別冊はてな話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2005-04-27

ブログモードのときの最新の日記へのリンク

今度の「ブログモード」の日記の「最新の日記」にリンクしたときって、どこにもトラックバックつかないんでしょうか?

あ、その時点の「最新の日記」の全エントリーに「idトラックバック」っていうのがつくのか。それは日記画面ではわからないと。わかりました。

「idトラックバック」の名称

ブログモード」の「idトラックバック」ですが、この名称では“id記法でリンクすると「idトラックバック」になる”という誤解を招きやすいと思います。

URL記述でも、最新の日記に送られたトラックバックは「idトラックバック」として扱われるようなので、名称もそのまま「(最新の)日記に対するトラックバック」や、「ブログに対するトラックバック」などとするのが妥当ではないでしょうか。>d:id:hatenadiary

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050427

2005-04-26

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050426

2005-04-24ただ「好きな本の発表」に近いですが

g:book:keyword:サンジョルディの日にトラックバックで本を贈ろう

HebiさんDocSeriさん、本のおすすめありがとうございます。

g:book:id:Hebi:20050423さん

ポップでキュートとの評、たいへん嬉しいです。訳語作りの本は読んだことないので興味あります。助数詞も詳しくないですね。ていうか漢和辞典とかも持ってなくて、それはどうなのという環境でやっています……。

少ない読書量からお返しのご紹介。

ISBN:4106004828 魚料理のサイエンス (新潮選書)

これは立ち読みしたらやめられなくなって買ってしまった本です。魚は旨いが、旨さの理由はなにでどう調理すると味が引き立つのか、ということがメインで書かれています。

料理本ではなくて魚の種類ごとにコラム風にまとまっているのですが、頭の中にムクムクと“うまそさ”が充満してきます。鰆やカマスなど何となく地味な魚でも関係なく引き込まれてしまうので、鯖だの鯵だのの章となるともうけっこうな興奮度になってしまいます。

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

みたいになりながら読んでました。好きなスポーツのよくできたスター名鑑を読んでいるかんじにも近いかもしれません。

g:book:id:DocSeri:20050423さん

ああ、落語の「ちはやふる」なんですね。それで芭蕉をですか、いいご趣向ですね面白そうです。

それおまえが好きなだけだろうという本の中からお返しのご紹介。

イカ・タコガイドブック

イカ・タコガイドブック

このガイドブックシリーズは書店でわりと目立って見かけましたしご存知かもと思いますが、やはりイカタコは手元に1冊置いておきたいものです。

SFの想像生物などのモチーフとしてあまりにも古典的な頭足類ですが、撮影技術が進み生態がより明らかになった現在、本物の彼等の姿をもう一度見直すべきでしょう。そのテクスチャ、フォルム、やはり本物はすごい。

また卵をうみつけるアオリイカなど、イカの神聖な儀式を見るようです。団体となったときの彼等は魚より社交的な表情を見せるように感じられ、意識が通い合った空間を形成しているとして見ると写真はより魅力的でしょう。

この本は珍しい種類の網羅性もさることながらコラム記事も面白く、伊豆で海に落ちてきたミカンを、海底で皮を剥いて食べるタコなんて写真もありました。タコは肉食とされますが、海から出て畑のイモを盗んだり大根を引き抜いたなんていう伝説的な話もあながち嘘ではないのではないかと思わされます。

HebiHebi2005/04/25 06:40紹介ありがとうございます。魚料理は魚によって扱いが難しい気がして、身体にいいとは知りながら、つい避けてしまっています。ぜひ読んで、魚屋さんで「おっ今日は生きのいい○○が入ってる」と興奮できるようになりたいと思います。(今はおきまりの切り身のパックをさっと選んで去るだけなので…)

sugiosugio2005/04/26 01:47私もこの本を読んで何か新しい魚料理に挑戦したということはないのですが……多少「旬」がわかるようになったかもしれません。おお、こんな季節かなどと興奮はできるのですが……。

sugiosugio2005/04/26 01:49焼き魚程度のレパートリーから域を出ません。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050424

2005-04-19

内容スコア導入の利点

内容スコア」の評判悪うっ(自分も含めて)。評価する声をほとんど目にしなかったので急遽積極的な援護を……。「内容スコア」自体の導入はしてほしいんです。

のようなご意見(要約はsugio)はたしかにあると思うのですが、内容スコア自体の問題は「キーワードシステムが煩雑になる」くらいです。それも「参考になりましたか?」ボタンが増えるぐらいなら、リンクスコアよりはるかに易しい。

