別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-11-28

ハテナ様がみてる

まあたいした話ではございません。絶対スタッフが読んでいると思うけど、スタッフブクマがない記事ってありますよね。最近で言うとエントリーページからブックマークへのリンク先の変更についてのときの

とか。はてなスタッフがこれをブクマせず、情報共有していないほうが不自然。でもスタッフユーザーによる「はてな話」をブクマする比率はサービス当初より減っている感じです。

想像の域を出ませんが、スタッフ名のアカウントブクマするのは積極的に「見ました」と言いたいときや、自分をお気に入りに入れているユーザーにも広めたいときに限っているんじゃないでしょうか。それ以外の、「ブックマークすると賛同してるみたいにとられちゃうかも……」といった記事はサブアカウントプライベートブクマで記録。それをお気に入り登録しあって共有というのが普通かな。プライベートブックマークRSSを吐かないので。

http://r.hatena.ne.jp/hatenatest/あたりにいろんなタグや検索語のRSSを登録してチェックしているようなこともありそうですね。アンテナと違ってプライベートRSSリーダー被登録数が分からないし、特定のユーザー日記が直接登録されている可能性もありますが、はてなは広い情報源からのピックアップを好む気がするので、まあ普通よりすごいやり方があるのかも知れませんが、TechnoratiタグRSSとか、gooブログ検索結果のRSSを見ているほうがありそうな気がします。(ああでもひとつのRSSリーダーをみんなで使うと規約違反ですね。はてなリングプライベートで使えなかったと思うし、RSSリーダーの複数ユーザー編集許可っていうのは需要あるかも)

そんなわけで、はてなアイデアにも出ていないあなたの意見が妙に反映された気がしたら、それは偶然ではないかもしれません。ハテナ様はいつもはてな話を見守ってくださいます。アク解等で情報をつかんでしまった方の懺悔はこちらで受付中です。

追記:スタッフはてなブクマは減ったか

はてな話をクリップする頻度はそれ程落ちているとは思えない煩悩是道場 - はてなスタッフがはてな話を?Bしないのは「不自然」かというご指摘をいただきまして、不十分かもしれませんがスタッフブクマを数えました。資料補強してくださる方がいらっしゃればもちろん歓迎。

労力の問題で近藤さんの全部と伊藤さんの一部だけです。はてなに対する批判や注文的な意見ブクマするのはこのお二方、特に近藤さんが多く、伊藤さんはクリップ総数が多いため選びました。しかし多い上に日付別表示で数えにくいのでとりあえず2月と11月だけ。

という基準ではてなブックマークを選別しました。数え間違いは、すみません、あるかもしれません。数字ははてな/ブクマはてな話率)です。はてなの1年を振り返る作業となりましたので出来事も参考に。

jkondonaoyaできごと
1月----1/14 フォトライフ正式リリース
2月50/129(38%)30/236(12%)2/11ブックマーク開始、2/14 ダイアリー編集画面リニューアル
3月30/120(25%)--3/2「このエントリーを含むブックマーク」開始
4月5/41(12%)--4/28 アイデア開始
5月40/135(29%)--5/9 RSS開始
6月51/169(30%)--6/9 アイデア市場化
7月21/91(23%)--7/7 マップ開始、7/28 グラフ開始
8月36/93(38%)--8/9 はてブ投げ銭機能、8/11 総選挙はてな開始
9月16/64(25%)--9/28 トップページロゴマークリニューアル
10月12/74(16%)--10/13 新ダイアリーヘルプ公開 10/18 週刊はてな塾創刊
11月4/29(13%)7/251(2.7%)11/7リング開始、11/11カウンターバージョンアップ

ええと、はてな話をクリップする頻度は減少傾向に出ました。パーセンテージも下げ気味です。

しかし辛い事に、これだけで「プライベートブクマがある」とまでは到底断言できません。もっと調べて他のスタッフと足並みのそろった数字の変化(みんな7月過ぎから減るとか)でもないと。「単に忙しくてブクマできなかった」→「ブクマ数が少ないといつもアンテナを張ってる自分の趣味に偏る」→「はてな話をブクマする割合が減る」、だけで納得できそうです。

はてな話をブクマする比率が下がっているか」は、世の「はてな話」の総数が分からないので調べようがないことを言ってしまいましたが、世の「はてな話」は減っていないとすれば、はてな話がスタッフブクマされる可能性は下がっているという結果になりそうです。スタッフが増加してますけど。

ということで、はてなブクマが減っているというのはある程度数字に出そうで、例の記事がブクマされないことに私が持った不自然だと言う印象は、飛躍の度合いはあれ、それなりの経験に則しているということはご納得いただけますでしょうか?

それ以上は、結局スタッフに聞かない限り、飛躍した推論でしかありません。そんなことがありそうだという憶測で述べていることを強調させてください。> d:id:ululunさん

はてなアイデアの世評で

ブログ検索と言えば、私はよく「はてなアイデア」をチェックしてます。

ここをご覧の方はご存知の通り、私ははてなアイデア株式市場としては機能していないので、そのガワは外してしまえという意見です(8/28 集合知の無駄づかい11/24 正式化に向けてらへん)。

最近検討中になったアイデアのほとんどは、要望中アイデア株価順の中で高い価格とは言えません。はてな予測市場で予測結果である「株価」はあんまり使ってなくて、どういう基準かよくわからなくなっています。

ただ、それは私が望んでいた方向で、株の価格でミーティング議題を選んでいたときより、今の方が一般性があっていいかんじの議題が選ばれていると思います。はてなアイデアを機能させているのは

  1. ユーザーに「要望」を「アイデア」と言い換えさせる逆転の発想
  2. 発言権をポイント制で有限に
  3. ポイント却下と配当で動かすギャンブルの仕組み

であって、まあそれを一言で表す言葉がないんだと思いますけども、ユーザー間の売り買いが価値を決めて行くいわゆる予測市場とは違うだろうと思い続けています。株式の市場はそもそも無用と思います、というお話も再三で恐縮です。

しかし、はてな広報的には前からずっと、はてなアイデアは「予測市場」の仕組みで運営しているという形になってます。CNET Japan Blog - 近藤淳也の新ネットコミュニティ論:予測市場で会社の行方を占うとか。

予測市場というものがあって、はてなはそれをはてなアイデアに取り入れていて、それなりに結果を出しながら試行していますという出来上がったパターン。きっと「予測市場」のほうに思い入れがあって、“いわゆる予測市場”だった「総選挙はてな」が終わった今、それを導入している現行サービスは「はてなアイデア」しかないわけですから、そういう語りになってしまうのだろうと思います。

まあでも「予測市場でうまくいっている」とまで言うと嘘だと思いますが、そーんなに害がある事でもないですし、実際システムとしては存在するし、予測市場の定義も微妙だし、目くじらを立てるほどの事とは思いません。この件ではだいぶ時間を費やして書き切ったので、私も醒めていたくなります。

そんな昨今なのですが、ブログ検索で「はてなアイデア」を検索しているとですね、同じ話がゾロゾロ出て来るんですよ。感化された人の。

近藤さんの記事や講演を見て」「予測市場」「はてなアイデア」「よくわかんないけど」「株価で」「面白い」















もうっ イラッ、イラッ、イラッ、イラッッ……!!

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20051128
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2005/11 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
画像置き場