースをに分けていって、そのフォースを持つ者たちの評価(マイナス評価)を信頼して、色んな防衛策に利用したりウェブサービスとして公開するのはどうでしょう。

たぶんはてブみたいな活動になるので、はてブとの機能連携があると嬉しい。「フォース」を持っていると、はてブポップアップに「スパム」とか「信頼できる」みたいな防衛策用の特別なタグをつけることができて、その情報ブクマではなくて防衛用リストに記録されていく。

そしてとりあえずダイアリーグループトラックバック拒否に使われる。スパムメールはこの方法では効率悪そうなので、当面対策できるのはトラックバックスパムコメントスパム・検索スパムぐらいかと思います。

データを公開すれば外部のブログが利用したり、検索エンジンランクづけなどにも使えるかもしれません。ブラウザが対応すればセキュリティ警告みたいなことも考えられます。

スパム対策から発展して「そのサイト情報が信用に足るか」どうかなどを評価すれば、メディア評価などいろいろの応用が効いてさらに「フォース(勢力)」として面白い存在になると思います。運営が複雑になりそうですし、ちょっと詳しいイメージは湧いていませんけれども。

この手のユーザー評価は「だれの評価をどの程度信用するのか」という所が難関ですが、招待性みたいに人づてに権限を渡していけば簡単で実用的な気がします。

GooglePageRankよろしく、大本のはてなスタッフは強いフォースを持っていて、彼らの直接分与から遠くなるほどフォースは下がっていく。複数ユーザーから認められればその分フォースは高まる、という仕組み。スタッフが大本の手綱を握れますから、はてなダークサイドに陥らない限り、公益性のあるサービスを保ちやすそうです。

最初のうちは、単純にフォースを少しでも持っていれば信頼度MAXという形で機能するでしょう。そのうちサイトの評価が割れてしまったり、信頼すべきでないユーザーの手にフォースが渡ったりして、ユーザー同士によるユーザー評価が必要になってくると思います。そこで評価値のプラマイ収支をどう判断するか、フォースを分与するバランスをどうするか、昔より直近の評価を重く見るかといった、評価のメカニズムと設定が課題になるでしょう。

とりあえずスパムのほうをメインに、はてなアイデアに登録しました。

はてブで振り返る「著作権親告罪化」の話題

キーワード「親告罪」を含む注目エントリー(しきい値2users)より


(個人感想海賊版対策は業界保護ということで一オタクとして賛成。ただ著作権は権利の束著作権のひろばより)なので、丸ごと非親告罪化してしまうととんでもないことになるという主張にも賛成。今後実際に通過する案に注視ということで(普通のまとめ)。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20070608
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2007/06 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
画像置き場