以前から「キーワードの文字列や説明文への評価が、リンクスコアに反映されてしまう」という問題があったじゃないですか。「内容スコア」はその解決策になります。

例えば「はてなダイアリーガイド」のページにはときどき「リンク不要」票が入っていますけど、それはきっとガイドの説明文に不満が生じた結果なのだと思います。「たほいや倶楽部」なんかも子キーワードを作成する運営方法が反感を買いやすいのではないかと思いますが、リンク不要票多すぎ(日記に「たほいや倶楽部」なんて書かなきゃいいですもの)。

自動リンク制御のためのスコア”と言われても、そこはポチっとケチもつけたくなるのが人情というもの。今までのキーワード評価ではそうしたガス抜きができなかったので、そうした票が自動リンク制御に悪影響しました。これが絶対改善されると思うのです。

反対に、「スコアがうまく下がらないから削除」というケースもあります(残っている例:キーワードアース)。削除しなきゃいいという意見もありましょうが、「内容スコア」に入るべきスコアが「リンクスコア」に流れて自動リンク側面を支援すると、そのキーワードをめぐる軋轢が生じやすくなります。これは“スコア投票自体のノイズ性”とも言えますし、“キーワードの資料的価値がキーワード自動リンクを「うまく制御したい層」と「制御の必要を感じない層」の反応差を助長すること”が原因とも言えるでしょう。

自動リンク側面は、リンクスコアのみに影響される方が良いはずです。内容評価もふまえて最初からズバリ「リンクしたいか」「したくないか」の指標なのですから。これに「内容に感心」的な評価が加わると、自動リンク側面を支援しすぎる嫌いがあると思うのです。「価値がある」ということと「リンクしたい」ということのズレでもあるのですが。

内容スコアの導入はそうしたなんというか、百科派ユーザーとリンク派ユーザーの軋轢の解消の一助となると思います。活用法には反対意見もございましょうが、導入してほしいなと思っています。>d:id:hatenadiary

ツッコミ

はてな広報日記を見ていたら

はてなのあるオフィスからほど近い代官山アドレス周辺にて、はてなマスコットキャラクターしなもん(ウェルシュコーギー、7歳、♂、彼女大募集中)がお散歩中のところをスナップされました。

はてな各サービスの機能変更、お知らせなど - はてな広報日記 - DOG FAMILY vol.49

ふむふむカテゴリー[しなもん]……ってそれ偶然のやつじゃないですか!

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050419

2005-04-05訳の更新がないのでこちらで

キーワード内容の管理?

キーワードの管理コストを考えてこの案になっているんだと思っています。現在、一部の常連ユーザーによって日夜キーワードの複雑なメンテナンスがなされていますが、管理されているのは主に「キーワードとしての適性」「キーワードの振る舞い」についての部分で、著作権とか肖像権の侵害のような「キーワードの内容」に関することは、あまり管理されない。

著作権侵害は侵害された当事者でなければ注意しにくい問題で、どうしてもはてなクレームが来てスタッフが対応する形になってしまう。

なので各編集ユーザーの自制を促す今回の対策となっていて、まず自分の編集操作を眺める鏡を与える、あと著作権侵害行為等はユーザー個人の編集癖に問題がある場合が多いので(芸能人写真を必ず登録するとか、ウェブ辞書引用を説明文にすることにしちゃってるとか)その遍歴を見えるようにする(→もしかしたらユーザー同士で注意しあってくれるかも?)……ということなんじゃないでしょうか。

ところがキーワード活動の常連さん(の一部)からは活動しにくくなりそうだと声が上がる。私もユーザー側でのメンテナンスは鈍るかもしれないと思います。

betaグループ - 香雪?GB日記 - キーワード編集履歴ページのお話は他のデメリットの指摘も頷けます。もし公開するにしても、今までの情報は出さない条件は必須だと思うのですが、その前提で話を進めます。

今の常連さんはおそらくもう得難いユーザー陣で、特にキーワードに詳しい「削除活動常連」さんは、まず出てこないと思います。もう今だれも初心者ユーザーに毒づかれてまで削除提案なんてしたくないですから。

でもいつまでも初期からの常連さんに頼るわけにはいかないわけですし、そこは変わっていいわけです。例えば、多少身勝手キーワード登録やミス登録の放置が増えても、それはそれで良いということなら、編集履歴の公開自体はあっても良いのではないかと思います(http://d.hatena.ne.jp/に新着キーワード目立って表示されなくなって、キーワード活動に当たる光が弱まったのは、ちょっとはてなの設計らしくないなと思っていたところでもあります)。

