別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-06-22

idea:3131 例えばこんなかんじで

下のはただ「insタグのマークアップ」だけなんですけど、「.paymentlist ins」以下(?)の見栄えはもうちょっときれいにわかりやすくスタイルシートを設定していただくとして。(追記:やっぱりちょっと指定してみました。グラフの色が変わるほうが見やすいかな……)

06/21 graphgraph 100 ean 『追加』
06/14 graphgraph 1 sample (idea:0002コメント)『0002→0001くっつけます』
06/04 graphgraph 1 asin (idea:0002コメント)『idea:0001と同様?』
04/30 graphgraph 10 keywordstats 『そうしてほしいです。』
04/29 graphgraph 100 keyword
04/29 graphgraph 10 sample (idea:0002くっつけ)『くっつけられたコメントはins要素にしてほしい』

他のアイデアとかぶるので省きましたが希望としては各コメントに「くっつけ元の表示」もお願いしたいです。複数のくっつけがあった場合、それを色でぱっと見分けるような機能は難しいかとも思いましたので。この例示のアイデア0001がさらに他にくっつけられたときも、0002のコメントは「idea:0002コメント」のままで良いと思います。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050622

2005-06-19まとめました

はてなアイデアを考えるための整理

昨今のはてなアイデア議論は小キーワード論争のような様相。いい加減「わけわかんなくなってきた」頃合いのようなのですが、ここまでの整理の一助となればと、図などからめて問題点を整理してみたいと思います。

はてなアイデアはどういうものか

はてなアイデアはなんの道具なのか。yukattiさんの文章でもお見かけした要望・工程管理システム*という言葉を好まれる通りのものですが、今の工程順を追っていくと途中で混乱してきます。スタートとゴールだけ見てみましょう。

はてなユーザーの要望を受け取って、どんな成果物ができれば良いのか。ここで「アイデアの的(まと)」というものを考えてみます。

ユーザー達がこの的めがけて「アイデアの矢」をバラバラーっと投げて、はてなが中心に近いものを選びとれれば「はてなアイデア」という道具が優れていることになります。

Aの的は需要の的です。これのド真ん中の点は、実現すると世界中の人間が「そ、それが欲しかったんだーっ!!」と絶叫し、割れんばかりに歓喜し、永遠の充足に包まれるという、ありえない点です。

ひとつのアイデアの矢は多次元的に同時に他の的にも刺さります。Bは弊害の的です。ちょっとでも苦情があると実装されにくいものなので、Aとは別に考えます。この的を完全に外すと、人類未来永劫、死よりも辛い苦しみを味わい続けます。

参加者による限界

実際に矢が刺さる範囲には、参加者による限界があります。例えばルーン文字で日記を書いているユーザーはまずいないのでそれに関する要望は出ないと言ったことです。

この限界の幅が広がると、アイデアの絶対量が増えバラエティに富みます。

アイデア伝達の限界

アイデアの矢

例えば「ファミコンで本格RPGを作りたい」と言っても、それがドラゴンクエストになるのかヘラクレスの栄光になるのかは、作る人によります。まず発案者が実装するのではない段階で、大きな断絶があるわけです。

さらに、アイデアの矢に載せられる情報の限界があります。情報量が少なくアバウトなアイデアほど“矢の刺さる部分が広い”と言えるでしょう。ですから先ほどの「的のど真ん中の点」は仮に当たってもきちんと示しきることができません。

(このようなモデルで話を進めてみます。なんか……“はてなアイデアの要点整理ならこの図解が必要だっ”とか思い立って作ってみたんですけど……私以外のみなさんに図なんか必要なかったような気がしてきてます……。)

はてなの的(まと)

基本的にAとBの的でアイデアの良さが決まりますが、もうひとつ大きな要素が「はてなの的」です。この的に当たるようにアイデアを投げることで実現性がぐっと高まります。

外すとはてなサービスでは実装されないアイデアとなります(パブリックドメイン行き、はありかも*しれませんが)。

この的だけは、当てる能力が特殊技能になります。ある程度はてなに詳しくないと外れが多くなります。はてな自身はこの的がかなりはっきり見えますが、ユーザーの理解にはやはり限界があります。

中心部が広くなっているのは、実際にバグ報告などすぐ検討*され間違いなく実装されるアイデアがあるからです。

AやBの的もそうですが、この的は「コスト」「ポリシー」などいくつもの的の集合結果になっています。

はてなも独自にAとBの的(需要と弊害)を思い描いていますが、真のAとBの的ではないので、Hによく当たってもAやBでは外れに近いアイデア存在します。「はてなが特に却下する理由はないが、特にだれも望んでいない要望」といったものです。

