別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-07-30

はてなアイデアの整理法を考えてみっか。(考えメモ)

もっと頭のいい人の考えに任せたほうがいい気もするけど。

Folksonomyの行方 - jkondoのはてなブログに触発されてます。

アイデア整理の目的・目標

思いつくまま。

  1. 見通し改善
    • 重複予防。
    • 重複チェックをしやすく。
    • 重要アイデア選別
    • 不活性アイデアの掘り起こし。
    • 風化アイデアの発見。
    • 配当等、スタッフの処理し忘れ予防
    • バグと不具合報告をみつけやすくする
  2. 「問題点を挙げているアイデア」と「解決策を挙げているアイデア」の整理。ひとつの問題に対する解決策アイデアの評価値をまとめ、「問題の重さ」を量れるようにする。
  3. 整理による思いつきの活性化・議論的発展の促進
  4. カテゴライズすることで、なんの要望か伝わりやすくなる

大まかな整理法

すでにサービスごとのカテゴリーに分かれていて、これはたいへん機能している。それ以上は現在のところ「検索」で探すのと、個々のアイデアが「関連アイデア」で関連づけられているというもの。

タグ

アイデアは文章が85文字以下なのでタグをつけていったほうがいいという考え方。アイデアはあまり小さなカテゴリーひとつには、おさまらないことも多そう。

でも全体の見通しはつかない。

キーワード抽出

アイデアは文章が85文字以下といってもコンパクトに必要な単語がまとまっているので、キーワード抽出してもそれなりの効果があるかもしれない。

でも「含む日記」のような新着情報を探すの向き。

ツリー

現在のカテゴリーの細分化して、ユーザーの操作で1個1個をアイデアを分類する。一覧性が良くなる。

関連づけ

nobodyさんやgaryoさんがidea:4367のようにやっている関連づけのためのメタアイデアが面白いんですよね。「整理用アイデア」というか。タグの役割でありながら、実装済みにできるという。

ツリー&整理用アイデア

続きを読む

検索&タグアイデア

すでに検索機能があるので、検索結果のページが見やすければ全体のツリーはいらないと考えてみる。

検索結果の不満は、用語を外しているアイデアが検索できないことだ。例えば「asinページ」の存在を知っていても名前を知らない人は多いし、「注目の商品」「ISBN/ASIN画面」などの表記揺れもある。公式の文章内でもよくある。これがガチっと出るためには、1個1個にタグをつけていくか、ちゃんと検索語対策がしてあるアイデアの子にするなど関連づける必要がある。

もうひとつは、検索語が「キーワード」ぐらいしか思いつかないときに、検索結果がすごい数になってしまうことだ。これは用語以外にうまい検索語を与えてやる必要があるのかもしれない。

例えばトップページで「asin」で検索したとき、どんな検索結果なら見通しが良いか。

該当アイデアと、その上位の整理用アイデアが出るほうがまとまりは良さそう。ちょっと見栄えいじりにくいので見にくいけど、とりあえず以下のような構造で。違うツリーに関連アイデアがある場合の表示はとりあえずトラックバックアイコンで代用。

表示されるのは「asin」を含むアイデアと整理用アイデア、そのアイデアの上位に整理用アイデアがあれば、整理用アイデアは「asin」を含まなくても表示する。整理用アイデアがなければそのまま。サービス別の画面で検索した場合は、そのサービスのアイデアとその整理用アイデアだけを表示。表示準は「asin」を含むアイデアの中で評価値合計の多い順とか。

んー、「検索語」ってタグと同じインプット労力が必要なのに勿体ないな。「タグ&親子関係」で練り直そう。

タグ&親子関係

練れてきました。

すでにあるアイデアを探す時には「(検索語としても働く)タグ」が有効。[障害][不具合][再発][antennaモジュール][実装済みでは?][重複?]などといった用法が考えられ、同じパターンの要望を関連づけることが得意。またアイデアを補足するような語や用語の表記揺れを付加して検索対策のメタデータにできる。

