nobodyの日記 (beta)

はてなグループ全般に関する連絡事項(g:hatena:id:hatenagroupさん)

betaグループの使い方(私案)→betaグループの可能性=ハブ(結節点)?

新規グループ作成時のヒント:グループトップ頁の説明文(「○○グループについて」)の設定方法

新しい記事は上に追加されます。

 | 

2004-05-20著作権とかcopyrightとか

[] 管理者の責任について(re:著作権) 18:34

パブリックなグループを管理するかたがたの、管理者責任といったものについて、株式会社「はてな」さんからアナウンスがなされています。肝の部分を抜粋してみます。

はてなグループでは、グループ独自のキーワード空間を自由に作成できる機能をご提供します。その一方で、各種法令・はてな利用規約の遵守に関しては、グループの管理者が責任を持ってこれを管理するものとさせて頂きました。

「グループ管理者の責任について」/「はてなグループ日記」さん

本日付けの日記にて、著作権を巡る話題に関してわたくしなりに、考察いたしました。それに対する回答というわけではないでしょうが、個人的には回答を頂けたような気がしています。なるほど、やはりなぁという感じです。みなさまには一読をお願いしたいと思います。(上記抜粋のみでは不十分かと思いますので。)

[] about画面について 18:16

各グループのabout画面に「グループ管理者に問い合わせ」というものが追加されています。(※about画面:例えばbetaグループでは http://beta.g.hatena.ne.jp/about となります。)



[] 有料契約とプライベートグループの日記更新 18:55

プライベートな「はてなグループ」において、有料契約を行わなかった場合には、そのグループは「利用停止」状態になります。この状態で、当該グループ内の日記を編集しようとすると、「グループのご利用について」という画面が表示されます。先ほど確認した限りでは内容は次のとおりでした:

グループのご利用について

このグループは現在ご利用停止中です。

管理者ユーザーが継続を停止したか、管理者ユーザーの保有ポイントが月額利用料に満たない可能性があります。

ご利用を再開するには、

  • 管理者設定画面から、「自動継続」を選択する
  • ポイント購入ページからポイントをご購入頂く(管理者ユーザーの場合)
  • 管理者ユーザーにポイントを送信する(管理者ユーザー以外の場合)

などを行ってください。

また、該当するグループでは、作成済みキーワードに編集を加えようとした場合にも、上記と同じ文言が表示されました。ご参考までに。ちなみに、なぜだか日記の設定画面は普通に表示できました。(変更については未確認です)。なお、これらの確認は、こういった試験をするためにnobodyが事前に作成しておいた、個人的なグループを用いて行なっております。

[] 正式運用? 18:17

グラフィカル・ブラウザで「はてなグループ」を閲覧すると、例えばベータグループの場合、トップページの頭に表示される画像が、「Hatena::Group::Beta」となっていました。(β運用の期間は「Hatena::Group::Beta beta」でした)。はてなグループは、正式運用への移行を完了したのかな。

追記(2004年5月20日18:33JST):そのようです。18:04のタイム・スタンプで、さきほど、はてなグループの正式運用を開始しました。*との広知がなされていました。

[] プライベート・グループのキーワード群 09:19

著作権の保持か。厄介な問題だなぁと思いました。えっと、id:sugio:20040519さんとid:suikan:20040519さん(※English Alphabet順)をご覧ください。コメント欄も。主に、はてなグループを利用して作成された著作物に対して、どこまで自分達の権利を主張できるのか。について気にされて、考察がすすめられているようです。

で、まず、上記二箇所での議論について、ひとこと。著作物としての「キーワード」と、著作物としての「その他の、トップ頁や日記等も含む記述内容」とは、二種類のものとして、区分けして考えたほうがいいかもしれない。やや混同気味の点がないか否か、注意して話をすすめていくことが、必要ではないかと思います。その上で、ぼくとしては別の視点もご提供しておきたいと思います。

まずは、自分達の著作物に対する権利は、どの程度まで保護され得るのかという点。いいかえれば、「グループ外部のかたに自分達の『著作物』を勝手に使用された」と感じられる場合(権利侵害)にどうするのか、どうなるのか、どこまで権利を主張できるのかという視点。現在の考察の延長です。

もうひとつは、自分達の著作物に関して他者の権利を侵害する内容が含まれてしまっていた場合に、「はてな」さんはどの程度まで関与するのか、という点です。この点は「プロバイダ責任法」みたいなのも関係してくるでしょうから、これまた考察には注意が必要なのですけれど。

例によって論考を20行ほど端折り、推測的な、まとめになっていないまとめを書きます。プライベート・グループにおける「キーワード著作権のグループでの保持」とは、同時に、「プライベート・グループにおけるキーワードについては、株式会社『はてな』は著作権を主張しない。それゆえ、当該キーワード類において発生した『他者の権利を侵害する行為』などのトラブルに関しては、『株式会社はてな』は(著作権の観点からは)免責されるものとする」とも読みかえ得るのではないか。ぼくからは、だいたいこんな感じです。

補足的に書いておくと、あるいは、こうも言えるかもしれない。プライベートで運営されているグループのおよびその日記の内容を、「はてなスタッフが「こっそりと」見ることはしない、との暗示的な宣言、ないしその裏返しとして、「よって内容については保証しかねる」、との暗示的な免責宣言、と見ることもできるのではないか。

あっ、なんかエラソーなことを書いている。いかんいかん。

suikansuikan2004/05/20 09:31実際のところ、キーワードの著作権と日記の著作権を混同している人っているんでしょうか。自明だと思ったので論じませんでした。Wikiに漬かりすぎてるのかな>俺

nobodynobody2004/05/20 09:55はてなグループでの記述:「キーワード著作権のグループでの保持」。▼いっぽう、suikanさんの記述:「少なくともはてなダイアリーやはてなグループのパブリックなコンテンツに関しては、複製権や公衆送信権をはてなにも与えることがユーザーとはてなの間で暗黙に同意されています」。▼すなわち(はてなダイアリーやはてなグループの)「パブリックなコンテンツ」という表現に、誤解を招く余地を感じました。▼あれ?キーワードの話だと思ったら、日記もなのかな。パブリックなグループのパブリックな日記は「パブリックなコンテンツ」だと思うし…。という感じです。ではでは。

nobodynobody2004/05/20 10:01補足:より正確に書くと、「パブリックなコンテンツ」という表現の「パブリック」という語です。日記やグループの公開度にも同じ語が使われているので、suikanさんの意図を正しく読みとろうと思って、混乱することもあるのかなぁ、と。(正直、ぼくにはsuikanさんの文章における「パブリックなコンテンツ」とは、どの程度の意味なのか、どのような解釈が正しいのか。自信を持って答えることができないように思います)。責めたり苦情を述べたりしているのではなくて、たんじゅんかつニュートラルな感想です。ご気分を害してしまったらすみません。即速応答、オンライン書きにて、ぼくの文章こそ穴ぼこだらけでしょう。すいません。ご容赦を。平に、平に。ではでは。

suikansuikan2004/05/20 11:32なるほどぉ、パブリックは確かに多義ですね。ありがとうございます。あと、私に関する限りはあまり気を使わずにばしばし書いていただいて結構です。よろしくおねがいします

sasadasasada2004/05/20 19:51正式リリースばんざ~い\(^o^)/ 著作権の絡みとか進展があったようですが、スケジュールの都合で今日は落ちます。ごめんなさい。む、無念だ・・・。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/nobody/20040520
 | 
素顔のid:nobodyさん