はてなダイアリーとの違い

はてなダイアリーとの違い

はてなグループ内の日記には、はてなダイアリー内の日記と、挙動が異なる点があります。いくつか、ここにメモしておきます。ただし、これらは最終的なものではありません。つまり、今後、予告なく変更されることもあり得ます。

はてなグループのヘルプからの違い抜粋

トラックバック

トラックバック受信時の妥当性確認

はてなダイアリートラックバック受信機能には、「受信記録を行う前にトラックバック要求の妥当性を検査する機能」が組み込まれています。この検査により、「自ダイアリーへの適切な参照URIが含まれていないトラックバック要求」は無視されます。(トラックバックスパムへの対策)。

一方で「はてなグループ」内の日記では、この検査をしていない可能性があります。(※引き続き調査を要します。)

複数回のトラックバックの受信

はてなグループ内」の日記では、日記A(同一の日記の同一の日付)から、日記B(同一の日記の同一の日付)へ複数回のトラックバックを送信した場合、受信側に記録されるのは最初の一回だけの模様です。また、「はてなtrackbackシステム」による「自動リファの記録機能」によって記録された「リファ元」もトラックバックと同様の扱いとなる模様です。このため、一旦、自動リファ記録が行われてしまったら、その日記のその日付に対しては、明示的なトラックバックは不可能となる模様です。

なお、上記は、少なくとも「はてな」内のトラックバックに関して観測されている限りにおいての話です。(※引き続き調査を要します。)

はてな外からのトラックバック受信用URI

トラックバックの受信URIが異なります。

つまり、ダイアリーと異なり、URI末尾にtrackbackを付与する必要がありません。

http://g.hatena.ne.jp/help#editdiary

はてなダイアリーの方も末尾に「trackback」が付かなくなりました。

タグ関連

コメント欄のHTMLタグ

はてなグループ内の日記では、コメント欄にはHTMLタグは使えません。<br>タグも使えません。(はてなダイアリーではコメント欄に<br>タグが使用可能です。)

脚注内のHTMLタグ

はてなグループ内の日記では、脚注内ではいかなるHTMLタグも使えない模様です。したがって脚注からハイパ・リンクを張ることもできません。なお、この現象は、株式会社「はてな」さんにも「不具合」と認識されています。今後の改良が期待されます。→改修したとのアナウンスがありました。

リンク元

リンク元がダイアリーの上限255を超えてカウントされます。

グループウェアとしての機能(g:hatena:id:hatenagroup:20050217

  • カレンダー機能
  • ファイル共有機能(6人以上の有料コースのみ。300MBまで)
  • キーワードの一括インポート機能
  • 日記のキーワード再抽出機能

とりあえずメモまで。