議論の周辺を見渡したいときに有効なのは「関係」情報が有効。複数のアイデアがあるひとつの問題に関係するとか、どの解決策がもっとも支持を集めているかとか、あちらが立てばこちらが立たずとか、そういうの。これをタグだけでやろうとすると[〜で〜が〜の問題]というような結局アイデアのような長さのタグになったり、子孫を見渡しにくい、もしくは子孫すべてにタグをつけていくことになってしまう。それならアイデア自体をメタデータとしちゃえば良いし、実装時はその作業をしてくれた人にアイデアポイントが贈られるほうが良い。

さらに、親子関係のあるアイデアのタグは共有として検索結果に反映すれば、すべてのアイデアに検索用のタグをつけていく手間が省ける。

また今よく使われているタグを表示して関心の高い問題を見たり、子アイデアの評価額をまとめて親アイデアとなっている問題の関心度を計ったりということも可能かもしれない。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050730

2005-07-28

アイデアの異議申立て

掲示板がつくのかあ。アイデアユーザーに専用日記を与えてアイデアページに異議申立てトラックバック(異議申立てトラバURL)→新着申立てをリストアップとかしたほうが管理が楽なんじゃないかなぁ。→idea:4434

ベット者(私)からのアイデアの異議申立て

id:sugioです。いつもお世話になっております。

今日のアイデアミーティングで検討され却下になったidea:3554『はてなアイデア - タグの一覧表示と同様に、キーワードを一覧表示する機能が欲しい。両者を分けて表示する/混ぜて表示するは選択式に。キーワードシステムを活かし、できるだけ自動化したいのです。』ですが、実装済みだと思います。

これは「できるだけ自動化したいのです。」とあるように、ブックマーク時のタグ入力支援の話のはずです。このアイデアは「タグの入力支援機能」が追加された7/5以前の登録であり、この時点でタグ入力支援にキーワードをタグの一覧と同様に表示してタグとできるように要望したアイデアは他になく、実装済みとなるべきアイデアだったと思います。

コメントでは「これは実装済みっぽい」「細かい所はいいですよ」というような意見が交わされているわけでしょう。評価の再検討をおねがいいたします。

という異議申立てを質問箱に送りました。sasadaさんはどうしているかしら。

(↑追記)この申立ては私の主張というだけで、登録者ご本人に確認もしてませんし勘違いかもしれません。この頃はもうタグ入力支援の要望がいろいろ出て大きくなっていたのでその流れかと思っていたのですが。(登録者さんに質問とかしちゃったほうがいいものなのかな。お任せすればいいのか。でもでも)

(↓追々記)

さきほど問合せしたidea:3554の件ですが、アイデア登録者の異議申立てでないと、処理しにくい問題ではないかと思い直しました。

判断がつきにくい場合、アイデア登録者の方から異議申立てがなければ無視してくださいませ。お手数おかけいたします。

結局追伸。どういう手順が良かったのか今もよくわからない。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050728

2005-07-27

ネタ要素だけのアイデアはミーティングまで行かない

ときどきはてなアイデアミーティングで「これはネタアイデア)やろ」という発言があるのですが、ネタノリだけではなかなか1000以上までいかないもんです。ユーザー数で支持はあっても、やっぱりポイントは大事ですからベットが伸びないわけです。

アイデアで「細かいツッコミ的要望が多い」という傾向は顕著だと思いますが、だいたい保守的な要望が上がるようにできていて、遊び要素の多いものほど評価額を伸ばすのが難しいように、ちゃんとなってます。「おもろい」という要素自体は、アイデアをミーティングに持っていく決定力になりえない。

例えば……元々はgaryoさんのネタ的なアイデアはてなアイデアも、一部ユーザー(私)のマジ押し(829ポイント&5倍の買い注文)がなければ評価5000にはならなかったでしょう(マジ理由は→idea:4218)。

