別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2006-01-31

キーワード自動リンクの「最左最長優先」

はてなスタッフよりはてなダイアリーユーザーの方にお 聞きしま… - 人力検索はてな

関心のある人は意外と「困る」が多い。もしかすると「最左最短優先」と勘違いしている人も混じっているのではないだろうか(芹沢部長風)。

という例が出ているが(強調sugio)、

であることが、うまく伝わっていない可能性はないか(宣伝:たほいや倶楽部嘘募集今日まで)。

まあ [はてな の問題だけでも反対に投じる価値はあるかも知れませんけども(文体もどる)。こういうケースはそんなに多くはなくて、リンクスコアが効くならば、影響は少ないはずです。

あるのは例えば「〜のだめんず・うぉーかー」という文章が「のだめ」に「最左最長一致」して「〜のだめんず・うぉーかー」になる。そういう場合。

「〜なますだおかだ」という文章が「なます」に「最左最長一致」して「〜なますだおかだ」になる。そういう場合。

ますだおかだファンが「なます」を憎む、という事態が生じかねなくてそういう意味では新たな問題を産むでしょうけれど、リンクスコアが効けば「なます」のリンクスコアを落とすことである程度対処可能になります。

もし効かなければ……不幸な関係のキーワードが多く生まれるでしょう。あと他のキーワード自動リンクを阻害できるということですから、今のキーワードの登録ルールなら、ルール内でそうとう暴れることができるはずです。というわけでその回答に注目してます。


(追記)個人的には「最左」より「最前」じゃないかしらというのはあり。左右は「右に同じ」のように縦書きのときに言える方向では。横書きでは途中で改行したら左でなくなるので。

携帯ユーザーはてブに押し寄せない理由は?

(追記)あ! ブックマークからの更新ができないのか。そりゃだめだ、この案無理でしたすみません。まあできるようになったらの話でご覧ください

問題は、このPC版とケータイ版の違いではない。PC版しか知らない人、ケータイ版しか知らない人たちが、まったく違和感なく、同じようにコミュニケーションできているという事実重要なのだ。

PCしか使わない人は、誰もがみんな同じ画面を見ているように思うかもしれない。ケータイしか使わない人は、やはり誰もがみんな同じ画面を見ているように思うかもしれない。使っているものがまったく違うのに、実際のコミュニケーションにおいてはそれが障害となっていないというのが、mixiと他のソーシャル・ネットワーキングシステムとの最大の違いであるように思う。

mixiの大発展の裏にある「携帯ユーザー」を見逃すな [絵文録ことのは

mixi成功の要因を携帯版にあげる、思いっきりPCユーザーの私にも納得の記事。

こちらを読んで思い出したのははてなブックマークユーザーの方にアンケートです。はてなブックマークは携帯電話でも閲覧できますが、利用したことがありますか? アンケートです。

はてなは基本的にユーザーに公開コンテンツを作らせてなんぼなので、プライベートブクマSNS的に結びあうという方向は無しだと思いますが、「お気に入り」機能を駆使すれば、今のままでも本来は携帯でも楽しめそうな気がします。気の効いた話題探しに爆発的に流行っても良さそう。

あまりヒットしてないという前提で話しますが、それをはばんでいるものは、「文化圏の違うPCユーザーと合体させられた注目エントリー・人気エントリー」なのかもしれません。

携帯オンリーの人がはてブ携帯版トップを見ても、面白い記事に当たれる気はしません。携帯版で検索が使えなければまずここを順繰りに見るのでしょうが、はてブに対する期待値は下がりまくりで終わっちゃったりするんじゃないでしょうか。

携帯版だけの人気エントリーPC版だけの人気エントリー、合わせた結果というページに分けられれば、携帯文化圏の人もSBSの威力を実感できるのではないかなーと。まあすでに色々お考えでしょうけども。あとヒットしてないみたいな決めつけですみません。>g:hatena:id:hatenabookmark

(追記)携帯からの更新、ダイアリーで出来てブクマでできないはずはないと思うのですが、もしかすると「文化圏形成のために」後回しになっているのでしょうかね。ちょっともったいない気もします。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20060131
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2006/01 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Error : RSSが取得できませんでした。 Error : RSSが取得できませんでした。
画像置き場