別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-06-11

はてな孫呉説と進言

(※私のはだいたい蒼天航路イメージです。横山三国志とか忘れてます。)

はてながこだわるWebサービス提供の本音 - CNET Japanという記事がありまして、はてなユーザーのブックマークコメントTrackbackを見比べてみたら、典型的にはてな内のほうが熱い反応だと思ったんですね。外部開発者はまだそれほどはてなに利用価値を感じてないし、はてなユーザーなら思想を聞くだけで抱くような期待も抱きようがないのではないかと。

でも悪いことばっかじゃなくて良く知っている利用者は熱いわけです。で、そもそも私の感想トンチンカンなだけかもしれませんが、さらにここで『この状況は孫堅文台が率いて勢力拡大中の孫軍ぽいぞ』と思ったことを語ります。自分の日記だからいいの。

孫呉とはてなの共通点

うーん、合ってる気がする。

で、先ほどの話で、はてなはまだ荒廃した洛陽に達し、復興作業をして風評を高める前の時点だと感じたわけです。つきあいの深い者には支持が厚いけれど、その外側に伝わるほどの風聞がない。

蒼天航路だと夏侯惇がなにか地味な努力を費やすべしと進言するところですよ。ええとそれでは、外向きにぜひやって頂きたいのは(けっきょく要望へ!!)

クリエイティブ・コモンズ等のインフラ提供は喜ばれるんじゃないかなー。

キーワードの利用法はあるほど良いはず。

まあ好き勝手言っておりますが。利用規約の用語「ユーザー」に「ゲストユーザー」を含む改訂案という動きもあるので、ゲストユーザーへのアピールも考えられてるんじゃないかと期待しつつ。>g:hatena:id:hatenaideaヘルプ改良ありがとうございました。とりあえず使ってみます。)

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050611
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2005/06 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
画像置き場