はてなアイデアidea:4092的な期待が、http://moon.google.com/で現実味を帯びた勢いがあったでしょう。

ネタっぽいアイデアでも、期待を含んで押しているユーザーや、これは実装されそうだという読みなど、ネタ以上のなにかがなければ、評価されてミーティングにのることは今の所ほとんど不可能だと感じています。

よ。>g:hatena:id:hatenaidea

id:facet:20050722さん(はてなカテゴリ構想)へのお返事

まだ展開される途中かもしれませんが、とりあえずお返事へのお返事的な所で。

はてなカテゴリ構想とSNSは全く別物

キーワードに対するタグづけが元とわかりました、ご説明ありがとうございます。はてなブックマークプライベートモードで使っています。

キーワードとグループとカテゴリとの関係

ダイアリーキーワードを独立化させたものと、グローバル化したグループキーワードとはキーワードとグループの連携の仕方さえ工夫すれば、同じものとして運用できるのでは

そうですね、私がイメージしている両者は同じものです。

ひとつのキーワード空間があって、各キーワードkid)に「ダイアリーキーワード」「フォトライフキーワード」「○○グループキーワード」などの属性がついて、それを各サービスの利用者が編集するという、はてなならこうするんじゃないかなー、どうかなー、というものです。

なのでそこに、サービス名以外にもタグづけ的にカテゴライズがなされていくというのは、すぐイメージできました。

最初「日記見出しカテゴリーをその記事中のキーワードに対するタグとして付与していく」という案だと誤解してしまったのですが、それはそれでそういう自動的なのもできたら面白いかも。はてなブックマークキーワードの抽出とタグづけを同じエントリに対して行っているので、自動で関連づけできそうな気が(作り方はビタイチわからないけど)します。粗すぎるかな。

しかしこの、キーワードによる「抽出」とカテゴリによる「分類」による網の目……。抽出を分類して分類から抽出……を想像するとクラクラしてきまして、なにを考えていたのかわからなくなること度々です。

やはりカテゴリのメリット関係のお話をお待ちしたいと思います。ではでは(私信風)

gadaraorgさんの構想

『はてなカテゴリ構想』から『hatena1.5』へ

これも大きいですね!話が!

  • はてな全体を見通せるような機能(ポータル構想)
  • サービス間の連帯によって、創造的な環境を作り出すこと
  • 大量の情報から必要なものだけを得られるシステム

うわあ、『カテゴリ的なもの』もそのうちの二軸になるんですね。

ポータルはまた「Hatena ID Auto-Discovery」なんかで外でも意味があって……みたいな?……もう……はてな補完計画に補完されちゃう……みたいな…………(頭冷やし中)

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050727

2005-07-06「カテゴリ的なもの」のサービス化について

d:id:facetさんのhttp://d.hatena.ne.jp/facet/20050629に始まる「はてなカテゴリ」構想について、d:id:sugioトラックバック頂いた時から反応させて頂きたいとは思っていたのですが、なかなかまとまりませんで。

その構想に触発された現時点の断片的な感想や思いつきというかんじになってしまいそうです。理解度が低い部分も多々あるかと思います……。

自分に適用するようなタイプの運用はよく分からない(私が)

カテゴリ的なもの」サービス案ですが、まず自分自身になにかラベリングしたり、どこかの集団なり空間なりシステムなりに帰属させるようなタイプの使い方の話になってしまうと、私どうもついていけません。SNSに参加したことがないことと関係するかも。

mutronixさんが以前(俺語グループ)運用のアイデアを書かれたときもピンときませんで、最近のモヒカン族キーワード界隈(=モヒカン族)などを見て「ははぁ。」というかんじなのですが、これからどう発展などという話になると2センチ先も見えないというかんじで、どうも適正がないようです。

考えていたキーワードサービスの独立化について

前々からキーワードサービス独立化は話題に上っていて、キーワードはてなダイアリー呪縛を解かれれば『今までのキーワード削除活動はなんだったんだ』っていうことになる可能性も高いわけでして、私としてはとても優先度の高い話なんじゃないかと思っていました。

