別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-05-14

キーワード作成ガイドライン」についてd:id:kokorosha:20050513#p2さんへ

(追記:あ、今更新された内容(はてな鍋奉行(3))をふまえていません。書いてしまったのでそのままトラックバックさせて頂きます。)

昨年6月のシステム変更後からしばらく公式ルールと乖離していた「キーワード作成ガイドライン」を、今年2月ほぼ現在の形に編集した者です(その後最終チェックに「あなた自身に関するもの〜」を書いたのはanotherさん)。キーワード作成ガイドラインの改訂希望とお見受けしましたので、改訂もありうるものとして主に「自分キーワード」のことについてコメントさせていただきます。

キーワード作成ガイドライン」ははてなヘルプから参照されていることもありますが、そもそもだれでも書き変えられるキーワードですので中立性を保つことを配慮して編集したつもりです。強制力を持つのはあくまで公式のガイドラインであり、キーワード作成ガイドラインがさも権限を持っているかのように新しいルールを提示していれば問題だと思っています。

が、ご指摘を受けてうなずく面もありました。ユーザーの自治団が存在して、勝手ガイドラインの名の下に新ルールを作っていると思われても仕方がない節があるということです。

弁解させていただきたいのですが、現在のキーワード作成ガイドラインに11の「第三者言及可能性チェック」が入っているのは、元ははてな鍋奉行ユーザーの創作ではありません。

昨年6月までのヘルプには「粟田町ルール(http://d.hatena.ne.jp/keyword/粟田町ルール)」というのがあって"「京都市下京区中堂寺粟田町」といった詳しすぎる地名等、キーワードと関係性を持たない人の利用がほとんど想定されない"キーワードはやめましょうなどという文面があったのですが、特に詳しい説明や、はてなが方針転換をしたというアナウンスが無いまま削られました。今よりキーワードの言及可能性の必要性についての言及があったのです。

キーワード作成ガイドラインはそのまま放置されていたのですが、今年2月に私が「現行ルールに合うように」と書き直しました。私がこのチェックを残したのは、現在のヘルプ

自分だけしか意味が分からないような言葉を登録するのはやめましょう。

はてなダイアリー - はてなダイアリーのヘルプ

の一文が残っていたからです。「ような」ですから、ここを拡大して解釈すると今までの「粟田町ルール」と同じことが言えてしまいます。

はてなは「第三者言及可能性」の問題について、特に態度を変えていないのだろうかと考えました。ここは表現が難しいところというより、そもそもどこで「線引き」をするのか答えの出ないポイントです。はてなは誰も知らない言葉は登録して欲しくないと言うけれど、2人知っていればそれでいいのかというような問題です。

なので私は、はてなは基本的に「有益なキーワードを登録して欲しい」と考えながら「このことに触れたくない」のであって、キーワードの「第三者言及可能性(知名度)」の問題は、ユーザー同士が議論(キーワード削除合戦)して取捨していってくれと沈黙したのだと思っています。

私はキーワードの価値をユーザーの「議論」で決めさせるのをやめてほしいという考えで、しばしば初心者が自分のニックネームを登録しては削除され、不快な思いをしている現状を緩和しようと、それまでのチェック項目を残し、さらにわかりやすく詳しく記述しました。そのことでもし、現行の公式ルールと乖離したと言われればその通りです。

もしこの点に関して、記述を削ったり、言い方を弱めたりする改訂をご提案でしたら、私は反対いたしません。記述が中立でなかったのだと反省したいと思います。


蛇足ながら、日記でおっしゃっている"「自分が実害をまったく受けていないキーワードを、(脳内の)公共性の名の下に削除する」行為"は、事実の検証はともかく、そうであってもルールに違反していない現状です。

ご承知のことかもしれませんが、削除の説明に際して嘘をつくのは違反としても、各ダイアリー市民ユーザーが持つ削除権はほぼ無制限であり、仮にそれが荒唐無稽な妄想にもとづく行動であってもOKです。キーワード削除まわりは今、ほぼ無法状態なのです。

過剰な削除が問題だということは先頃の第2回公聴会でも会議され、はてなの方針打診と見られる見解*1も出ています。先日キーワード説明文のリンクスコアが0から5に引き上げられたのもその一環であり、「削除をする前にリンクスコアを下げる」ことをまず推奨し、リンクスコアをきちんと機能させようという動きが見られます。なので、今問題になっていることは根本解決に向けて動いている途中のことではあると感じています。

登録に際しての第三者言及可能性の必要性の是非と、それをどう審査するかといったことは最後まで残りそうな大問題ですが、これもこのような議論があって適当な解決が図られるものと期待しています。


長々と失礼いたしました。ご負担になりましたらごめんなさい。私は基本的にキーワードの内容を「相談して」決めるのが好きでありませんので、後はでしゃばらないようにいたします。

laisolaiso2005/05/13 14:21<idトラックバック フォロー有り難うございます。例のアナウンス見て勘違いしておりました。

sugiosugio2005/05/13 18:59ご説明ありがとうございます!サクっとスマートに解決できなくてすみません。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050514
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2005/05 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Error : RSSが取得できませんでした。 Error : RSSが取得できませんでした。
画像置き場