別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2006-07-17

アメリカはてなが失敗したときのコメント準備

悪趣味記事。

世界的な視野を持った英語のでかい新サービスが作れなかったら

渋谷イマイチだったらシリコンバレーはもっとダメでもおかしくないですよね……。

海外で技術情報は間違いなく増えると思いますけど、世界に受ける新サービスが作れるかどうかとは別のことのような気もします。カラオケなんてきっと作られたとき世界のこと考えてないし。

最初の人力検索近藤さんがお父さんを見て思いついたんだから、シリコンバレー進出じゃなくて近藤さん実家に帰ればいいだけかもしれない。

だからこれはメーテルリンク青い鳥みたいに、旅の後で見つかるものかもしれないじゃないですかと、そういうことを言おう。

サイトがぜんぜん流行らなかったら

ユーザー数がどのくらい以下だと失敗なのか分かりませんけども、まあ5万として、そのへんの微妙なラインから5千人以下、しかも9割が日本ユーザーがとったアカウントという大失敗までを想定します。

ナイストライ」みたいなことはいっぱい言われると思うんですけどね、これは日本からグローバルスタンダードサービスを、という目標も挫折したことを意味しますね。ちょっと励ましの言葉が見つかりません。

うーん、成田に帰って来た寂しそうな近藤さんの顔が見えるようですね。そんな光景は見たくないなあ。

帰って来なければいいのか。「帰ってくるな!」と言うことにします。

そうするとあれか、他のスタッフアメリカに行けないのかな。アメリカ行く人と社長交代ならチャレンジ継続っぽくていいか。「社長交代!」にします。草野さんになったら面白いなあ(考えがそれました)。

相互リンク

断片部 - いつか作ります - はてな先行残念会

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20060717
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2006/07 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Error : RSSが取得できませんでした。 Error : RSSが取得できませんでした。
画像置き場