別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-08-28集合知の無駄づかい(はてなアイデア考察)

評価額100倍までに変わって

元々、はてなアイデアの市場システムは、いわゆる予測市場じゃありません。それが良いか悪いかはひとまず置いておいて。

『実はユーザーには見えていないが、影で優れた予測能力が働いている』というようなことも、まあおそらくないでしょう。8/4ミーティングで「評価額5000のアイデアだらけ」の状態が問題となりまして、「最近30分間に行われた取引の総ポイント数 / 総株式数」という算出方法*が試されたものの売買が少ないために横並びになってしまい、すぐに元の方式に変更*1。その後価格上限を5.00ptから100.00ptへ変更*という応急処置がなされています。これが、いわゆる集合知が働きにくい方向への変更であることは、スタッフがよくご存知でしょう。

市場としての問題、例えば儲けを狙う場合、買う価値のあるアイデアはほとんど*ないという配当問題や、様々な予測市場としての不具合*も挙げられていますが、ここでは「集合知でない」というポイントに絞っていきます。

現在の方式は最後の最後のところで「個人の強い推し」が、はてなアイデアミーティングにかけられるかどうかに強く影響します。予測市場の予測結果であるはずの評価額が、大目的である結果(実装と配当)に結びつくリーチ確率を左右するため、予測値が予測値でなくなってしまうのです。

「強い推し」は「破格の高値で買い注文を出す」だけで良いのでだれでもできるのですが、ほとんど常連ユーザーが占めています。価格上限が5ptから100ptへ変更した後はこの傾向がさらに顕著になりました。今までよりハイリスクになったので相場の高いギャンブルのように、しばらくすると渡りきれる人と渡りきれない人がハッキリ分かれてくると思います。(ざわ・・・ざわ・・・)

ちなみにつり上がった評価額を下げて取引をする動機はユーザー側にほとんどありません。だいたい上がりっぱなし。

*1(追記)この仕様になったという経緯は私の勘違いかもしれません。http://beta.g.hatena.ne.jp/yukatti/20050830でご指摘頂きました。

 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2005/08 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
画像置き場