私は有益性が低いという程度の理由で人が登録した情報サービス上から完全に削除できる今のキーワードシステムをとても悪趣味というか罪作りというか罰当たりな仕様だと思ってまして(言霊主義感覚&リソース勿体無い)、ユーザーの負担軽減にも繋がると思うのですが、元はそういうダイアリー運営改善的な提案からの発想です。

それではてな公聴会第2回で『キーワードの独立サービス化』が議題にもなった契機でidea:565で『賛成。』したり、派生的な案としてはてなアイデアのようなアイデアを登録してきました。

この『キーワードの独立サービス化』がどういうものかというのは、一応漠然とトップページがあってキーワードを検索すると各サービスキーワードページに行けて……みたいなイメージはありますが、あんまり固めてもしょうがないでしょうし実際まとめたものはないです。

グループキーワードグローバル化は、グループキーワードの見通しが劇的に良くならないと使えないと思いますし、ユーザー側でも動機が弱かったりちょっと難易度高かったりするかもなと思ってます。

カテゴリ的なもの」と「キーワード的なもの」

そこへ、「カテゴリ的なもの」の独立サービス化というお話だったので、ふーむうーむと唸ってしまいました。

自動抽出される「キーワード」は(keyword自体に索引語っていう意味もあったかと思いますが)「含む日記」のように新着記事の検索なんかには向いているけれど、例えばはてなブックマーク - キーワード「政治」を含むエントリー(人気順)では「何この順番」っていう結果になってしまったりして、取りだせる情報に得手不得手があるのは感じていました。

まとめ的なページを浮かび上がらせたいとき、(Googleのような仕組みもあるけど検索語をヒットさせなければいけない制約もあるので)やはりツリーなどでカテゴライズされているのは便利だし、そのためにも内容の文脈がどこに乗っているのか人間が判断してメタ情報をくっつけることは有益なのでしょう。

しかしカテゴリーもまた言葉(文字列)であるとしますと、最終的にキーワードまとめられるのではないかとも感じています。はてなサービスとしてイメージして、実際にはカテゴリ(的なもの)とキーワード(的なもの)が二層で連係していても、入口はひとつの方が良いのではないかと。

シソーラス展開について

カテゴリにしてもキーワードにしても、類語情報を付加したいという点ではfacetさんとまったく意見が一致していると思いました。

はてなアイデアで書きました通り「同意語」を含め類語情報はかなり役立つと思ってまして、まず「異表記同意語」が別ページになってしまう問題の解決になりますし、自分の興味ある言葉だけでも関連する言葉の情報活用(含む日記写真の同時表示)できれば便利ですし、各サービスに対して横断的に使えるだろう数値ですし、ユーザーによるキーワード同士の関連づけはけっこう進むんじゃないかと想像しています。