見えない的を浮かび上がらせる作業

はてなが「はてなの的」を見ることができる以外、実際にAやBの的の姿を見ることができる人はいません。

でもユーザー達が自分の考えで「これ真ん中に近いよ!」と、アイデアの矢をピカっと光らせるように目立たせることができます。的は見えないけれど強く光っているところは真ん中に近いのかもしれない……と考えていきます。

世の中には時々先見の明のある人がいて、そのアイデアいただき!と成功を収めます。しかし「はてなアイデア」は、みんなの判断を寄せ合ってこの的を浮かび上がらせようという基本設計になっています。

はてなアイデアの活発な状態イメージ - 限界を考えるとこの状態はありえない

そうでなくても良いのですが、とにかく誰にもわからない真の的が暗闇にあって、その真ん中に近いほうに当たったアイデアのほうが強く光れば(その強い光から実装されてどんどん減っていき、また新しい光が……となれば)、「はてなアイデア」というシステムが良好な状態と言えるわけです。

長い例え話になりましたが、こういう全体像のイメージモデルがあると、細かい部分でも判断がつきやすいと思うのです。ここまでの形なら「市場化」などの枠組みが出てこないので、誰でもわりとはてなアイデアのあるべき姿として受け入れやすいのではないでしょうか?

工程順に指摘されている問題を見る

いろんな意見に私の意見も交えまして。アイデアの処理工程の順に並べてみます。

要望処理工程
(関連する的)
考えられる問題・言及リンク(引用・要約sugio) 改善案の例
不具合発見・アイデア発生
○A
  • 本当に不具合か、はてなの仕様を知らないだけか自信が持てない
  • はてなアイデアの存在を知らない
  • はてなアイデアへのナビゲーションの充実、はてなアイデアから各種ヘルプへの誘導
要望作成
△A・B・H
アイデア投稿
同意が集まる(アイデアポイント)
○A・B・H
  • バグは他の要素を無視して必ず検討されるのでアイデアポイントで価値を評価する必要がない(バグ・不具合の分別論)
  • ポイントシステムは民意の反映に不要(単純投票制論・妄想科學日報
  • ベットが取り消せないのはゲーム的すぎ*
はてなによるアイデア評価
△A・B ○H
  • はてなの作業工数で配当が決まるのは需要を反映していない
  • アンケートはてなの賛成票で配当率決定(id:hkt_o
株売買
△A・B ○H
  • 「はてなが好むもの(Hの的)」でなく「多くのユーザーが好むもの(Aの的)」に投票したい。(回答こそ我が人生!! (ウソ
  • ユーザーの時間を浪費する
  • 市場の原理が働いていない(別冊はてな話
  • はてなにとって、これが実装されるだろうとみんなは予測しているなという情報は役に立つのか(note of vermilion
  • バグと不具合以外、はてなの実装を第三者的に予測しても儲からない。
  • はてなアイデアの敷居がぐんと上がった*
  • 何度か試せば難しくはないが、売り買いしなければまず理解できない(それだけで充分間口が狭まる)
  • 「市場」構想自体はまだ様子見。とりあえず仕様への改善要望多数。
  • はてながこのシステムをどう使っているのかも実際の所はわからない
実装または却下
○H
  • すでにいくつかの不服申立てがあり、コミュニケーション不足が指摘されている(香雪ジャーナル
  • 未決定のアイデアがどんどんたまる
アイデア清算
  • 「不具合報告&のっかりを沢山している人」という限られたユーザー層にアイデアポイントが集中する。
実装のお知らせ
  • 実装後の反響がアイデアや投資者の評価にならないのは不備(需要の確認とフィードバック)
  • 実装後にアンケートをとって投資者の評価にフィードバック

こんなに至る所にツッコミされているとは……はてなアイデアのほうでは細かい案がもっともっと出てますが網羅はムリ。

ここからは私が気になってる点の強調です。>g:hatena:id:hatenaidea

株式はまだ良くなるかも知れないから様子見で、早く弊害を対処してほしいという考えです。

間口が狭くなってます

一番は株式導入で間口が狭くなったこと。初心者があのヘルプを理解しないと要望できないのはやはり理不尽でしょう。アイデアバラエティが減るのがつまりません。

まず「要望の受容器」としての役割もきちんと果たしてほしいです。

情報の整理

アイデア件数が増えて見通しがものすごく悪くなっています。これが良くなると間口は広がるし、関連するアイデア同士を「ある問題に関する要望のまとまり」として量的に見ることができるし、更に良いアイデアを思いつきやすくなるし、(継続可能な手間なら)いいことずくめに思えます。

アイデアページに関連リンク表示」と、「アイデアタグはてダキーワードを流用など)をつけていくと、自動的にツリーにも分類されていく(複数タグなら複数箇所に分類される)仕組み」があればなあと思います。

