猫並なはてな考察 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-06-17

ネットイナゴ論争 ネットイナゴ論争 - 猫並なはてな考察 を含むブックマーク はてなブックマーク - ネットイナゴ論争 - 猫並なはてな考察

最近はてな界隈でネットイナゴ論争が喧しいが、

発端はきっとここなんでしょ。

こ・ん・な・の、ネットができた当初から延々繰り返されてきた議論ではないか。

というのが僕の、所感であった。

「逆淘汰」なんてもっともらしく説明されなくても、多くの人がすでに一度はネットイナゴとそれに食い荒らされて消えていくブログを目撃しているに違いない。だから解せないのは、「ネットイナゴによって」ある領域の「S/N比(つまりノイズ)」が増大し、良質なコンテンツの提供を阻んでしまうという理屈の部分。

確かに、心無いコメントでネットへの意見提供をやめてしまう人はいる。しかしそれは、あくまでネット上での一部の現象に過ぎない。S/N比を持ち出し必然的現象として説明していただかなくても、ネットの住民は十分にそのことを理解している。コメントなりトラックバックなりが逆に人生の励みになった人だって現にいるわけだから。

これをトータルで見ればいつだって、人間捨てたもんじゃないよという結論になる。でなきゃ人間はいつだって集団自決していたに違いない。集団自決が一般的でない以上、人間はそれほど捨てたものではないのだろう。

罵倒的なコメントをつけられたら、ああおれはこの世界合わないんだと思って、普通に自分のことを評価してくれるフィールドを見つけて飛んでいったほうが幸せだ。

罵倒的コメントをイナゴと決め付けるのも、自分はもっと評価されて当然という思い上がりが、その影にはあるのである。

(この年になっても痛感するのは結局そのことばかりなのだ)。