別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2006-02-08

集合知かどうかは問いによる

はてブの場合の「正解」が何であるかということは一概には言えないですが、恐らく「ネットにおいて今一番ホットな話題」ではないかと思います。

sta la sta - はてブのホットエントリは集合知とは無関係

集合知かどうかは、そこの設定で決まると思うんです。

はてなブックマーク人気エントリー(ホットエントリ)は、『次の3時間でもっともユーザーブックマークされるページ』を予測している

検証なしで申し訳なく*1、あと更新が3時間おきだったか定かでないですが、このような問題設定でしたら、集合知として機能するんじゃないでしょうか。あの人気エントリーの順序を3時間前のものだけを渡されて、同じ設問に答えようとしたらけっこう難しいと思います。

ここは「濃いめのはてな話」をする日記なのですが、ときどき人気エントリーまでは行くんですけども、トップページまではまず行かない。やはり一般性の壁は感じています。正確には「ヘビーユーザー受けが悪い」でも「一般受けが悪い」でもなくて「はてブユーザー受け」がもうひとつ、ということになりますけども。同じ理由ではてブネットにおいて今一番ホットな話題という設問に答える装置ではないのは、間違いないでしょう。

私「集合知(ここでは =集団知・群集知・The Wisdom of Crowds)」の言葉意味については詳しくないのですが、My Life Between Silicon Valley and Japan - Wisdom of crowdsの記事の参照先であるOn Off and Beyond: サーチ・独立・株式市場ー1H-Yamaguchi.net: The Wisdom of Crowdsの例は、明らかな判断を要求する設問に対して個々人が解答したものを集約して集合知としていますね。ここまで話を戻すと、この意味の「集合知」とは、たしかにはてブは関係がないと思います。ユーザーは正答すべき設問を与えられていませんから。

ただそこで話の発展として出て来るGoogleランク集合知的だ、というような意味でなら、GooglePageRank上位のサイトがますますランクを上げてしまう影響がなくはないでしょう。たしかに集合知の適切な条件から離れますが、はてブも上記のように“きわめて設問を限定すれば”、かなり集合知的だと言える情報を得られると思います。

梅田望夫さんははてブに関してはMy Life Between Silicon Valley and Japan - はてなブックマークは雑誌の目次だで、ブックマーク集合知として働き人気エントリーは「一般誌化」すると表現されていますね。

まあ、個々人が主題について判断しようとしていない行動を集めて集合知と呼んでしまうと、市場調査とどう違うのか線引きができそうもないという気もしますけれども。

(追記)集合知をキーワードにするとかえって分かりにくいよ話→mtx-solitaire - 新語発見日記 - 「集合知」

うーんキーワードにはまっていると。やっぱり「個々人の判断とサービスとして提供される判断が同じ方向の設問に答えるようになる動機づけ」があるものだけを集合知と呼ばないと、ただ集団から抽出した情報に「集合知」の冠をかぶせられるなあ。ここでは「広義には言えなくもない」と言う話を書いてしまいましたが、私自身狭義に使って行きたくなりました。

というわけで、狭義の集合知を言うときにH-Yamaguchi.net: The Wisdom of Crowdsの4つの適切な条件に加えて、「個人と集団が同じ問いに答えようとしている」かどうかを気をつけて行きたいと思います。

*1:「3時間後1位になる可能性順」とどっちがいいか悩みました。あの上下動のルールも完全にわからず

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20060208
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2006/02 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
画像置き場