はてなの的」偏重

現在のはてなアイデアは先ほどのはてなの的を予測すればオールオッケー的な幻想で作られているフシがあります。アイデア登録後のポイントは常にAの的(需要)よりHの的に誘導されていて、株式導入でさらに偏ったなという印象です。

実装後「反響の大きかったアイデア」の出資者にドカっとポイントが入るとか、その人の一株は重く見るとか、そういうユーザーからユーザーへのフィードバックがありませんと、今の評価の閉じ方はちょっと気味ぃ悪いですよ。

この市場でいいの

第三者になりきれないので自分の希望アイデアを推してしまいますよね。そして、それは適正な価格まで落ちてきません。仮に「はてなは次になにをするのかな?」とちゃんと予測を立てても、アイデアの実装率が低すぎて、不具合バグ以外に投資しても損だからじゃないでしょうか。あと吊り上げた人に悪いから。

せいぜい、需要は少なそうでもはてな却下する理由がないようなコスト安のちまちました要望につっこむぐらいですよ。それがはてなの的を狙うってこと。後は不具合にのっかりながら、ひたすら自分の推す要望上げ。それが私の予測市場。ていうかロープレ…

crowdeercrowdeer2005/06/26 01:33(余談)"アイデア投稿"の解決案の一つのリンク(idea:2639)が切れているようですが...

sugiosugio2005/06/26 04:11ご指摘ありがとうございます!修正しました。

はてな退会はてな退会2008/11/03 18:12「はてな」サンから完全に退会、無関係になりたいのだが、残された処理場面があるらしくて出来ない。金は一切使いたくない。PC画面からどうやったら消せるのか。

sugiosugio2008/11/03 19:14通常通りできないんですか? 分からないです。

sugiosugio2008/11/03 19:21運営に問い合わせるか、
http://hatena.g.hatena.ne.jp/bbs/17?mode=tree
このページの下のフォームから質問すると答えてもらえるかもしれません。

2005-06-18もうこっちでやっちゃおう

準備中です。

アイデアの矢

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050618

2005-06-17もうこればっか

今の株システム感想報告

これはもう感覚になってしまうんですが、あんまりうまくいってないですね。評価額順の一覧を見ていて、評価額が5000のものがそんなに精査されたアイデアに見えないです。

2000と5000より、1000と2000のほうがアイデアの質の差が大きいと思う。1000のアイデアと2000以上のアイデアはそれなりに違うような。

配当が5倍のアイデアってありますが、そういうのは実装率がとても低いので、どんなアイデアでも1株の価格は2.00以下になるのがだいたい適正だと思うのです。

それ以上の価格がついているアイデアはそのへんをあんまり気にしないユーザーの投資ポリシーの違い)か、意図的な吊り上げ。私もやってますが吊り上げがほとんでしょう。中には「鋭い」ユーザーの吊り上げもあるかもしれませんが、現在は鋭いユーザーにポイントが集まる仕組みは特にありませんから、ランダムに近いと言えないでしょうか。

5掛けはまず絶対に損。相場で損してまでやっているわけですから、個人的な動機が強いことになります(もう『予測』ではなさそう)。2000まではユーザー需要がわりと自然に押し上げるとしても、それ以上はあんまり健全でないような。たいして適正に要望の重み付けが行われるようになっ*ていないと思います。

そもそもの価格も『最後に成立した売買の売り手の指値(いい値)』で決まるんですから、これは「集合知」とは言い難いものだと思います。

また高く買って故意に安く売ることで、そのアイデアの価値を下げることができます。これは足の引っ張り合いを可能にするもので、はてなアイデアの趣旨に反するのではないでしょうか。


でももっと根本的に「株ダメだな」と思うかもしれないので、まだ株システムの改善案は出せない状態です(思いつく範囲では、価格は2.00を上限にしちゃう(はてなが無視する)、1回の取引で価格を決めない、指値限度高・限度安をもうける)。

またあちこちのお話を拝読しまして、

というあたりに注目しております。

d:id:big3さんのはてなアイデアのエントロピーを下げるにはが、なんかすごいのでメモ

アイデアポイントありがとうございます。

ある方からアイデアポイント頂いてしまいました。有効に活用できると良いのですが、変なこげつき物件につっこんでたらごめんなさい。ありがとうございます。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050617

2005-06-16限界も考え中

類似・関連アイデアを表示させたい。(idea:2816

こういうの。

編集者操作

このアイデアの類似・関連アイデア
idea: する

指定された側のアイデアでも自動的に同じ操作が行われて、相互リンクになると良いと思います。

操作者の名前を出したり編集履歴が必要かといったことは判断つきませんでした。

(追記)ああ、リンク表示はトラックバックの下あたりに表示される方がいいのかも。実装の際の細かい所はあんまり考えてません。

(追々記)実装していただきました!複雑な関係性は一切排除されたようですが、リンクタイトルも表示される改良案タイプなので、これだけでもずいぶん使えると思います。これでアイデアの株を購入しなくても関連づけができるようになりました。ありがとうございます。 コメント中のidea記法リンク化も同日採用。(idea:1676