思うのですが、主にユーザーが行っているキーワード審査的な管理のほうには特に代案が無くて、今のユーザーによるメンテナンスも今の質のまま行けるところまで期待するということなら、いじらない方がいいんじゃないかなと思います。

この問題、はてなダイアリーキーワード全体のビジョンを長らくはてなと共有できなくなってしまっていて、ちょっと「反射」的な反応しかできないところが歯がゆいところではあります。「ここ痛いですか?」と訊かれれば「痛いです」と答えるけれど、全体のデザインを見て言っているわけではない。本当は全体が納得できる設計になっていれば言わないかもしれない「痛いです」も言ってしまっているかもしれない、という面があります。

サービスでのキーワード利用などの展開があったので「やっぱりダイアリーユーザによるメンテナンスで行くんですか?」とか、「"はてなキーワード"の中に"はてなダイアリーキーワード"を設けるようなレイヤー分けの方向でいきますか、それとも同レイヤーのまま、他サービスでのようにダイアリーでもキーワードの存在がストレスに感じられないような工夫を講じていく方向ですか?」のような逆質問を投げかけたくなる意見募集でした。

つまり良さそうなシステムへの移行プランがあって、その布石みたいなことだったら賛成という感じです。

あのランキングはうまくいかないと思います。

はてなでは現在キーワードシステムの変更を検討しており、先日アンケートを行いましたキーワード編集履歴の公開にくわえ、内容スコアの追加、高い内容スコアキーワード編集者が識別できる仕組み、等を検討しています。

はてなダイアリー日記

「内容スコア」でキーワードの振る舞いが変わるのでしたらちょっと面白そうですね。でも"高い内容スコアキーワード編集者"って意味なくないですか?スコア100のキーワードを空更新すると評価が上がるのでは?逆に低スコアキーワードの編集が敬遠されたりして。それとも編集履歴に投票するのかな。

先日公開されてしまったランキングも編集するだけで良いようなので、もし始まったら私トップ狙いますよ。問題のあるキーワードを見つけて説明文を1文字ずつ200回くらい編集しながら直すとか。今のレベルなら2時間もあれば月間トップ狙えるんじゃないですかね。

逆に晒し上げを嫌って慎み深いユーザーさんはキーワード活動から遠のくでしょう。あのままのものでしたら、功績を称える意味では機能しないような気がします。

でもキーワード活動のアングラ化を防ぐ効果は(良くも悪くも)あると思うので、うまーい方法であれば賛成に鞍替えします。

anotheranother2005/04/05 09:23「著作権とか肖像権の侵害のような「キーワードの内容」に関することは、あまり管理されない」: これはボランティアが真面目にやりだしたら負荷が高すぎだし(ちなみにWikipediaの削除依頼は8割がたこれが理由)、それ以前に削除係が袋叩きでしょう。考えるだに恐ろしいです。
「ところがキーワード活動の常連さんからは活動しにくくなりそうだと声が上がる」: 僕の印象はちょっと違っていて、確かにβからのユーザー界隈では反対意見が目立っていましたが、キーワードに日頃からバシバシ口出ししている人たちは、むしろ歓迎している印象があったです。(n_kakkaさんとかtraintrainさんとかnaka64さんとかcaramellyさんとか、そのあたり) 温度差があるなあと感じました。
「http://d.hatena.ne.jp/に新着キーワードが表示されなくなって」: あ、これは今でも一応あります。ただし全体を通じてたったの5つ、それもキーワード名のみですけれども。
これから出勤するのでとりあえずはここまで。

sugiosugio2005/04/05 12:20いらっしゃいませ。
>ボランティアが真面目にやりだしたら
権限の無いユーザー同士の議論は嫌ですね。Wikipediaは削除依頼を運営側に出す方法なんですか。
>僕の印象はちょっと違っていて
あ、「一部の」と書きとばしただけで印象は同じだと思います。付け足させていただければユーザーによるメンテナンスも"今の質のまま"期待できなくなるというのは、その一部の方が萎縮されるようだということです。「削除もサルベージも登録も説明書きもオールラウンドにこなし、システム面でも意見を述べるようなようなまさに管理人的ユーザー」は最終調整係で、「こういうキーワードがあったらこうする」というルーチンより複雑な活動をされている印象です。システムの変更に際してデリケートな反応をされるのは、元々複雑な活動をされているからという印象を持っています。
>新着キーワード
あ、そうですね!表示はされているんでした。

sugiosugio2005/04/05 12:26補足の補足させて頂きますと、削除ばっかりする人が単純なルーチンと言えば言い過ぎになります。相手があることなのでやはりケースバイケースの判断が。

