別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2006-03-29

対話の場がない問題

naoyaグループ - naoyaの日記 - あんまり関係ないけど

これも反応しちゃいます。「総表現社会恐怖だよ問題」と「コメント欄諸刃の剣だよ問題」と「各論に分けようよ提案」と「ほんとに大株主なら納得するんかい問題」は割愛。

まず対話の場が無いという環境の不足があるんじゃないでしょうか。みんなビンボが悪いんや。

もしコメント突撃株主が、株主である理由で(正しい情報かもしれない)反論をもらえなければ、株主にとっても損失になります。しかしスタッフは株主の価値観情報の正しさにあるのかどうか分からない、対外的に反論のやりとりを見せにくい、といった対話の準備の不足がある。「ソファーのある奥の部屋」と「説明に適したスタッフ」といったリッチな条件が必要になる。

一連のクリエイター立場から言いたいことも「批判されるならもっと良く聞きたい」「対話をしたい」という要素が強いように聞こえます。

一方、レビュワーは必ずしも対話をしたいとは思っていないし、その機会も想定していない。

というわけでウェブ上で両者が対等な意見交換を成立させるのは難しそうですが……例えば「スタッフからの反論歓迎・メンツも気にしませんユーザー」というユーザー登録をもうけてですね、そうじゃない人からのコメントクラス分けしといて文字色を#ccccccぐらいに薄めちゃうとか。ないか。

対話したいクリエイターは、対話の可能性を多く持つユーザーに自分の制作なりコンテンツなりに参与させられるようにできるといいんでしょうね。naoyaさんもユーザーに遠慮されて意見公開が鈍っていたらその分ユーザーにとって損失です。はてなアイデア却下コメントくれないとか。はてなアイデア却下コメントくれないとか。いやはてなアイデア却下コメントくれないとかいうことを言いたいんじゃないんです。ビンボが、ビンボが……

ちなみに現システムでのはてなアイデア却下コメントは「〜〜なので却下」という回答ではなく「〜〜ではないかと思うので却下」「〜〜になってしまうのではないでしょうか」と、疑問を伝える・疑問形にすると答えやすいのではないかと思います。反撃だと思ってしまうと書きにくいですし、別解をいつも用意するのは無理でしょうし、ユーザーも別解を考えやすいですし。

はてなスタッフの顔と名前

Riya - Photo Search

わー、これ正解なんですか。だとすればsecondlifeさんとaqlさんは初めてお顔とお名前が一致しました。逆になぜhideokiさんがロンゲの人だと分かっていたのか自分でも覚えてなかったり。

個人情報なので問題あれば消しますが、現在Who Is This?の奥がd:id:kossyさん(日記写真公開)。手前がd:id:danjouさんですね(消去法と他の古い写真で誰だか割れてしまう……し、お会いした)。

残るは4月づけで正式化とか?のkambaraさんだけです。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20060329
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2006/03 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
画像置き場