別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2006-01-09議論ツールの使い方 - 「討論」の設定

討論のやり方

討論イメージ。肯定側と否定側の意見ツリーがあり、交互に質問と回答がされている。

討論は立論の数、字数制限や採決方法などのルールを詳細に決めて行います。その他システムに無い独特なルールは明文化して行えば良いでしょう。

議長が最初に作成した(内容は空の)立論エントリーがあり、他に議題エントリー直下に回答エントリーを作成することは出来ません。討論をする参加者は、所属したい立論エントリーに入って所属登録をします。自分が所属する立論に質問することはできません。

そこでお互いに質疑応答して、討論を進めていきます。

1チームが複数人数のときは、みんなで書いたものが仮保存された意見エントリーを、ひとりのユーザーが代表して編集し、本登録します。

審判は特定のユーザーやグループメンバーによる票決が選べます。はてなならアンケートはてなを利用できます。できるんだってば。ただ基本的には勝敗理由を言える特定ユーザーによる審判が良いでしょう。


あ、あと討論では「指摘」機能がありません。討論は相手より審判を納得させれば良いという勝負なので、相手の論の欠陥を突くのは勝負手のひとつ。本文で展開すべき内容です。討論で「議論が建設的かどうか」は、二の次になります。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20060109
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2006/01 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Error : RSSが取得できませんでした。 Error : RSSが取得できませんでした。
画像置き場