sugiosugio2005/04/05 12:36あ〜、でも個人的な資質かも。常連さんの活動分析はグダグダになるかもしれませんが、ルーチンワークを持たないユーザーさんほど、もし編集履歴を一覧したユーザーによって自分の関わったキーワードに一律の評価・操作が加えられたら厄介だと感じられるのかなと思いました。

anotheranother2005/04/05 23:25- Wikipediaには「管理人」という特権的なユーザーが言語ごとに何人か選ばれていて、、問題のある項目の削除や問題のあるユーザーのブロックなどをする権限を与えられているようです。g:wikipediaに行くと代表的な面子が揃っているみたいです。
- 「キーワードに対して複雑な行動をしている人ほど反応がデリケート(否定的?)になるのでは」ということですが、うーん、どうなんでしょう。僕などは、万一公開案が通ってもこれまでどおりを通す覚悟でいますが。もっとも、人がどう思ってるかなんて、僕の知りうることでは全然ないのですが。

sugiosugio2005/04/06 01:01デリケートって言うのはまあそのまま敏感ということです。
Wikipediaの説明ありがとうございます!Wikipediaグループってそんなことになってたんですか。オラなんだかワクワクしてきました。

sugiosugio2005/04/06 14:58トラックバックに関連して(必要かどうかわからないのでここで)補足。
>http://fragments.g.hatena.ne.jp/mutronix/20050403
削除活動常連さんも「ガイドライン違反なら削除」「ミスヒットがあれば削除」「問題視するユーザーが作ったら削除」と動機や基準の差がありますから特定ユーザーに目をつけやすくなる分、削除件数自体はむしろ増えるかもしれません。今も日記を[[で検索するなどである程度わかるので、どの程度変わって来るかはわからないのですが。ただ萎縮する削除活動常連さんがいれば、なんらかのタイプの問題(初心者の突発的なミスや削除行為のチェックなど)は管理が弱くなるのではと思っています。そんなわけでメンテナンスの質を期待するなら、と表現しました。

yukattiyukatti2005/04/06 15:22変な言い方だけど、キーワードにある意味マニアックに関わって(いわゆる『キーワード界隈』?)、(出来れば分野にこだわらず)大量にキーワードを登録編集しているひとたちの場合、かえって人的特定にはつながらないと思うのですね。それよりも、厳選して、自分の得意分野に限って編集していたようなタイプの人たちのなかに、キーワード編集履歴ページへの危機を感じている人が多いんじゃないかなぁ、とわたしは考えてます。大量のキーワードのなかに自分に関わりの深いキーワードがあっても砂漠の中でひとつぶふたつぶの砂を探すようなものですから。

yukattiyukatti2005/04/06 15:26だからキーワード編集履歴ページ<strong>だけ</strong>が実装された場合、そういう得意分野精鋭派だった人たちは萎縮せずに逆にこんどからありとあらゆるキーワードに手を出して、やばいキーワードを霞ませちゃう、という手もあろうかと思います。
で、キーワード編集ランキング(のような評価ランキング)が発表されてそちらはそちらでさらしあげ危機とかにびびらねばならなくなる、ということになるかもしれません……(苦笑)。ランキングなんか要らないと思うけどなあ。

sugiosugio2005/04/06 15:40それはあれですね、個人情報の集積の問題ですね。ぜんぜん関係ないキーワードを煙幕にするのは面白いですね(無駄だけど)。「魔改造」を編集してその筋の人だと見せかけておいて……ただいろんな偏見で見られるだけかもしれませんが。

yukattiyukatti2005/04/06 16:29煙幕も多方面にはらないと要らない誤解されて困りそうですが……
だから、個人情報の集積への危機感を余り持たずにすんで(大量キーワード編集)、粘着にもタフに戦え、スコアへの影響も何とかなる、と考えれば、メリットはあるわけだから賛成出来るんじゃないかな。それにそもそも編集履歴ページの実装自体はβテスターの頃から要望が出続けていたんだから、もっと早い段階でスコア制度のない頃に実装されていたら、わたしは賛成してたと思います。

yukattiyukatti2005/04/06 16:35そうそう、個人情報の集積の問題で萎縮するか否かについて言いたかった。なんかコメント前後してごめんなさい。

sugiosugio2005/04/06 17:25いえいえ。スコアは運営サイドの意図通りの投票を徹底することができないですからねー。ちゃんと考えると対処は難しいですね。ノイズが消えるほど投票を多くするのがモデレーションの発展方向なんでしょうけど、キーワードのウザさ減退で投票も鈍っていくでしょうし。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20050405
 | 
日記内検索
カレンダー
<< 2005/04 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
画像置き場