別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-12-14

このミーティングの実装案の感想

意味が分らないところもありますけど、多分かなり好みの方向です。実際どの程度アイデアをしぼりこめるか、レビュー数が要望の大小を反映するかといったことが、始まらないと見えないですけども。

最初の投票は1000ポイント上限のイメージですかね。投票者数がアイデアの一般性を見るのに役立つと思うので、株式システムが無いのなら1000ポイント上限プラス、ひとり10ポイントずつ出資できるのがいいんじゃないかとも。

花をつけるだけじゃなくてレビューをするのは情報伝達増進でいいと思うのですけど、レビュワーのレビューの質はどうでもいいのか、なんか制限をつけていく必要があるのか、ないのか。あとひとりのレビュワーのレビュー数の制限は必要ないのか、あるのか、気になる所。

登録権や賛同権を制限するものはなにかしら必要だと思います。それが「アイデアポイント」の場合の話ですが、「レビュワー資格」がアイデアポイントで得られるようにしてしまうと、複数アカウント内のやりとりで不正ができますから、初期にもらえちゃうアイデアポイントじゃなくて、はてなによる実装と払い戻しの機会に得られるなんらかの得点だけによってレビュワー資格が与えられるべきじゃないかと思います。ポイントやりとりできないのもありだと思うけど破産救済の話とか出て来るでしょうから。

一応トラックバック。 >g:hatena:id:hatenaidea

yukattiyukatti2005/12/14 11:35書き起こし、昨晩から今朝がたで確認して手直ししてる部分があります(***のとこを聞きとって埋めたりしてます)。もし構わなければそちらの新しいのに差し替えてみられたほうがわかりやすい箇所があるかと。

sugiosugio2005/12/15 07:44どうもありがとうございます。ぜんぶじゃないかもしれませんが、**なところは更新いたしました。

 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2005/12 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
画像置き場