別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-05-01はてな話だけ長いのでこちらに……(悩む所)

はてな公聴会第2回キーワード

お疲れさまでございます。いろいろ実りもあるようですが、誤爆が多いから消しました、という行為への判断をする必要があると思った*という近藤さんのまとめに関しては、(私自身はミスヒットぐらいいいじゃないという感覚ですが)そんなに簡単な話でしたっけ?と首をかしげています。

現行ルールでキーワードの削除はユーザー個人の判断でできるもので、説明責任を果たせばあらゆるキーワードに対し削除操作できます。ミスヒットが多いことを理由にするのを問題視しても、“ミスヒットが多いから削除してるんじゃない”と言い張ることもできます。ですから、そもそもユーザー個人で「このキーワードには存在の価値がない」と判断することに対して、待ったをかけなければなりません。それが一番難しいのではなかったでしたっけ。近藤さんのおっしゃるからには、なにか前進があるのだと思いますけども……。

現行ルールでは助動詞「です」や「ます」をキーワード登録して、“日本語初心者向けの辞書説明や、有意義な文法の説明を書きましょう”と主張することもできます。そういう場合でもキーワード存在は認めていくという方向に転換されるのでしょうか?だとすれば私はお願いしていた方向なので嬉しいのですが。

私の希望

私がいいなと思うキーワードシステムはやはり、ルールに違反したキーワード以外の削除ができないものです。キーワードの存廃を決める有益性の審査などさせられるから、ユーザーは不毛な対立に労力を割き続け、嫌な思いをしているのだと思います。といってもルールだけ変えても原因が残りますから

……といった方法でキーワード資源をできるだけ捨てないのが希望です。

なのでリンクスコアの運用促進は賛成です。リンクスコア1本でいかれるようですが、キーワードケチをつけたい人情の持って行き場が、リンクスコア以外にもあったほうが良いとは思います。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050501
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2005/05 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Error : RSSが取得できませんでした。 Error : RSSが取得できませんでした。
画像置き場