アイデアポイント頂戴しました。

ある方にアイデアポイント頂いてしまいました。ありがとうございます。

0ポイントにされたようなので、もしなにかで再びご入用になりましたらお知らせください。とか言ってそのとき使い切ってたらすいません。

(追記)brunhildeさんへ。あ〜いえ、おーいえ、ありがたく頂戴いたします。はてなポイントは換金できるのでお金に弱い私は影響されまいと(もらうことなどありませんが)投げ銭お断りをかかげているのです。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050616

2005-06-15書いてる途中(で寝るかも)

はてなアイデア議論の糸口

近藤さんのやりたいことが分かってきた気がするぞ。メモしながら考えます。

アイデア関連ででてる問題は主にふたつで

  1. わかりにくい
  2. システム不具合
  3. これじゃうまくいかない

わかりにくいのほうはまあ、idea:2639も出しまして、挑戦のリミットにはなりますが努力次第でなんとかなると思う。後手後手ですが「システム不具合」も。

『これじゃうまくいかない』のほうは、根本的。発言者によって『はてなアイデアが実現できることに対する期待値』が違います。たぶん近藤さん期待値は平均的なユーザーより高い。そこで常識あるユーザーは"未踏なことがやりたいんだね、でも迷惑ですから"と考える。

単純な投票制はユーザーの負担が少ない利点がありますから、あとははてなの考えでうまいことやるべし(後ははてなが、自分たちのやりたいことと摺り合わせればいいじゃん)というのも理屈。『はてなアイデアが実現できることに対する期待値が低い』人の意見かもしれません。

私ははてなアイデアパフォーマンスは今までの要望システムよりずっと優れてると思ってます。のっかりユーザーの多い順でアイデアを並び替えて、その中でポイントは低いものを見てみると、やはり低いなりのものは感じられるからです。その「ユーザー」はリスク0の投票とは違うから、単純な投票制ならもっとなんだかなー、なものが上位に食い込むはず。

はてなアイデアの限界を考える

  • 人類の需要(らしきもの)
    • 現ユーザーの需要(らしきもの)
  • 人類の需要に対する万能な供給(新需要に対する発明含む)
    • はてなに期待できるかもしれない供給(かなりの無茶含む)

需要のほうは基本的にスケールアップ、供給は基本的にスケールダウンして報告してくれるサービスができれば、最大のコストパフォーマンスが得られそうです。

たぶん近藤さんはてなアイデアに期待したいのは

アイデア登録ユーザーの需要(らしきもの)』×『はてなが実際にやりそうな供給』

から

人類の需要(らしきもの)』×『はてなに期待できるかもしれない供給(かなりの無茶含む)』

まで出せて、それらを同列に扱えて優先順位をつけられるシステム

それは神だろう、ということになってしまうのですが、そこに一歩でも近いシステムができたら価値あるでしょという感じじゃないかと。

指摘される根本的な問題

いろいろな意見が出ていますし、システム根本的な成否を考えるのは本当に難しいですね。

1、近藤の限界

今のシステム近藤の限界に代表されるように

近藤アイデア登録ユーザーの中ではてなに志向が近いユーザー)の需要』×『近藤はてな)が実際にやりそうな供給』

に収斂してしまうだろうという予測や批判が出ています。実際よく要望が通る人は、はてながやってくれそうなことを考えるのが得意な人、枠の中で発案するタイプの人だと思います。これは解決すべきかどうか別として、たしかにそういうのはある。

1-1、近藤化の限界

でもユーザーには近藤化の限界もあります。

はてながやりたいこと」は必然的に出て来る限界なので、はてなの考え予測が得意なユーザーにポイントじゃなくて、スタッフアイデアに個別にじゃんじゃん感想書けばいいじゃん、近藤エージェント近藤化の限界を超えて神に近づくじゃんという気もします。

1-2、堀井雄二は見つからない限界
  1. 堀井雄二ドラクエを自分で作るから
  2. ドラクエは85文字で説明できない。ちょっとの差でクソゲーになる。
2、ポイントシステムと民意

ポイントシステムは民意の反映にならない』という意見があります。

でもこれはシステムの目的だけを考えると、必ずしも民意は反映しなくても良いとも言えます。

先ほどの「期待値低い」「それ以上はユーザーにやらすな」といったスタンスと混ざった、当事者的な要求なのでもっともではあります。

3、優れた評価者にポイントがいき渡らないんじゃないか

どういう人が優れた評価者(トレーダー)なのかというと、やっぱり最初にゴッホの絵を広めた人みたいに神がかっちゃうと思うのですが、それを目指すとして。

今の不具合報告お駄賃体制(のっかりでガッポガポ)ではお粗末という意見あり。それを乗り越えても「近藤の限界」はあるし、難しそうです。

あと、しばらくやってみないとどういう人が本当に眠くなったぐう。

(再起動)

