別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-08-28集合知の無駄づかい(はてなアイデア考察)

はてなの視点に立つ」現システムでの集合知の無駄づかい

というわけで現状のシステム長所があるのですが、これのために「株式市場」まではいらないかもしれません。「ベット」と「交換」と「配当」で説明できるゲームです。

はてなアイデア予測市場だからユーザーがはてなの視点に立つ*と言う面がありますが、ある程度は株式システムの導入以前から実現できていたと思います。「却下されるとベットしたアイデアポイントを失う」という画期的なゲーム性によって。

たしかに株式市場システムの導入後は「評価額吊り上げ」の要素が出て来たために投資額が増え、却下時のリスクがより高まったために、さらに「はてなの視点に立つ」という効果が現れています。

でも『タダでフォトライフの容量増やして』のような要望は、はてなアイデアではもともと無視できるほど数が少なかったわけで、却下リスクの増大はむしろ弊害を多く生んでいると感じます。

一般性の軽視

ひとつはユーザーが「ユーザーが強く多く望む要望」ではなく、とにかく「アイデアミーティングで通りそうなアイデア」に投資する、というバイアスです。はてなが本質的に不得意なのは「要望の一般性の見定め」ですから、そこはミーティングで一番ごまかしが効く所です。

「今までの機能を組み合わせたいかにもありそうな新機能」なら投資対象になりますが、「需要が多そうではてなにも作れそうだけど、本当の本当にできるかは確信が持てない新機能」では投資にはならず、思い入れの強い個人が吊り上げることになります(すると集合知ではない)。

本来はてなが苦手とする「要望の一般性」を教えてくれるはずのユーザーに、それを軽視させるバイアスがかかっているわけですから、これはガス抜きかさじ加減が必要です。

はてなの事情を考えるムダ

そしてはてなのほうがよっぽど得意な「はてなの事情」を予想します。上に挙げた20の「吊り上げアイデア」のうち、却下は2つ。実に9割、はてなの反応を読み切っているわけですが、ここまでになるには相当精通していないと無理だと思います。そして、それはそんなに素晴らしいことでしょうか?

どんな議題でも柔軟に対応できる「ミーティング」をわざわざ開いているわけです。9割の議案が通過するミーティングが良いミーティングなのでしょうか。

それが自分らしいと思ったネタを握る寿司屋がいて、ときどき客が本当にそれを食べたいのか疑っている。客はその寿司屋が次に握るネタを当てようとする。*。なにか不合理な作業ではないでしょうか。客の思考が無駄です。

 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2005/08 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Error : RSSが取得できませんでした。 Error : RSSが取得できませんでした。
画像置き場