他人のβ内

あるいは、体育館の裏。


<< 2008/08 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 | 

2008年8月1日星期5

エッジについて等 22:20 エッジについて等 - 他人のβ内 を含むブックマーク

はてな自治厨の人はこうしてエッジを落とすことによってはてなキーワードWikipediaに対する価値を貶めてることに気づいてるんだろうか

はてなブックマーク - miyagawaのブックマーク - 2008年7月31日

とDISられていたので、ちょっとあれこれ考察してみる。べつに結論は出さない。

まず「エッジ」って何だろう

上の発言を見て、僕が真っ先に思い出したのは以下の発言だ。

CPANって「公的な汎用」だとか「公共心」を優先させる場なのか? そんなのは標準モジュールや企業だけでお腹いっぱい。エッジを競って欲しいぞ。

はてなブックマーク - (otsune) ポール・マッカートニー取調室 - 2008年1月3日

ここから読み取るに、「エッジ」とは、公式なものが備えるべき公共性(うわ、よりによって!)とかそういう「凡庸な」価値に対抗して、非公式であるがゆえに可能となる、偏ってたりするけど何か飛びぬけて尖っているものが持つ価値、くらいの意味らしい。miyagawa氏の言う「エッジ」も、おそらく上の発言と同じ文脈にあるものだろう。otsune氏もmiyagawa氏もCPANで活躍している人だけに*1、「エッジ」はCPAN関係者の間では、高く尊重するべき理念として共有されていると見てよさそうだ。(でも国際的にはどうなんだろう? 日本だけの傾向だったりする?) あと、部外者には容易に測りがたい深遠な含蓄のある言葉でもあるような気がする。

ところで余談になるが、昨日くさしてしまったyappo・tokuhiromの両氏もCPANのコミッターなのは、もしかすると偶然ではないかもしれない。しかも上のotsune発言(個人的には「ええ、そうなの!?」と軽いショックを受けた)も、tokuhirom氏をDISったここギコ氏の記事に対する反論である。どうやら僕はsquareすぎて、CPAN文化とは根本的に相性が悪いらしい。

対比させるとこんなかなあ
公共性エッジ
公式非公式
中央周縁
凡庸尖っている
長男次男
標準ライブラリCPAN
生真面目ノリ優先
ナードギーク
昔のはてな今のはてな

ちなみに自分は左側志向のつもり。こりゃあ相容れないわけだ。

で、はてなキーワードが持つべき価値ってエッジなの?

で、冒頭の引用に戻ると、「Wikipediaより公式度の低いはてなキーワードWikipediaに対抗するためには、エッジ立てが必然」という前提があるように思える。けど、どうなんだろ。

  • 歴史的に言うと、エッジを立てるという発想はキーワード自治界隈にはまるでなかった。登録語数も、当時はWikipediaとほぼ互角か若干少ない程度だったし。むしろ伝統的に強調されていた価値はキーワードの「公共性」、そう、エッジとは正反対のものであった。昨日の僕の発言もその文脈から出ている。
  • とはいえ、キーワードに関するガイドラインが最後に改定されてから何年もの年月が経ち、周囲の環境も大きく変わっている。それなのにガイドラインを改訂することを考えず、旧来のガイドラインを墨守しようとするのは、悪い意味で優等生的態度かもしれない。
  • まあ、とんがったキーワードがいろいろ揃っているべき、という意見自体には反対しない。でも「バキニゲ」なんぞがエッジかね、とはやはり思う。クオリティが高いとは思えないし、要するにただの悪ノリだし、ごにょごにょ。
  • いや違う、総体としてのエッジの確保のためには、「バキニゲ」のようなクオリティのものも含めて無碍に削除とかしてはいけない、ということなのかもしれない。が、「エッジ」概念については門外漢なので、よく分からない。

ああ、そういえば!

僕も昔から、はてなの随所で「変な人に絡まれた。もうキーワードの編集には関わりたくない」と言う人をたくさん見てきたけど、でも自分はその「変な人」には入らないと信じ込んでいた。しかしそれは、単なる思い込みではなかったか。僕みたいなのがあれこれ嘴を出したから、編集に携わろうとする人がガンガン減ってしまったのではなかったのか?? そういう意味では確かに「価値を貶め」まくりだったかもしれません。ああああああ。

*1:追記: 本人によるとotsune氏はそうでもないそうだ。

トラックバック - http://beta.g.hatena.ne.jp/another/20080801
 |