4-1.予測市場にならない(当事者で形成するから)

おのおの自分の要望があるわけだから、その評価が高いとするために介入するわけで。しかも要望者はとてもその要望の価値を理解しているわけだから、一概に排除して良いわけでもなくて、結局予測市場とは違う原理の「要望市場」になるだろうという話。

  1. システムの予測能力の低下
  2. 建前上、予測市場たろうとすると、灰色な取引は「悪」となり、それにまつわる労力の空費が生まれる。
4-2.予測市場にならない(正解がないから)

予測市場には「正解」のフィードバックが必要という話も出ていますが、はてなアイデアにとっての正解は「人類にとって良い実装だったか」というところまでいってしまいそうです。

出しようがない「正解」はフィードバックできませんが、近似値を探るのは必要というご説ごもっとも。あとでユーザーやスタッフに「実装されて良かったアンケート」をとるのがいいんじゃないかと思います。

予測市場と同じ原理は通用しないだろうというのはたしかにそうでしょう。

(再スリープ)

(再おっき)

限界

「最大多数の最大幸福的供給」の限界
  1. 現ユーザーのアイデアしか出ない。
  2. システムが複雑化するほど、コアユーザーのアイデアに収斂する(近藤の限界)。
「無害な供給」の限界
  1. 現ユーザーのアイデアしか出ない。
はてながやりたい供給」の限界
  1. ユーザーはスタッフでない限界(近藤化の限界)。

付記:「はてなが必ずするアイデア(バグなど)」は、他の要素を無視して実装されるので、アイデアの価値を評価する必要がない。市場に出なくてよいとも言える。

yukattiyukatti2005/06/15 16:34「不具合報告に高くポイントを投じたり、のっかる人が儲けたりするのがどうもしっくりこない。あこぎなことで儲けているようで不躾なような気がする」という感想を近藤さんに言ったら、「不具合報告お駄賃体制(のっかりでガッポガポ)」でいいんだ、不具合報告が早く1000アイデアポイント(当時のシステムで)に達した方が不具合報告が目立って早く処理にかかれる……、つまり、「不具合報告にのっかる」人もきちんと重要な役割を果たしている=不具合報告がなされていたことを発見してくれる人であり、その報告が本当に不具合であるかを検証する役割も行ってくれている(全員がそうではないと思うけど)、という返答があったのが目から鱗でした。

sugiosugio2005/06/15 16:47そこがはてなアイデアの動力源になっているのも仕組みとして大きいですよね。弊害面を考えますと
-不具合報告が実質的なポイント供給源で「アイデア屋」ユーザーがアイデア業にだけ専念はできない
-「不具合報告屋」が優れたアイデア評価者とは限らない
-不具合だけど困っている人はあんまりいない…けど配当期待値が高いからむやみに1000ポ到達しやすい
といったところでしょうか。

yukattiyukatti2005/06/15 17:38わたしは不具合は困っている人がたくさんいても余りいなくても関係なしに不具合報告があることがスタッフにいちはやく認識されることは必須で、かつ順を追って修正されるべき(だから1000ポイントに『むやみに』到達して欲しい)であり、不具合もアイデアも両方とも同程度大切、だから両方尊重されるような仕組みがいいなーと思ってます。つまり「はてなアイデア」がバグ・不具合報告の場でもある限りは、ということになるんですが、不具合報告者や不具合評価者(検証者?)も優れていたらきちんと尊重されるべきで、不具合報告や不具合のっかりを軽んじるような言動は自分ではしたくないなと。不具合報告は必要なことだから、不具合報告が悪いんじゃなくて、もしそうなのなら、はてなアイデアのシステムが悪いのだから。
かつ、もちろん、アイデア(新機能・機能改善など)ももっと大きく評価されるべきだと思う。てな感じです。ちょっとsugioさんの仰っていることとは、ずれてしまってすみません(アイデア評価者が困らないように、正当に評価されるようにという意図ですよね)

sugiosugio2005/06/15 19:05いえ違います。まだ「人」の観点はありません。

sugiosugio2005/06/15 19:11あっ、というかっ、なんというか、んー

sugiosugio2005/06/15 19:19上で弊害面として上げたものはまだ、システム全体がそれで大丈夫ならそれでいいというかんじで害があっても必ずしも是正したいわけではないです。

