別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-07-27

ネタ要素だけのアイデアはミーティングまで行かない

ときどきはてなアイデアミーティングで「これはネタアイデア)やろ」という発言があるのですが、ネタノリだけではなかなか1000以上までいかないもんです。ユーザー数で支持はあっても、やっぱりポイントは大事ですからベットが伸びないわけです。

アイデアで「細かいツッコミ的要望が多い」という傾向は顕著だと思いますが、だいたい保守的な要望が上がるようにできていて、遊び要素の多いものほど評価額を伸ばすのが難しいように、ちゃんとなってます。「おもろい」という要素自体は、アイデアをミーティングに持っていく決定力になりえない。

例えば……元々はgaryoさんのネタ的なアイデアはてなアイデア - 「この実装はグッドジョブ」ボタンも、一部ユーザー(私)のマジ押し(829ポイント&5倍の買い注文)がなければ評価5000にはならなかったでしょう(マジ理由は→idea:4218)。

はてなアイデア - http://moon.google.com/ はてなマップも月面対応idea:4092的な期待が、http://moon.google.com/で現実味を帯びた勢いがあったでしょう。

ネタっぽいアイデアでも、期待を含んで押しているユーザーや、これは実装されそうだという読みなど、ネタ以上のなにかがなければ、評価されてミーティングにのることは今の所ほとんど不可能だと感じています。

よ。>g:hatena:id:hatenaidea

id:facet:20050722さん(はてなカテゴリ構想)へのお返事

まだ展開される途中かもしれませんが、とりあえずお返事へのお返事的な所で。

はてなカテゴリ構想とSNSは全く別物

キーワードに対するタグづけが元とわかりました、ご説明ありがとうございます。はてなブックマークプライベートモードで使っています。

キーワードとグループとカテゴリとの関係

ダイアリーキーワードを独立化させたものと、グローバル化したグループキーワードとはキーワードとグループの連携の仕方さえ工夫すれば、同じものとして運用できるのでは

そうですね、私がイメージしている両者は同じものです。

ひとつのキーワード空間があって、各キーワードkid)に「ダイアリーキーワード」「フォトライフキーワード」「○○グループキーワード」などの属性がついて、それを各サービスの利用者が編集するという、はてなならこうするんじゃないかなー、どうかなー、というものです。

なのでそこに、サービス名以外にもタグづけ的にカテゴライズがなされていくというのは、すぐイメージできました。

最初「日記見出しカテゴリーをその記事中のキーワードに対するタグとして付与していく」という案だと誤解してしまったのですが、それはそれでそういう自動的なのもできたら面白いかも。はてなブックマークキーワードの抽出とタグづけを同じエントリに対して行っているので、自動で関連づけできそうな気が(作り方はビタイチわからないけど)します。粗すぎるかな。

しかしこの、キーワードによる「抽出」とカテゴリによる「分類」による網の目……。抽出を分類して分類から抽出……を想像するとクラクラしてきまして、なにを考えていたのかわからなくなること度々です。

やはりカテゴリのメリット関係のお話をお待ちしたいと思います。ではでは(私信風)

gadaraorgさんの構想

『はてなカテゴリ構想』から『hatena1.5』へ

これも大きいですね!話が!

  • はてな全体を見通せるような機能(ポータル構想)
  • サービス間の連帯によって、創造的な環境を作り出すこと
  • 大量の情報から必要なものだけを得られるシステム

うわあ、『カテゴリ的なもの』もそのうちの二軸になるんですね。

ポータルはまた「Hatena ID Auto-Discovery」なんかで外でも意味があって……みたいな?……もう……はてな補完計画に補完されちゃう……みたいな…………(頭冷やし中)

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050727
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2005/07 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Error : RSSが取得できませんでした。
画像置き場