メタ情報をつける動機づけ・直接のメリット

自分語りでもないかぎり、なにかのコンテンツカテゴリータグのようなメタ情報をつけていく作業は、システム的な支援と同時にその動機づけが難しそうです。

とりあえず直接的なメリットがある場合でないと成り立たないというネックがあると思います。

メタ情報づけでメリットがありそうな場合(現……すでに行われている場合)を、サービスごとに挙げてみます。

サービスサービスレターメタ情報をつける機能直接的メリット
アンテナ(a)グループ機能(現)1.グループごとのページ表示
2.特定グループのantennaモジュール表示(d.g)
アンテナ(a)公開アンテナカテゴリー(現)1.自分のアンテナの紹介
2.アンテナジャンル別人気順
アンテナ(a)アンテナ(またはその中のグループ)に第三者がタグづけユーザーによる細かいジャンル分け・検索用語句追加に
アンテナ(a)どこかのサイトアンテナに登録することがラベリングといえばラベリング(現)基本機能
ブックマーク(b)タグ機能(現)1.自分のブックマークRSSフィードの整理
2.タグの共有によるなんちゃら(未実装)
ブックマーク(b)ブックマーク(またはその中のタグ)に第三者がタグづけユーザーによる細かいジャンル分け・検索用語句追加に
ブックマーク(b)どこかのページを自分のブックマークに登録することがラベリングといえばラベリング(現)基本機能
ブックマーク(b)他のブックマークを自分のお気に入りに登録することがラベリングといえばラベリング(現)お気に入りブクマの閲覧性向上
ダイアリー(d)日記見出しカテゴリー(現)日記の整理・閲覧性向上
ダイアリー(d)キーワードカテゴリー(現)1.キーワードリンクをカテゴリーごとにオフ
2.キーワードジャンル別閲覧用(キーワード数が多すぎてあまり意味無し・キーワードツリーの名残り)
ダイアリー(d)プロフィール機能(現)自己紹介定型はないけどメタ情報なので
ダイアリー(d)どこかのサイト・ページを自分の日記で言及することがラベリングといえばラベリング(現)
ダイアリー(d)キーワード設定(現)1.無用なキーワードリンクの削除
2.必要なグループキーワード自動リンク
ダイアリー(d)日記(またはその中の見出しカテゴリー)に第三者がタグづけユーザーによる細かいジャンル分け・検索用語句追加に
フォトライフ(f)写真タイトルつけ(現)1.写真の説明
2.検索用
フォトライフ(f)写真を自分のお気に入りに登録することがラベリングといえばラベリング(現)お気に入り写真の閲覧
フォトライフ(f)フォトライフに第三者がタグづけユーザーによる細かいジャンル分け・検索用語句追加に
グループ(g)日記見出しカテゴリー(現)日記の整理・閲覧性向上
グループ(g)グループのaboutページ(現)自己紹介定型はないけどメタ情報なので
グループ(g)どこかのグループで日記を書くことが日記に対するラベリング(現)
グループ(g)キーワード設定(現)必要なグループキーワード自動リンク
RSS(r)グループ機能(現)1.グループごとのページ表示
2.特定グループのRSSフィード出力
RSS(r)どこかのサイトフィードリーダーに登録することがラベリングといえばラベリング(現)基本機能
RSS(r)RSSリーダー(またはその中のグループ)に第三者がタグづけユーザーによる細かいジャンル分け・検索用語句追加に
RSS(r)公開RSSリーダーカテゴリー1.自分のRSSリーダーの紹介
2.RSSリーダージャンル別人気順
3.RSSフィードジャンル別人気順の算出用に
人力検索質問のカテゴライズ(現)1.ジャンル指定で回答・検索の効率化
2.アクセスランキングジャンル分け

けっこうな量になってしまった。

こうしてみますと、すでにいろいろな場面でカテゴライズ的な作業がありました。すでに自動的に利用されているフォトライフ画像Exif情報や、日記の日付など、作業的でないものも考えるとさらに増えそうです。

こういう情報を関連づけて横断的に利用……と言う構想はたしかにわくわくしますねえ。

どうつなぐか、どのレベルで相互に関連づけるかということになると(キーワードもからみますし!)、もう実装されたサービスイメージするだけでも難しそうで、はてなスタッフさんに身を乗り出して頂く必要があり、且つそこまでが大変そうといった気もしますが、いかにも役に立ちそうな、見た目に面白そうな案が思いついたら小分けにでもアイデア出ししていきたいです。

facetfacet2005/07/07 04:45丁寧なレス、ありがとうございました。じっくり読んで、また何らかの反応をしたいと思います(^^) もっと簡単にならないとダメですしね。
//トラックバックは、idトラバも併用してご連絡すべきだったと後で気づきました。失礼しました_(._.)_

sugiosugio2005/07/07 05:11いえいえ、こちらこそ遅反応で失礼いたします。ご連絡も充分でしたので、どうぞお気づかいなく。早速のコメントありがとうございます。

 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2005/07 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Error : RSSが取得できませんでした。 Error : RSSが取得できませんでした。
画像置き場