sugiosugio2005/06/15 19:22あと、害はあっても功もあるわけで。ゼネラリストが育ちやすいシステムかもしれず。

yukattiyukatti2005/06/15 19:46あー、まだ途中なんですね。わたしが述べたのは「3、優れた評価者にポイントがいかないんじゃないか」の部分の話なので、だから「人」の話に絞りました。人の観点のお話じゃないのなら「評価者」という表現では誤解を招くかも。

sugiosugio2005/06/15 21:36んー、ご指摘の意図がわかりません。わからないまま説明し直しますと、3、優れた評価者にポイントがいかないんじゃないかの「評価者」とはみんなが幸せになるアイデアを選別できる人(つきつめれば神のような究極的な存在)で、それと不具合報告をする能力とそれにのっかる能力にはズレがあるという話です。

sugiosugio2005/06/15 21:39不具合報告者がどんな扱いを受けるべきかは考えていません。

sugiosugio2005/06/15 21:40不具合報告者に素早くのっかる人がどんな扱いを受けるべきかは考えていません。

sugiosugio2005/06/15 21:44んー、私がご指摘を理解できていないだけな気がする。どう記述すれば良いのでしょうか?

sugiosugio2005/06/15 21:51あとしつこくてごめんなさいですが、はてなアイデアの限界を考えている段階なので、まだ私は特にこうしたらいい(こうするべき)という意見を持っていません。これから考えてみます。

yukattiyukatti2005/06/15 23:09えーと、sugioさんの「優れた評価者」は「みんなが幸せになるアイデアを選別できる人」、つまり、アイデアの評価者というだと理解しました。で、その「3」の指摘の中で「今の不具合報告お駄賃体制(のっかりでガッポガポ)はお粗末という声が」ということばがあり、それに対して近藤さんから聞いた不具合のっかりだっていいんだよ、ってことをコメントしたのですが、それに対して「不具合報告屋」の弊害や「不具合だけど困っている人はあんまりいない…けど配当期待値が高いからむやみに1000ポ到達しやすい」というコメントが来た。ですので、それに対して、アイデア評価者と不具合評価者は違う能力かもしれませんが、不具合が解消されることは望ましいことでそれがシステム的にもユーザにも幸せになることになり、アイデア評価者が幸せにする人ではなく不具合報告者や不具合評価者(『不具合報告屋』と表現されていますが)も同等に並列に考えられるべき存在ではないか、また、不具合報告がすぐに1000ポイントに達することが弊害であるというふうにはわたしは考えない、ということをいいたかったんです。つまり、限界を考える道筋として、わたしが考えるならそうは考えないかなぁと思いました。

yukattiyukatti2005/06/15 23:10>アイデア評価者が幸せにする人ではなく
アイデア評価者だけが幸せにする人ではなく 「だけが」が抜けていました。

sugiosugio2005/06/16 14:53ご説明ありがとうございます。お手数おかけします。
>アイデア評価者だけが幸せにする人ではなく不具合報告者や不具合評価者(『不具合報告屋』と表現されていますが)も同等に並列に考えられるべき存在ではないか
そうですね。ある側面で同列だと思います。能力適性の違いがあるということだけわかりやすく強調すべきだったのですね。言葉を考えると不具合報告のっかり者はアイデア評価者に含まれるので、「不具合報告以外のアイデア評価者」に別の用語を使うべきだったかもしれません。
>(需要が少なくても)不具合報告がすぐに1000ポイントに達することが弊害である
はてなアイデアははてなが要望に目を通す補助ツールでもありますので、ちょっとでも性能が落ちれば弊害と考えました。たしかに?Iのご宣託を順番に実装すれば万事うまくいく神がかったツールが最高とは限らないですね。でもそれを考えると市場調査ツールでいいやという所まですぐ落ちてしまうので、とりあえず考えないようにしています。

sugiosugio2005/06/16 14:57「優れた評価者にポイントがいき渡らないんじゃないか」に題を修正しました。不具合報告者にお駄賃が集中するシステムではお粗末、という意見あり。

2005-06-13まだ出先(だとはてな話オンリーになる怪)

idea:303の説明

はてなアイデア - 他の人の日記の文章をasinページのユーザーレビューに推薦する仕組み(本人の了承操作後に掲載)

これこれ、1000ポに達したのでフォローを書かせていただきます。

今の「ユーザーレビュー」と「含む日記日記に書かれたレビュー」を読み比べればすぐわかると思いますが、ユーザーレビューは『asinページに自分のレビューを載せることに、特にプレッシャーを感じない』だけのユーザーさんが書いていて、レビューの質はむしろ低い場合が多々あります。(書いてる方すいません!違う、違うのよあなただけは)

スタッフはこのシステムをちょっと試すなら、今話題の人気商品のレビューを書いてみるべきです。普通はそういう商品から埋まっていくんですから。前に私、ひとつだけ人気漫画レビュー書いてみたんですけど、顔から火が出そうな、少なくとも脂汗はだいぶにじむような恥ずかしさなんですよ、これが。おそらくかなり面の皮が厚い部類に入るであろう、この私(わたくし)がですよ!?

知らない人も多いと思いますし、この自薦システムはだいぶ、相当、人を選ぶわけです。著作権の関係でこうなっちゃうんだと思うのですが、どうせやるならもっとasinページの価値を高めようではありませんか。

以下、実装案です

  1. asin記法はまぞうを使った日記上のレビューを、第三者が推薦する
    1. asinページの推薦画面へ
    2. 推薦範囲を指定(ユーザー、日付、〜を含む行から〜を含む行まで)
    3. 確認&登録
      • →推薦ページが作成される
      • →推薦されたユーザーに自動メールが送信される「○○さんの○○の日記が○○さんからasinページレビューに推薦されました。推薦ページから了承操作を頂くと、asinページのユーザーレビューとして登録されます(※登録された文章はキーワードの説明文と同様、著作権の一部を主張出来ない場合が発生します。)」
  2. 推薦ページ
  3. 推薦された人が登録操作をすると、ユーザーレビューが作成される
    • 推薦者に連絡メールが自動送信される

というわけでよろしくご検討願います。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050613

2005-06-12

アイデア優先度を株式で決めるということ(オチなしメモ

まだこのシステムが必要なのか、よくわかりません。動機は要望や不具合の適正な価値を見出そうとする試み*のとおりでしょうが、どうして今のようなシステムになるのか、これから近藤さんによる説明の続きもあるかもしれませんが自分なりに考えをまとめてみます。

なぜ株式

  1. 背景:アイデアポイントの価値で一元化するという工夫
    1. 要望力、要望提案力をポイント換算してユーザーに優先度を管理させ、却下時のリスクを持たせる。
    2. ただし実装不可能な要望に際限なくポイントが積まれては機能しない>1アイデア1000ポイント上限
  2. 1000ポイント到達アイデア同士の優先度を(なるべく賢く)決められないか
    1. 1000ポ+ユーザー票で決めると?
      • 最初からユーザー票だけにすれば良い。追加投票にはリスクが発生しなくなる。
    2. 「1000ポイント上限をなくす」と?
      1. ひとつのアイデアに吸い取られ固定されるアイポが増え、アイポの流通量が減ってしまう。却下の悪影響や投機目的の弊害も大きくなる。
      2. なので吸い取ったアイポがユーザーに循環する株式に。
        • ただし最初から取り引きありにして「1000ポイント上場」をなくすと、銘柄が際限なく増えてしまう。
    3. 「5000ポイント上限にする」と?
      • 株式よりはひとつのアイデアに吸い取られ固定されるアイポが増えてしまう。却下の悪影響や投機目的の弊害も大きくなる。

と考えます。具体的には集合知でネットトレンドを予測 BuzzGameモデルなんでしょうか。どういうものかは知らないのですが。(追記:予測市場ということでいろいろなパターンに注目されてたようです。でも要望当事者たちが形成するのは純粋な予測市場ではいられないような。

株式の問題点

より難しいことをしようとしているので「ユーザーの負担増」と「システム完成度」が問題になると思います。

  1. ユーザーがはてなアイデア自体にとっつきにくくなる
    • ライトユーザーを中心に、聞き取れたはずの要望が減る
  2. マニアックなトレーダー以外は売買に労力をかけられない
    • 一部のコアなユーザーの動きがより評価を決定づける
      1. 実現性の高い要望
      2. 個人的な推し要望
  3. ダーティーな取り引きを取り締まるのは難しい
  4. 本当に適正値になるか
    • それらしくて、信頼に足る数値になるか
    • 株式を使わないシステムより適正になるか

いろいろ難しそうですね。

ところではてなが見い出したかった「要望や不具合の適正な価値」とは株価、つまり「時価評価額」となりそうなものですが、実際どうなのでしょう。どの値を「はてなが使うか」についてはヘルプに記載がないようです。ユーザーには隠しておいても良いとは思いますが、「時価評価額」を釣り上げる活動が行われている現状、それが本当に実装の優先順位に直接関係するものなのかを知りたくなったので要望にしました(idea:2607)。返答がなければ質問箱で質問したいと思います。

システムを全廃した場合の代替案

1000ポイント上限に達すると、あとはスタッフのなんとなく
これよりうまく回る結果が出ないと意味がないというライン。
今週のラッキールーレット当選アイデアとその周辺を実装
これよりうまく(以下略
1000ポイント上限に達すると、ユーザーひとりあたり1ポイントベットだけが可能になる
で1002ポイントより1038ポイントの要望が優先っぽいというのはどうかなあ。わりと不満の出にくい優先順位がつきそうですけど、だれかが強烈に願っているだけの要望は完全に後回しになりやすい問題あり。やっぱりコンセプトに外れるのか。

代替案より良い株システムになるには

システムは今後以下のように進歩すれば上の代替案よりも良さそうに思えるのですが、さてどうなるでしょうか。

  1. ユーザーの労力が最小限ですむ
  2. 株取引きで算出されるアイデア評価値の精度が上がる
  3. 初心者ばなれ対策が進む

とにかく適正な評価値をはてなが得られるのか、それがダメならまるでダメということで見て行きたいと思います。

追記:ひとまずidea2639 - アイデアを登録するときは、ポイントだの株式だのは気にしなくて良いようにするべきではないか。を登録しました。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050612

2005-06-11

私信

ただいま出先でございます。なにかお返事の遅れがありましたら失礼しております。

はてな孫呉説と進言

(※私のはだいたい蒼天航路イメージです。横山三国志とか忘れてます。)

はてながこだわるWebサービス提供の本音 - CNET Japanという記事がありまして、はてなユーザーのブックマークコメントTrackbackを見比べてみたら、典型的にはてな内のほうが熱い反応だと思ったんですね。外部開発者はまだそれほどはてなに利用価値を感じてないし、はてなユーザーなら思想を聞くだけで抱くような期待も抱きようがないのではないかと。

でも悪いことばっかじゃなくて良く知っている利用者は熱いわけです。で、そもそも私の感想トンチンカンなだけかもしれませんが、さらにここで『この状況は孫堅文台が率いて勢力拡大中の孫軍ぽいぞ』と思ったことを語ります。自分の日記だからいいの。

孫呉とはてなの共通点

うーん、合ってる気がする。

で、先ほどの話で、はてなはまだ荒廃した洛陽に達し、復興作業をして風評を高める前の時点だと感じたわけです。つきあいの深い者には支持が厚いけれど、その外側に伝わるほどの風聞がない。

蒼天航路だと夏侯惇がなにか地味な努力を費やすべしと進言するところですよ。ええとそれでは、外向きにぜひやって頂きたいのは(けっきょく要望へ!!)

クリエイティブ・コモンズ等のインフラ提供は喜ばれるんじゃないかなー。

キーワードの利用法はあるほど良いはず。

まあ好き勝手言っておりますが。利用規約の用語「ユーザー」に「ゲストユーザー」を含む改訂案という動きもあるので、ゲストユーザーへのアピールも考えられてるんじゃないかと期待しつつ。>g:hatena:id:hatenaideaヘルプ改良ありがとうございました。とりあえず使ってみます。)

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050611

2005-06-01

やめたアイデア

はてなブックマークへの要望
トップページの人気エントリーは技術系・はてな系・メタブログ系の話題が多く、理解・同調できる記事に当たれない利用者が多いのでは。カテゴリー別をクローズアップしたほうが楽しげ。

アイデアでも要望でもないような、日記で言うようなことだと思いました。日々そう感じています。>g:hatena:id:hatenabookmark

却下アイデア

idea:1928 ブックマークの編集後、日付別表示にならないでほしい。

あー、キャンセルしておくべきだったー。ベット頂いたみなさんすみません。

きのうガイドのブックマークにリンクするを書いてブックマークの各エントリーはダイアリー同様日別で固定されてると気づいた矢先でした。

ダイアリーの日記の編集後と同じ状態になるってこと→たぶん変えられない、に思いが至らず。

idea:2037 他ユーザのコメントが気になりすぎて自分で考えられなくなるので、「他人のコメントを見えなくする」オプションをつけてほしい。

「他人のコメントが見えなくなるGreasemonkey」の需要が。

Greasemonkey用スクリプト「キーワードポップアップ」

ついにwanparkさんのGreasemonkeyと完全にかちあった機能が登場。ドキドキしてきますね。 私ははてなっぽくてパッキリしてるwanparkさんののほうが好みはてなご謹製のほうは字が小さいのとボンニャリしてるところが……はてなは小さい文字ポイント指定が好きなんだなー。字が小さいのはすぐ編集できたんですけどボンニャリがわからず……それなら使うことないんだったと。 <-->

sionnesionne2005/06/08 14:36必要ないかもしれないけど、こんなんありますよ。
http://blognews.g.hatena.ne.jp/laiso/
関連:http://d.hatena.ne.jp/laiso/20050603/bn

sugiosugio2005/06/08 17:39情報ありがとうございます。知ってます知ってますhttp://d.hatena.ne.jp/sugio/20050603#p5で言及したんですよ。ぜひ公式でやってほしいと思います。
さらにこう、いかにも旬のトピックが上がっているかのような「政治」「経済」カテゴリとかできるといいのになと思ってます。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050601
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2005/06 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
画像置き場